Bluehorse Grow88、試合だらけの一日

  • 2013.06.01 Saturday
  • 00:03
 JUGEMテーマ:格闘技全般

5月26日はどえらい日になりましたのですわ。
名古屋で3試合。
んでもって、ボスは大阪で日本ランキング相手の大勝負。
んでもって、わたしは午前中仕事してから、二つは行けませんので大阪に行きましたのですわ。

名古屋からの情報はLINEだのみ。
こっちの情報も逐一送ってましたのです。

ということで、名古屋の試合の動画をいただきましたので、さっそく観戦させていただきますのだ。

なんですと。
外?
地下プロレスじゃないのね。


まずは若きホープ、
先鋒、高校生のシュンくん。

めっちゃいい動きです。
みごとなミドル。

相手の動きもよく見てます。
圧勝ですな。


ダウンとってるし。
レフリーがダウンって言ってるのに殴ってはいけません。

ダウンとってからの動きがデカすぎる。
アッパー空振って、後ろ向いてますがな。

これできまりましたな。
二ラウンド二回目のダウン。きれいな勝ちです。
全体的に攻撃の時にガードが低いのが気になりますが、みごとなものですがな。

相手にちゃんとご挨拶。
これが大切なのです。


ということで動画をごらんくださいませ。

シュンくん、この大会のMVPもかっさらいましたがな。やるなー


次は戦うオヤジ、中堅のシモさん。
相手の攻撃をひっかけて
倒していますがな。
パンチもさばいてます。
老かいですがな。
相手がやりにくそう。
みごとなサバキ。
KOまではいきませんでしたが、
圧勝ですね。

ちなみに、終了のゴングの後に
一発いれてはいけません。

文句なしの判定。
相手へのあいさつ忘れて帰ってきてもいけません。
ということで勝利者撮影もノリノリなので、

動画をお楽しみくださいませ。


名古屋最後は、全日本選手権新人王トーナメントの試合、大将のジュンちゃん。
相手はジュンちゃんの攻撃が届かないところで戦ってきますがな。
攻撃してはクリンチ。
組んだら倒してくる。
メチャメチャ力がありますがな。


ジュンちゃんが
攻撃してる時も
クリンチで
つぶしてきますがな。
ちょこちょことは当たりますけど、続かない。
めっちゃジュンちゃんを研究してきたんでしょうね。

本戦では差がつきませんでした。
ドロー延長戦。
攻撃は見えてるみたいですけど、
クリンチでは相手につぶされちゃってます。
一進一退ですが
めっちゃいい蹴りがはいった。
んでもちゃんとクリンチしてくる。


かなりきわどい判定ですが
勝ちました。

相手の攻撃のペースに振り回されなかったのはさすがです。
んでも、圧力とクリンチに対する課題が見えてきましたがな。

これでトーナメント勝ち上がり決定です。
さあ、次の試合までにこの課題、クリアしときましょうか。

動画はトーナメントで優勝してからまとめてアップしますので、ご勘弁を。

名古屋のみなさま
お疲れ様でしたのだ。

ちなみにわたしはこの日は大阪でしたのです。
Bluehorse Grow88のボス、戦うお総菜屋さんの試合は・・・
なにもいいますまい。
動画を見てくだされ。



んでもって同じ月の26日に60キロ契約って、何考えてんねん。
しかも残り二日で4キロ落としたって・・・・・電池切れでしたのよ。

次、勝たんと後ろからバットで殴るぞ(-_-*;)

戦うお総菜屋さん、戦うバス職人、披露宴会場で大暴れ

  • 2013.05.07 Tuesday
  • 02:54
JUGEMテーマ:格闘技全般 

先月の14日、富山県でGrow88の若手二人がKO勝ち。
チームとしましては4連続KO勝ちなのですがな。
って、その試合は見てないんですけどね。
先月14日は日曜日。
わては休みの方が忙しいのだ。とくにこの日は富山なんて行けなかったのだ。
んでもこの日は昼間にちょっとだけあいた時間に、近場であったおやじファイトを観戦させてもらっていたのです。
オモロかったのだ。

今回は戦うお総菜屋さん、戦うバス職人の公式戦。
会場は愛知県のホテルですとな。
試合日は、五月五日はこどもの日。
しかもゴールデウイークときたもんだ。
わてはその日、午前中はお仕事なのだ。
昼の試合はきついなー。

なんですと、13時開始ですと!

とりあえずチャレンジ。
仕事か終わって、高速に乗ったのが11時30分。目的地は220キロ先。
時はゴールデンウイーク。大渋滞ウイークですがな・・・・絶望的だ。

渋滞情報では、名古屋一宮で混雑。そりやそうでしょうね。
んでも、走ってるうちに渋滞マークがなくなりましたがな。やった。

ホテルに着いたのが1時40分。
んでも、駐車場が満杯。
アカンと思ったその時、なんと一台出庫してきましたがな。ラッキー。
さあ走るんだー。

先にあるのは戦うバス職人の試合。まにあったか?
なんと、バス職人の前の試合のファイナルラウンドに飛び込めましたがな。
やった。

戦うお総菜屋さんひらいくんに、チケットはカウンターに預けといてねって言っておいたので、とりあえず入口のニーチャンに訪ねたら
「預かってません」
しまった、ひらいくんがいい加減なの忘れてた。やりやがったな。
ニーチャンが会場に入って行ってひらいくんを呼んできてくれたので、なんとか飛び込めましたがな。
すぐにバス職人、入場です。
赤信号一つでも多かったら遅刻でしたわね。
とりあえずは間に合ったのですから、いかったいかった。

入りますと
ここ、リングあるけど披露宴会場やん。

休む暇もなく試合に集中しましょう。
ミドルキックの魔術師、バス職人、さとうくんはどんな勝ち方をしてくれるでしょうか。
あかん、相手の変則ストレートが入って、へんなスイッチが入った。

めっちゃ
殴り合いになったやん。

こんな試合、キライじゃないぞ。

んでも手数的には負けてるかな。
得意のミドルキックもたまにしか出てきません。

最大のチャンスはここ。
絞め落としてしまえ。

なんと足をかけて倒してきましたがな。うまい。
んでも、チョークスリーバを離さずに、パイルドライバーを決めたところは見事でした。

おそらく空振りではありません・・・たぶんフェイントのバックブローからの
チキンウイングフェースロック、
みごと。
んでも
体をひねって外してくるところは、なかなかの相手。

熱い試合を見せてもらいました・・・・熱くならなかったら勝ててたぞ。


つぎはおやびんの試合です。
65キロ契約って、重すぎへんかいな。
でか、
相手もパワーファイターに見えますがな。

おおお、飛んどる。

調子はいいようです。
ノーステップのとび膝は、好調の証。

あいかわらず、わけのわからんよけ方しています。

下から
上と
エグい攻撃ですがな。

攻撃も、さばきまくってますがな。

おおお、
みごとな
振り切った
ハンマーパンチでダウン取った。
あんはん、こんなパンチ、初めて見させてもらいましたがな。

相手もよく立ってきました。
まわりからは
「小さく攻撃しろー」
って声がかかってますけど、
とび膝行っとるしー。
めっちゃデカい攻撃。

大振りでんがな。
最後は
後ろ頭殴ったらダメやん。
レフリーストップで勝利。

いかったいかった。
勝利者は
次に再び後楽園に立つことでしょう・・・タブン。

ということで、試合の動画をお楽しみくださいませ。






戦うお総菜屋さんとゆかいななかま、とってもハードな三日間

  • 2013.02.25 Monday
  • 14:06
JUGEMテーマ:格闘技全般 

戦うお総菜屋さんの集大成ともいえる大きな試合が22日の夜、格闘技の殿堂後楽園ホールでありましたのですがな。
その名もSHOOT BOXING 2013 act.1。
チャンピオンクラスばっかりがゴロゴロと出場するものすごい大会ですがな。
後楽園ホールといいますと東京ですがな。
北陸の片田舎から行くのはナカナカ大変。
しかもただいま冬のど真ん中。雪がコワイのです。
ヒコーキは止まるし、新幹線も遅れる。高速道路だって閉鎖しまくりの季節なのです。
ということで選手やスタッフ、応援する方々それぞれが飛行機や新幹線や高速バス、自家用車などで東京さいくだ。
わたしは自家用車でレッツゴー。案の定高速道路は除雪車が走りまくり閉鎖部分もでてましたのよ。

みなさまなんとか
後楽園ホールに到着。

会場は厳戒態勢
完全に撮影禁止。シクシク、怖くって隠し撮りなんてできませんがな。
動画どころか写真もありません。

ということでひらいくんはシュートボクシング本部の若手と戦いましたのですが。
結果から言いますと・・・・・・・負けました。
いままでひらいくん本人のポカで負けた試合はたくさん見たのですが、今回は趣が違いましたのです。
相手に計算ずくで動きを止められた感じですわ。
動きの止まったひらいくんは実力が半減しちゃうのです。
しかもメッチャ投げられたのです。
相手をぶん投げたことは何度もあるのですが、投げられたのは初めて見ました。
判定で3対0。
完敗といっていいんでないかいって内容でしたのよ。
課題がたくさん見つかった試合です。落ち込んでる暇はないぞ。

ホールの外でタバコを吸ってた時、大会関係者の方々が話しているのを横で聞いてたのですが
「限界なんてのは他人が決めることじゃない。自分が決めちゃったときが限界なのよ。
年齢を理由にする奴がいちばんバカだ。やり続けるからこそ見えてくるものがあるんだよ。」
って話が聞こえてきました。
抱き付いてキスしようかと思いましたが、見知らぬ人にそんなことしたらつかまります。
さあ止まってる暇はないぞ。自分が辞めたくなるまでは負けは課題でしかないのだ。

ということで試合が済んだらそのまま北陸に帰るのだ。
ヤッパリ雪で
皆様メチャメチャ帰郷が遅れましたのですがな。

その日、みなさまそれぞれが疲れた体でその日を生活しまして、
次の日の朝は名古屋なのです。
ヤッパリ雪だ。

アマチュアシュートボクシング大会に3人出るのです。
東京と名古屋のはしご組もたくさんいるのです。
わてもその一人。あかん、めまいしてきた。
名古屋は春のよう・・・・・ってなことないがな。メッチャ寒いしー。
気合いは十分なのです。
この大会、若手の登竜門なのです。でも試合数が全39試合。まためまいしてきた。

先方は和田誠くん。
おお、気合いは十分。
おい、入りが
もらいすぎやん。
押し込むところもあるんですが
1ラウント目は負けに近い方のドローかな。
気力はは十分。2ラウンド目も心配ないですがな。
さあ、反撃開始。
ポコポコあたりだしたぞ。
相手もおかしくなってきた。
いける。相手フラフラやん。
追い込む場面も
多くなりましたがな。

んでも、手数が足りなかったかな。
ドロー判定。ラスト2.3発いれてたら勝ってたね。
メッチャ勝ちに近いドローでしたがな。


さあ、次はマイクロン。
おお、殺人者の目になっとる。
気合いは十分。
入りは落ち着いてますがな。
相手は
パンチが得意みたいね。
これははなれて戦った方がいいわね。
やーい、リングで戦うのはじめてたからこけてやんの。
こんなに落ち着いて、1ラウンド二分しかないんだぞ。
パンチはカウンターが帰ってきますなー。
前蹴りで距離を取るのがうまくいってますがな。
落ち着いた1ラウンド目でしたって・・・・落ち着きすぎやろ。

さあ2ラウンド目です。
マイクの動きが変わった。
やっぱり相手のパンチは鋭いね。
前蹴りで吹っ飛ばしてやんの。
蹴りまで吹っ飛ばしてますがな。
少々もらったっていきやがれ。
残り30秒で左フック。
ラツシュにうまく入れましたがな。
30秒間殴り続けろー。

あり?
ダウンとったの?
しかも
タオル投入って、TKO勝ち。
出来すぎやん。
ボコりあいしたあとに、相手をリスペクトできるのが格闘技の醍醐味なのだ。
たいへんよくできました。

さあ、この大会のジムの大将出陣です。
北川準くん。
この試合はただの試合ではないのです。
全日本選手権新人王トーナメントの一回戦なのです。
メッチャ落ち着いてます。
ブルファイトを卒業した北川君は
相手に何もさせませんがな。
強すぎへんかい?
相手の攻撃、全部抑えてますがな。
ダウンまでとっちゃった。
まあ、ふてぶてしいこと。
相手は何とか立ちましたが
気の毒になってきました。
人間サンドバック状態ですがな。
あかん、ゴング聞こえてへん。いっちゃってます。
ダメージ0。スタミナも切れてないようで。

2ラウンド目
動きも変わりません。
あいての攻撃をさばいて
攻撃ですから、たまりませんがな。
セコンドは止めませんでしたけど
ドクターが止めましたがな。
ドクターストップ。TKO勝ですがな。
不完全燃焼っぽいですね。
その分は5月の二回戦で出すのだ。

チームとしては上出来の大会でした。

マイクは
ベストファイト賞授与。
北川君は二回戦進出。

こうなると負けてはいなとはいえ、和田君はくやしいのだ。
わても経験あるのですが、みんなで出て一人だけ結果が違うとメッチャ悔しくなってしまうのです。
その悔しさは次につながる悔しさなのです。
次の試合で相手をボッコボッコにしてやるのだ。
そのためには練習あるのみなのだ。
チームは一丸となってばく進中。
親分、次の試合は見せてくれんとヤバいぞ。

祝、ボゴボコファイト卒業

  • 2012.11.13 Tuesday
  • 16:25
JUGEMテーマ:格闘技全般

11月11日、
富山で、寡黙な北川君が静かに燃えました。
私の見た北川君の試合といえば、スタミナ尽きるまでイケイケドンドンボコボコファイトだったのです。
下のクラスでやってるときはそれでいいんですけど、レベルの高いクラスに上がった時はヤバいがな。
さて、練習では緻密にやってましたけど、試合ではいかがでしょうか。変なスイッチが入んなきゃいいんですけど。

なんか見に行ったかのように書いてますが、実は行けなかったのです。
動画を撮ってきてもらってみただけなんですわ。
しかもその動画、ピンボケときたもんだ。

入場では落ち着いて見えます。
落ち着いてるどころかメッチャえらそうですがな。
師匠に力水をつけてもらい。
試合開始ですがな。

ご覧くださいまし。
蹴りから入った。

ボコボコ行きませんでしたがな。
めでたいことです。
これで北川君も上のステップに上がっていけるのです。
ボコボコの時は動きが読めちゃいましたがちゃんと試合を組み立てれば、もともとがキレのあるパンチの持ち主。
蹴りと混ぜれば簡単には読めたもんじゃありませんがな。

まあ、初めて試合を組み立てて戦いましたからバランスが崩れたところもありましたが、今後の課題ですね。
試合の組み立ては経験がモノをいいます。
こんな試合を続ければどんどん上がっていくことでしょう。

勝てば
オネーチャンと
写真が撮れるのです。
さあ、オネーチャンとの記念写真を増やすのだ。

戦うお総菜屋さん、御津でファィヤーダンス

  • 2012.11.07 Wednesday
  • 00:49
JUGEMテーマ:格闘技全般


 
真面目な戦うバス職人
燃えるような試合の後は、
踊りながら戦うお総菜屋さんの試合なのだ。
見ての通りふざけた野郎なのだ。

コンデションはよさそうです
気合いは十分。
前回みたいな負けない試合なんかすんなよ。

こやつどうかしてますがな。
攻撃の途中でも
さっさとガードしちゃう。
突然飛んでくる攻撃でも、下がってよけちゃってますがな。
なぜに見える?
へんな力が入ってませんから
攻撃のリズムがきれいですがな。
まるで踊ってるかのよう。
投げもリズムでやってますがな。
相手が対処できてない。
踊るような戦いかた。リズム戦闘マシーンですがな。
この戦い方がひらいくんの持ち味ですね。

んでも、今回はちっと相手を見すぎでないかいな。
KOを狙ってリズムを崩すよりはいいかな。
小さなイチャモンはおいておいて、久しぶりに安心してみていられる試合でありました。
勝利者賞もいただきましたし。
たいそうなおまけもいただきました。
これは次に続く賞なのです。
なんと
後楽園大会の招待状ってお話もチラホラ。
チームBlueHorseGROW88は
ばく進中なのですがな。

戦うバス職人、御津で燃える

  • 2012.11.05 Monday
  • 12:29
JUGEMテーマ:格闘技全般
11月4日に、
戦うバス職人
戦うお惣菜屋さん
お二人そろって御津ちゅうところで試合があったのです。

 11月2日から4日の午前中までは、わてにとって一年で一番忙しい日なのだ。 
んでも午後ならかなりムリすれば行ける。 
ということでうちの若い方々にあとのことを託して、さあ行くぞ。 
カーナビに御津を打ち込んで・・・・・・あり?「おづ」じゃない・・・なんて読むんだ? こんなところでつまずくとは、車で走りながら調べましたら・・・「みと」って読むのね。
ひとつお勉強になりましたがな。 そんなことより到着予定時間がギリギリですがな。
 高速道路をかっ飛ばしまして、なんとか間に合いましたのです。

ということで先ずは戦うバス職人、佐藤君の試合なのです。
リングインなのだ。
なかなか
気合を感じるのだ。
彼は静かに燃えるタイプなのだ。んー、今回は緊張もあんまり感じてこないぞ。

ということで試合です。ごらんくだされ。

んー、残念。
1R目や2R目の攻めどころは
いい感じでしたのよ。
そこで攻めきれなかったような
感じもありましたね。
相手のパンチは
対処できてたように思うんいですけど
もらっちゃってたのも
ありましたけどね。
前蹴りと

ローキックだけで
少しずつリズムを崩されていきましたのよ。
相手の術中にボッコリはまりこんでしまいましたがな。

試合の組立しだいで
勝てる試合でしたね。
ザンネンでした。
試合のあと、さとうくんが足引きずってましたがな。
さとうくん、練習のようなパフォーマンスを出しきれなかった試合であります。
試合の組立と精神面の問題だけで、バケモノののように強くなれると思うんですけど、いかがでしょうか?

試合のあと足を引きずって歩けない状態になって心配しましたが、
いま連絡がありまして、打撲だそうです。
イカッタイカッタ。
とにかく次に続く試合でありました。
さあ、次の試合こそ、自分の本当の強さをアピールしてくだされ。


ということで、チームリーダー、戦うお惣菜屋さんの試合は次回に続くなのだ。


ところで、あの青いタイツなんとかならんか・・・・

小松加賀キック祭り

  • 2012.07.30 Monday
  • 01:07
JUGEMテーマ:格闘技全般

昨日行われた、小松加賀地区のキックボクシングの交流戦の模様なのです。

たくさんの人が集まりました。

手作り感満載の大会なのです。

めっちゃ手書きのトーナメント表。

ついでにリングも

手作り感満載ですがな。
このロープで首つりになった方や、ひっくり返って頭でぶち切った方が現れましたが、大きな怪我がなくってよかった。

試合が始まりますと

自分のジムの選手の応援にも熱が入ります。

 勝った選手も負けた選手も

すんばらしいファイトなのです。

こっからは全試合の動画なのです。
肖像権の許可撮ってないのですが、ひらいくんが
「アップしても大丈夫ですよ」
って言ったのでアップしました。
怒っちゃいゃーよ。


全13試合。
なにも言いますまい。
皆様が解説者になってごらんください。もしも気になったことがあったら知り合いであるならば、選手本人に言ってあげてください。
きっとお勉強になるはずです・・・・タブン。


第一試合 オープニングバチバチファィトワンマッチ さわだVS作見



第二試合 まことVSケンタ



第三試合 りょうちんVS竜一




第四試合 ワンマッチ 新出VSリョウセイ




第五試合 としきVSヒロミチ





第六試合 聖晃VS大竹



第七試合 ケンタVSりょうちん





第八試合 まいくろんVS小松





第九試合 ワンマッチ トモVSレオ






第十試合 としきVS聖晃





第十一試合 ケンタVS小松




セミファイナル ワンマッチ 井波VS京佑




ファイナル 決勝戦 としきVSケンタ

いかがだったでしょうか。
知らなかった方も多いでしょうが、小松加賀地区で、こんなに熱い奴らが頑張っているのです。

試合も終わり、


殴り合いをした方々が、和気あいあいと出来るのも格闘技の良さなのです。

手書きでよくわかりませんが

準優勝がケンタ選手
優勝がとしき選手なのです。

優勝賞品はムエタイパンツ。
これでまた一人、この世界から出られなくなった人間がここに・・・・
とにかくおめでとう。

勝った選手も負けた選手も

最高の練習となったことでしょう。
試合ほど、精神的にも肉体的にも鍛えてくれる練習はほかにはないのですがな。

戦うお惣菜屋さん、越後で心折れず

  • 2012.07.16 Monday
  • 02:43
JUGEMテーマ:格闘技全般

ひらいくん、新潟での試合。
試合まじかに対戦相手負傷でカード変更。
んでもって、会場行ったらまたまた変更の変更でえらいこっちゃ。
ついでに試合の順番まで変更されてましたがな。
んでも、プロですからオファを受けた試合は条件が変わっても実力を発揮しないといけないのです。

 
予定よりも早い順番で試合スタート。
まにあってよかった。

階級まで変更されてますがな。

なんかいつもと違う入りですがな。

めっちゃ

きれいな

投げが決まりました。
結果的にはこれが決まってよかったんですけどね。

細かいパンチもポコポコ入ってるんですけど、

ポコポコと

もらい続けてますがな。

ローキックもヤバいのをいただいてますがな。
やってる数よりも

やられているほうが多いんでないの?

ちゃんと

いやらしいところに入れてるんですけど、相手の心が折れません。

判定にもつれ込みましたが、かなりヤバイ。
一人が相手で、あと二人がドロー。
あの投げがなかったらヤバかったやん。

延長戦は気力の勝負。

いいのが入りました。

もらっては

いたんですけど、

テクニカルヒットが

平井君のほうが多かったような。

これなんかはきれいなパンチでした。画像がきれいじゃないんですけどね。

チョークスリーパーは外れちゃいましたけど、アピールにはなりました。

とにかくドキドキの試合でしたけど、延長戦判定で

3対0で勝ってくれましたがな。
スルリ満点の試合でしたがな。
次はもっと楽に見させてくれ。

とにかく見ているこっちが心が折れそうなドキドキの試合と、

ラウンドガールの過激なファッションに心が折れそうになる大会でしたのよ。


平地でもコケることはできるのだ。

  • 2012.06.26 Tuesday
  • 01:08
JUGEMテーマ:格闘技全般

佐藤君が動画のアップを許可してくれた模様ですがな。

ということで、これが試合です。
緊張感のある試合の中で、新喜劇のように何もないところでコケるというナイスボケを見逃さないでね。



佐藤君、富山でこける

  • 2012.06.25 Monday
  • 01:37
JUGEMテーマ:格闘技全般
 
GROWの生え抜きのプロ、佐藤くんが富山で試合があったのです。
彼、メチャメチャの緊張しいなのですがな。
プロ二戦目ということで、試合前の緊張は前よりましだったのでしょうかいな?
それよりもなによりも、今回はかなり減量に苦しんでた模様。
計量パスしたことがエラいのだ。よくやった。

聞くところによりますと、試合前はガツチガッチだったとのこと。
んでもプロでございますから、それも実力のうち。
まちがいなく、前回の時よりもレベルは上がってますのです。
前日から宿に泊まって、ヒットポイントはパンパンなのです。
マジックポイントはもともとありません。
さあ、敵を退治するのだ。

師匠二人がセコンドということで

おおお、二人が教え子に道を作ってる。
涙がチョチョ切れるようなカンドーの場面ですがな。

緊張は

感じられないですがな。

もともとテクニシャン。

構えのデカさも、相変わらずです。

んでも、

もらうときにはちゃんともらってますがな。

もらった数よりも、やった数は多かったようです。

バックブローも二発決めました。

ついでに

スリップでこけるという笑いもとってくださいました。


んでも、テクニカルヒットがなーい。
判定では勝ちましたが

判定が、二人が佐藤君。一人がドローという結果。
テクニックでは勝ってましたが、課題が残りましたぞ。
んでもそんなヤボなことは、次の試合の前の鬼の練習と恐怖の減量の時に悩めばいいのだ。

佐藤君、プロ初勝利おめめとう。

ところでこの動画は、アップしていいもんでっしゃろか?



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM