マニラの夜はふける

  • 2012.02.28 Tuesday
  • 17:59

JUGEMテーマ:東南アジア 
去年はセブ。今年はドンソール。だんだんマニアックになってきました。
ドンソールはルソン島の東南の端っこ。
そこに行くためにはマニラに一泊しないと行けないのだ。
といっても悪名高いマニラ。よっぽど注意しないといけないのだ。

ということで去年は雪で苦しめられましたから、念には念を入れて19日夜中に車で出発。
朝早くに関空到着。
駐車場で時間をつぶして20日9時テイクオフ。
フィリピン航空でマニラへGO!
4時間ぐらいのフライトでマニラ、

ニノイアキノ空港に到着なのです。
んでも、こっからが長い。

入国手続きがモタモタモタモタ。
んでもって、

荷物が出てくるまでモタモタモタモタ。

それがすんだら円をペソに変えるのだ。

実は日本で変えるよりも、こっちで変えるほうがお得なのだ。
ちなみに1ペソ2円ぐらいなのだ。倍にすればいいから計算しやすいぞ。

空港のお迎えを探すのがたいへん。

叫びまくってやっと見つけたぞ。

さあ、ホテルへGO。

おおお、

風景が南の島だ。

車も

メチャハデ。
ここは

車事情がメチャメチャなのだ。

近すぎるー。
川を越えて

なんだか

にぎやかになってきました。

細い路地に入って

ホテル到着。

やっとアンシンです。

激安旅行のわりには

こぎれいな部屋です。
部屋から

マニラを見れるのです。



線路だ


駅が近いのね。

電車が来ましたがな。






まだお昼過ぎ。
じっとしてるには時間がもったいない。ここはひとつホテルのそばを探索いたしましょう。

独特の雰囲気があります。

おっ、

パイナップル売りだ。
郷に入れば、フルーツもなんともないでしょう。

たぶん。
ちなみに15ペソぐらい。30円。小銭で買えるのです。

なんか高架橋の上に

子供がいますがな。

よくわからん町です。

のどが渇けば

フルーツを食べるのだ。
こんどはスイカ。
フルーツ屋の

感謝のポーズ。
これも15ペソ。小銭だけ。

とにかく信号がない。

道路を渡るのに

命をかけないといけないのです。

渡った先には

バナナの揚げたやつ。
やっぱり15ペソ。

これ、うまいけどメチャ熱いがな。

ということで時間も使えました。

ジュースを飲みながら

ホテルで休めば

マニラの夜はふける

晩御飯の時間。
んでも、この夜の街に日本人だけでフラフラ出たら危ないのです。
わてらは空港からホテルまで送迎してくれたニーチャンに案内をお願いしたのだ。
ということで

車でGO。

連れて行ってくれたところは


外国人がいません。

市場なのだ。
道路の一面が

ずっと魚屋さんなのだ。

ここで

お魚を買うのです。

わかったわかった、それももらうがな。

ここで買うのは素材なのだ。

道の反対側は料理屋さん。

そこに持ち込んで、料理代を払えばおいしいご飯が食べれるのです。


魚のスープ。


エビのチリ。

おっちゃんが買えってやかましかったカニも

おいしくなりました。

イカ

禁断の

カキガイ。

ちなみに全部うまいんですけど、

全部からい。
ハンパないからさですがな。

これが絶品

めっちゃうまかった。

頑張って残さないように食べようと思いましたがムリ。
んでも結果的には残ってよかった。

残り物をティクアウトして、運転手さんにあげるんですと。
そんなマナーがあったのね。知らなかった。
んでも、マニラはフィリピンで食べた中では一番高かった。
一人頭1500ペソぐらいになりました。

さあ、明日は早い。

ホテルに帰ってホテルで仮眠しましょう。

なんと朝四時にお迎えです。
朝から国内線で移動なのだ。

ついたらすぐにダイビングですと。
激安短期間つめこみ旅行はこっから本領発揮なのだ。

それにつけてもマニラの夜はふける。

・・・・・つづく。

さらばフィリピン

  • 2011.02.09 Wednesday
  • 00:04

さあ、最後の日です。
マクタン
朝日ですがな・・・・・帰る日に晴れるってなんやねん。

マクタン
この長い桟橋ともお別れです。


マクタン
朝は干潮で漁の時間。
久しぶりの晴れで、忙しそうですがな。
マクタン
さあ、チェックアウトの時間です。
KさんとYさんのお帰りは明日です。彼女たちはもう一日。
わざわざ私たちのためにお見送りに来てくれました。
ありがとう。
マクタン
バイバイ、マクタン。

 空港に行きましたら、
ゲゲ、1時間遅れ。
そしたらマニラで乗り換えの時間がヤバイがな。
帰りもカツカツの時間しかない。しかも今度は海外やがな。

空港内にはきれいなコンパニオンのねーちゃんがいますがな。
隠し撮りしているやつらがいます。
わては隠し撮りなんてしません。
セブ
お願いしたら写させてくれたぞ・。

なんてことを言ってる場合ではない。

やっとセブをスタート。
セブ
マニラ到着。急げ。
関空行きはどこだ。
なんかしらんけどこっちにこいって言われているから、走るんだ。
あれ?個室に入れられた。
関空?
キャンセル?
ちがう。発音が悪いからってキャンセルとカンクウ間違うな。

なんかききますと、飛ばないって言ってるみたい。
ゲゲゲ、フィリピン航空、福岡、中部、関空便が欠航ですってよ。
ひぇー、帰りもトラぶった。

夜中の3時以降に特別便が飛ぶ予定ってお話・・・・・信じていいの?

案内されるとおりに行きますと、
マニラ
ヒコーキがバスに変わった。

まさか、
マニラ
怖いからあれだけ避けていたマニラ観光をしようとは。

フィリピン航空の用意したホテルで泊まるようですがな。
危ないホテルだったらいやだぞ。

なんとホテルに入る前に、車の爆弾チェックしてますがな。
やっぱりシャレにならん。
どれどれどんなホテルだ。
 
sofitel

ひぇー、高級ホテルですがな。
まあ、困ったときにはお互い様。フィリピン航空もなんかあったんでしょうね。
許しましょう。

案内のオネーサンも
マニラ
とってもきれい。

部屋からの
マニラ
風景も絶景です。
マニラ
夕闇が近づけば、
マニラ
ホテルもビューティフル。

でっかい
マニラ
ホテルですがな。

食事は世界の料理のバイキング。
マニラ
これは
マニラ
生ガキだー。
マニラ
フルーツやら
マニラ
デザートはむちゃむちゃ多いがな。
マニラ
丸ごとあぶった肉をカットしてますがな。

ゲーでるほど食べまくりましたがな。

マニラの夜は暮れていきます。
マニラ
マニラのベテランの方のFさんも足止めを食らってましたので、お話しているうちに仲良くなりましたのですがな。
その方がマニラの夜につれてってくださるとのこと、こんなチャンス二度とない。
しかも帰ってくる時間が決まってるから、いける。
おねがいします。
3人留守番で、二人がベテランの方のお供で行くことになりました。

こっからは写真がありません。
カメラなんか出せないほど雰囲気がヤバかったのですわ。

まず、知り合いのフィリピン人の呼び出し。
結局タクシーなんですけど、それでも呼ぶのですがな。
タクシーに日本人だけで乗るのはキケンなんですってよ。
フィリピン人が二人来ましたがな。
このベテランの方、何者?
五人乗りのタクシーに運転手入れて6人のりまして、街中にレッツゴー。

降りたところが・・・・・こわい。
物売りがいっぱい寄ってきますがな。
コピー品やら怪しいもんばっかり。
とりあえずは全部ノーサンキュー。
んでも離れへんやんけー。

なんか聞くところによると、入ったと単に銃やナイフを突きつけられるような通りもあるんですって。
そこに行かなきゃ大丈夫って言ってるんですけど、道も知らんのに迷い込んだらどーすんねん。

一人でタクシーに乗っちゃうと、そんなところにつれて行かれたりしたり、メチャメチャボッてきたりすることがあるんですってよ。
コワイ。

ミニストップやセブンイレブンもあるのね。
ここって生粋の資本主義の国なのね。
貧富の差がありすぎ。

ドキドキしながら、マニラの夜を堪能して、12時にホテルに帰りましたのですわ。
Fさん。ありがとうございます。

もう一人のベテランのYさんのお話では、老後はマニラで住む予定のこと。
住宅とか家の設備とか、条件付きですけど自分で使える金を500万持っていけば永住権がもらえるんですって。
年金で十分に贅沢できる生活ができるってんですね。
奥が深いぞフィリピン。

なんだかんだで、高級ホテルで一睡もしないで空港にバスで出発。
深夜ですから安心してたんですけど、やっぱり前回とおんなじ。
税関の手荷物チェックで、荷物チェックしないで、ワテの財布広げてお札出そうとしてる。
「チップくれ」
バカやろう。だれがやるかぁ。

でも、一緒に行ったやつがチップ渡したらフリーパスだったんですって。爆弾でも運べるやん。
やっぱりこの国はおかしい。

なんだかんだで、一時間遅れのヒコーキスタート。
やっぱり遅れたか。

わては熟睡してしまいましたわ。
関空
起きたら日本ですがな。

行きも帰りも、いろんなことがありましたがな。
関空
ちなみに、フィリピン航空欠航理由は、最後まで説明がありませんでしたのですわ。

ゲに恐ろしき、ゲに楽しき、セブ、フィリピン3泊四日+おまけの一日の旅でござんした。

スーパーマリオ

  • 2011.02.08 Tuesday
  • 01:31
JUGEMテーマ:フィリピン・セブ
さあ、マクタン最後の日。
明日は帰国です。
台風発生ということで、午前中のダイビングも2本で終わらせ。
島内観光とまいりましょうか。

時間通りホテルの外門に行きますと、
マクタン
やっぱりバタバタでお迎えなのね。しかも雨バージョン。

むりやり五人乗りまして、
マクタン
しばらく
マクタン
走りましたら、
なになにマリオの言うことには、
「マリオさん知ってる。ちょっと入ってこい」
マクタン
ゲゲゲ、ヤバイんでないの。
奥に来いとな。
マクタン
なんとマリオの家やんけー。
セブの一般家庭に入れてもらえるなんて感激ですがな。

マクタン
奥さんも、娘さんも、息子さんも、とってもフレンドリー。
 おおお、マリオおとーさんは頑張っているのね。
マクタン
子供たちをカレッジに入れているのだ。
実際には小学校に行ってない子が多い国で、マリオおとーさん、スゴイ。

おジョーちゃんは
マクタン
英語の先生ですと。
英語ベラベラ。
んでも、こっちの英語がそまつなんですわ。

コンピーターなんかの電気製品も多いし、本もたくさんありますがな。
マクタン

んでも、
マクタン
基本のおかずがなんでさかさまなんだ?

マリオの一番下のオコチャマですがな。
マクタン
ギターの先生を目指しているとのこと。
マクタン
曲を弾いてくれましたです。・・・メチャメチャうまい。

で、マリオの家族と団らんしている間、マリオが何をしてたかというと・・・・シャワー浴びてたぁ!
バカやろう。面白すぎるやん。

マリオはいい加減ですけど、
マクタン
ファミリーはとっても楽しかったですわ。ありがとう。

さあ、出発だ。
マクタン
おおお、黒のシプニーだぁ。

スタート。
マクタン
ジプニーが遅いから、写真が撮りやすい。街中はゴミゴミしてますがな。

こっちで調べた情報によると、マゼラン記念碑の公園の横に、屋台で魚貝を食べさせてくれるところがあるってお話。
マリオ、つれてって。
「マリオさん知ってる。そこ安くない。」
もっといいとこ知ってる。
じゃ知ってるところつれてって。

ということで
マクタン
お魚のバーベキュー屋さん。

マクタン
やっぱり食材を選んで、料理してもらうってスタイルですがな。

マクタン
カニは、いくら?
量り売りですってよ。
マクタン
安い。

マクタン

ロブスターは
マクタン
えっ?4500ペソ?
9000円やん。高い。却下ー!

まんじゅう貝みたいやん。
マクタン
安いし買いましょう。

魚は
マクタン
ユカタハタみたいなのをいただきませう。

とりあえずはドリンクを
マクタン
マリオさん頼んでよ。
マクタン
ここで頼むのね。

ワテはアルコールはダメ。
マクタン
なんかこっちのジュースですがな。

マリオさんにも飲んでもらいましょう。
マクタン
ご機嫌マリオさんですがな。

お魚
マクタン

貝のスープ。
マクタン
貝はまずいけど、スープは絶品。
マクタン
カニは
マクタン
ごっついですがな。
チャーハンも注文して、6人前約3000ペソ。

子供が
マクタン
なんかチョウダイってやってきましたがな。
店の人にあっち行けって言われて、水かけられてますがな。
お金はダメだけどお菓子をあげませう。

マクタン
さあ、おなかもいっぱいだし、ジブシニーに・・・
マクタン
ゲッ、フロントガラスが割れてたのね。


さあ、次はマゼラン記念碑ラプラプ像公園に行きましょう。
マクタン
これはマゼランじゃありません。

マクタン
何が書いてありますかといいますと、
マクタン
マゼランが上陸して、ラプラプが退治したってなことですがな。
世界一周のマゼランが、道半ばで死んだのがここですがな。

マクタン

ちなみに植民地政策で侵略してた、ヨーロッパ人を退治したラプラプは、フィリピンの大英雄なのですがな。
マクタン
これがラプラプ。

ここがマゼランの
マクタン
死んだ場所なのですがな。
マクタン

いまは
マクタン
とっても幸せそうなカップルですね。
マクタン
平和な公園ですがな。

んでも、
マクタン
公園の横のショップは雰囲気が・・・・
この奥なんてカメラなんか出せませんでしたがな。
最初はここでご飯を食べようとしたのね。
マリオ。止めてくれてありがとう。

マリオは
マクタン
なんかご機嫌ですがな。

マクタン
ここはギターの産地で有名なのですがな。

さあ、次はマングローブを見せてくれるそうですがな。
しばらくドライブしますと
マクタン
おおおお、マングローブだ。
マクタン
お魚をとってますがな。
向こうに見えるは
マクタン
セブシティ。
なるほど空港の反対側なのね。

なんか
マクタン
水上レストランですってよ。
ここにつれてきてくれたようですがな。
マクタン
ここは橋で渡るのです
マクタン
・・・なんか抜けそうですがな。ミシミシゆうとる。

ゲゲ
マクタン
このコテージ、竹で浮いてる。

マリオの言うことでは、安くてうまい。
ウミヘビも食べさせてくれるそうですがな。
マクタン
んでも、遅く来すぎて、クローズしてましたわ。
ジュースのんで帰りましょう。
マクタン
とっても風光明媚。

マクタン
こころが癒されるところですがな。

ここで、マリオに無理をいい、ホテルに戻ってもらうのですがな。
道中に
マクタン
カメラを向けたら
マクタン
みんな
マクタン
笑って
マクタン
くれるのですがな。

ホテルへの目的は、アイランドツアーから帰ってきた、
マクタン
彼女たちのお迎えですがな。


さあ、移動ですだ。
ん?
マリオがちょっとつれて行きたいところがあるって?

聞くところによると、マリオの親戚のダイビングショップ。
マクタン
2ボートダイブで30ドルてokだって。
安すぎへんか?

マクタン
んでも、機材はしっかりしてるがな。
今度来たときは、マリオに頼んじゃうかもしんない・・・・・・こんどがいつかはワカランけど。


マクタン
夕日を見せてくれって頼んでつれてきてもらったところが、
マクタン
ここ。
お二人も
マクタン
喜んでくださったもようですがな。

・・・・んでも、地図見たら、ここ、夕日が見えへん。
やっぱりマリオ、方向音痴やー。

ショップでは
マクタン
雑貨と貝が一緒に売ってますがな。

さあ、
マクタン
観光はこのぐらいにして、食事して帰ろうか。

最後の晩餐も生粋のフィリピン人しかいない店。
マクタン
メチャメチャ焼いてもらって
マクタン
ごはんチマキ。
マクタン
これがすごい。ひよこになりかけのゆで卵。
マクタン
メチャメチャ食べて飲んで、ついでにこっちの気持ちだ。マリオの家族にのお土産も作ってもらって、8人で約3000ペソ。
チップを渡したら、店中のスタッフがお見送りをしてくれましたがな。

マリオのおかげで、メチャメチャ濃い旅行になりましたがな。

こっからはマリオからのお願いを聞くのだ。
マリオの家はパシフィックセブリゾートのそばなのだ。
たいていホテルの門のところにいるみたいですわ。
んでも、マリオって名前はこっちではとっても多い名前。ワリオも多いから間違えないでね。
フルネームはMarina Tagsip

ワテらにとってはスーパーマリオでしたけど、もしもお願いしようなかって思った人は自分で判断してね。
注意しすぎてちょうどいい国です。

マリオの電話番号は
Mobil:+639322649446
なのだ。
イタズラはダメよ。

マリオ、約束は守ったぞ。
お前も、お客さんを大事にする約束守れよ。

マリオ

  • 2011.02.07 Monday
  • 10:16
JUGEMテーマ:フィリピン・セブ

約束の時間にホテルの門に行きますと、
 マクタン
なんとバタバタでマリオ登場。
おい、これで行くのか?
「ちがうちがう。マリオさん、あとで乗り換え」
よかった。ワリオかと思ったぞ。
ということでバタバタに5人乗っかって、落ちそうになりながらスタートして、4キロほど行ってから普通の車に乗り換えられたのですがな。

ペソがたりないから両替したいんだけど。
「マリオさん知ってる。ブラックマーケットのほうが得ねー。」
なに、ブラックマーケット!。そんななまえ、ニュースか映画しか聞いたことないぞ。
マクタン
たしかに率がよかったけど、こんなところマリオがいなかったらこれなかったがな。

とりあえずごはん食べたい。

「マリオさん。安くていいとこ知ってるね。案内するねー。」
マクタン
わー、フィリピンにしてはきれい。
お客さん、フィリピン人しかいないがな。
マクタン
なるほど。ここで選んで料理してもらうのね。
マクタン
お店の人も、カメラを向けたらノリがいいぞ。

これがマリオなのだ。
マクタン
マリオもおごってやるから呑みなはれ。

お肉や魚を食べて
マクタン
ハウマッチ?
6人で1080ペソ。
安くないかいな。
「マリオさん知ってる。ここ安いね」
マリオ、お前いいやつだなー。

おなかも満足。
マクタン
お店の人もアリガトね。

さあ、セブのショッピングモールにつれて行きなはれ。

道中には
セブ
きれいな乗り合いバス、ジプニーが走ってますがな。

マリオ、ジプニーに乗りたい。
セブ
「マリオさん知ってる。ジプニー危ないね。
マリオさん、一緒に乗ってあげれば大丈夫ね。でも、荷物は車において行ってね」

おおおおお、ドキドキですがな。
一区間だけということで、
セブ
お金は先払い。一人8ペソ・・・・16円ですがな。

運転席が
セブ
とっても家庭的ですがな。

モールの前でおりますと
セブ
ゲゲゲ、パンクしてますがな。
別の意味でキケンでしたがな。

とりあえずは
セブ
モールに到着。
セブ
でかい。

ここで、マリオが本領発揮。メチャメチャ方向音痴やがな。
売り場はこっちで探すから、ついてきてくれるだけでいいよ。
なんとかパンツと着替えをゲット。
かなり安いぞ。

マクタンと違って、セブは都会ですがな。
セブ
ちょうど下校時間なのね。

マリオ、マッサージ屋につれてって。
「マリオさん知ってる。マクタンのトントンマッサージが安いね」
んだらば、セブ島とはお別れして、マクタンに戻りましょうか。


ゲゲ、一時間200ペソ。激安やん。
マクタン
「マリオさん知ってる。店によっては日本人だけで来ると、値段高いことあるね」
おおおお、そんなカラクリがあるのね。マリオも一緒にしなはれ。おごったる。

最初に足を洗うのね。
セブ
時代劇みたい。

全身マッサージで、長距離運転の疲れが取れましたがな。
セブ
これがこの店のボス。
次来るときに日本のチョコレートを持ってこいって言われましたがな。
来るときには持ってくるぞ。・・・いつになるかはワカランけど。

ということで、このあと中華料理をいただいたのですがな。
マリオも注文しなはれ。
マリオが指差したのが一番安いやつ。
せめておれとおんなじもの頼め。


おなかもいっぱい。ホテルに送ってもらったのですがな。
ごはんやマッサージはマリオにおごったけど、観光案内と車代で払ったお金は3000ペソのみ。

マリオ、いいやん。
マリオ、明日も頼みたいんだけど。

「マリオさん知ってる。明日マクタンの観光につれてくね」
わがままついでに、ジプニーで迎えに来て。
「マリオさん知ってる。なんとかするね」

いよいよ明日、マリオがスーパーマリオに変身するのだ。

・・・・・・ということで続く。

マクタンの夜

  • 2011.02.06 Sunday
  • 20:17
JUGEMテーマ:フィリピン・セブ

やっとの思いでセブ到着。
シクシク。わての荷物がなーい。
普段から、旅行の荷物はできるだけ少なくがモットーのわてですが、なんにも持ってこなかったのは初めてだぞ。

空港で知り合いになった、R大学のお二人のおジョーちゃんたちの笑顔が唯一の救いですがな。
マクタン

セブ空港から
ホテルまでの道のりは
マクタン
なかなかの風景ですがな。
マクタン

さて、このよるのご飯は、なんにしましょうか。
ホテルの日本人スタッフの紹介で、マリバゴチキングリル&レストランちゅうところにしましたのですがな。
行きはホテルのタクシー。900ペソ。ちなみに日本円にするときはおおざっぱに二倍すればだいたいですわ。
つまりは1800円。
高くないか?

マクタン
とりあえずは
マクタン
南の島のレストランでお食事だーい。

マクタン
もちろん

Kさんと
マクタン
Yさんも
マクタン
お誘いしたのですがな。

7人で
マクタン
腹いっぱい飲み食いして、
4000ペソ。・・・・・・うーん、高いのか安いのかよくわからん。

帰りは店の前にいたタクシーで帰りましょう。
こういうところは、先に値段を交渉しないといけないのですがな。
車でホテルまで400ペソ。ですってよ。おおおお、安い。
んでも、車っていうことはそれ以外もあるのか?
バタバタなら200ペソ。
おおおおおお、それに乗せろ。
マクタン
郷に入れば郷にしたがうのだ。
フィリピンにくればバタバタに乗るのだ。
乗りごごちは
マクタン
最低なのだ。
それだけじゃない。
マクタン
かってに知らないやつが乗ってきて、物を売ってきます。
てめえら勝手に乗るんじゃねえ。なんにも買わないぞ。

明日はもうちょっと注意しないといかんがな。

ホテルの前に行くと、門の前にヘンなオッチャンが立ってたのですがな。
名前がマリオ。
意気投合してお話してますと、自分がガイドして観光で車を用意してそこらじゅうにつれてってやるとのこと。
値段は3000ぺそポッキリですと。
 
んでも、明日のダイビングの後の予定がない。
わても下着や替えの服を買わんといかんし、ここはひとつお願いしてみましょうか。

はたしてマリオはワリオなのか、それともスーパーマリオなのか?


ということで、つづく。

マクタン島のダイビング

  • 2011.02.05 Saturday
  • 23:21
JUGEMテーマ:ダイビング

ワテらの旅行はダイビングのオプション付きなのだ。
ちなみにオプションはダイビングのみなのだ。
今回はボートダイブ四本。

天候は・・・・・曇り。
マクタン
残念。
ショップのにーちゃん、
「午後のダイビングを増やせますよ」
ちょっと状況がわるいんでないかいな。
「でも、一月は四日しか晴れませんでしたから、今日は曇りでもましですよ」
ひぇー、雨季だったのね。
じゃあ、明日に期待して、今日は2本で勘弁してやろう。

ということで、
マクタン
バンカーボードがお待ちです。

 海は中海。
マクタン
おだやかなもんですがな。

マクタン
乗船です。
マクタン
しばらく走りまして、
マクタン

潜水ですがな。
マクタン
いきなりホホスジタルミのお出迎え。


ここは透明度は期待できないのです。
マクタン
でも、魚とサンゴの美しさはハンパないのですがな。

スターポリプも
マクタン
グリーンのじゅうたんになってますがな。

バブルコーラルは
マクタン
グリーンのキャッツアイ。
サンゴの一つ一つが
マクタン
メチャきれい。
マクタン
嵐が少ないから、形もしっかりしてますがな。

マクタン
クマノミもいろんな種類がみれましたわ。

こっちは
マクタン
ハナビラクマノミ

ツバメウオが
マクタン
にらんできました。
マクタン
これでも
マクタン
ヒトデですわ

ウツボの
マクタン
子供ですがな。

今回の最大の大物
マクタン
メートルオーバーのロウニンアジだす。

こうして一日目の2本が終わり。
マクタン
さあ、明日にかけましょう。

次の日、なんと台風発生。
んでも、ワテらに中止はないのだ。
近場につれてけ。
もちろん午後のダイビングに金は出さんぞ。
マクタン
ということでスタートだがな。
マクタン
近場なのにつかへん。


大荒れですがな。
マクタン

んでも、
マクタン
海に入ればクサビライシがお出迎え。グリーンですがな。

でっかい
マクタン
ディスクコーラルですがな。
これは
マクタン
わかりにくいけど、コショウダイの稚魚。

これもわかりにくいけど
マクタン
ウミウシ。

ここでいきなり大音響。
ドーン
んて音が海の中を響かせましたがな。
みんな凍りつきましたがな。
マクタン
ワテは海底火山かと思っちゃいましたがな。

あとで聞きますと、違法のダイナマイト漁ですと。
メイワクな。さすがフィリピン。

さて、気を取り直して。
マクタン
この辺で多いエダサンゴ。
固いのですわ。
マクタン
こいつはきれいな
マクタン
イソギンチャクですわ。

ここはほとんど
マクタン
ドロップオフになっているのですわ。

おおきなクラゲが
マクタン
深みに漂ってましたがな。

ハナゴイの群れです。
マクタン



マクタンによくあるボールのような海草。
オオバロニアなのだ
ブドウよりもでかいのです。

さあ、
マクタン
ダイビングはこのへんにしましょうか。

マクタン
あとは観光を楽しむのだ。

1月31日のタッチダウン

  • 2011.02.04 Friday
  • 22:01
JUGEMテーマ:旅行

待ちに待ったぞ、セブ島旅行。まずは関西国際空港に向かいましょう。
なんだか雪が多いってお話。
んだらば早く出れば安心。
ヒコーキが出るのは31日の朝、9時55分ですがな。
んだらば思い切って30日の23時に出ましょう。
フツーに車で走って4時間半でつくところ。
これだけ余裕を持てばアンシンですね。

まずは出る前に高速道路のチェック。
うん、北陸自動車道に異常はありませんがな。
ということで雪道ではありますが、大阪に向かって順調に走行できますがな。

10劼曚豹覆鵑世箸海蹐如△やぁ?
真っ赤な文字で通行止め
 どこだ?
調べてみますと武生~敦賀間がストップになっちゃいましたがな。
んでも、これだけの時間をとってますがな。
その間だけ国道を使ってもダイジョウV。

武生でおりまして、国道を走ってますと・・・・おやぁ?
大渋滞。しかも動かない。
しばらく止まって待ってましても・・・・・・止まったままー。
走ってきた警察官に聞きますと、大型トラックがスリップして道をふさいじゃったとのこと。
いつ復旧するの?
返事は見込みなしとのこと。ヤバイ。

んだらば海沿いの道で敦賀に向かいましょう。
えっ?  木が倒れて道をふさいじゃったってぇぇぇー。

んだらば山側の道は・・・・・・雪ががすごすぎて閉鎖ー。

敦賀に向かう道がなくなっちゃったがなー。

ここでもう2時半。ヤバいー。
復旧を待つか。それとも・・・・後戻りして大回り。
これだけの雪です。山越えの国道はキケンきわまりない。いつ閉鎖になってもおかしくない。
調べてみますと、出かける前に閉鎖になっていた東海北陸高速道路が通れるようになってますがな。
あきらめるか、それとも間に合うのは難しいけどギャンブルをかけるか・・・

わてはあきらめるのはキライなんですわ。
Uターンして武生で高速に乗りまして、来た道を戻るのだー。
敦賀からくる道もふさがってますから、戻る道はスカスカですがな。
ゲゲ、敦賀に向かっていた止まっている車がえんえんと続いてますがな。
雪はどんどんひどくなります。
真っ白な道を暴走するのはかなりキケン。
んでも時間は躊躇なく進んでいきますがな。
幸か不幸か、富山までの道はかなりスカスカ。
敦賀の通行止めは解除されるどころか、その範囲が広がっちゃいましたがな。

もう迷いません。北陸東海高速道路を岐阜に向かい、名神高速道路で大阪を目指すのだ。
空港の集合時間は7時55分厳守・・・・ムリだ。
先乗りのツレに電話して、飛行機を止めるように命令しときましょ。
交渉するもんですね。
なんとか9時15分までに入ってくれってことになりましたがな。

名神高速道路に乗れたとき、空が明るくなってきましたがな。
ゲゲゲ、道が大渋滞。除雪作業してますがな。
なんなにんだ。そんなに雪が積もってないぞ。
道路公団よ。こんだけ迷惑かけときながら、嫌がらせのような渋滞つくるな!

米原通過・・・・・2時半には、このちょっと先まで来てたんだぞ。
んでも、武生〜敦賀の間の道は、すべて閉鎖のままですがな。

除雪車がいなくなってから勝負。
とにかく急ぐのだ。
京滋バイパスに入って、第二京阪で和歌山方面に・・・・・・この新しい道のおかげで、吹田経由よりもかなり早く行けますがな。

車の預かり屋さんも、出発ロビーで車を預かってくれることになりました。
チケットをもって、受付に走る係り。荷物を運ぶ係り。そしてわては車を預ける係り。
準備はととのった。

んでも、9時15分も無理だ。
とりあえずはダメでも関西国際空港に行くのだ。
空港に向かう橋にかかった時に、9時20分。
もうダメだー。
なんとか間に合わせてくれたら、帰りなんてドーでもいいですがな。

25分到着。
とりあえず、係りがすべてを行動するのだ。わてはずっと運転で腰が立ちません。
車を預けて、受付に走りまして、フィリピン空港勤務のおねーちゃんに
「ダメですか?」
おねーちゃんいわく。
「急いでください。乗れます」
やったー!
あきらめないでよかったー。

空港スタッフが通るチェック場でパスポートや荷物チェクを受けさせてくれましたがな。
オネーちゃん。ありがとう。

もちろん免税店なんてよっている時間はありません。
空港内を走って搭乗口に行きますと、ちょうど搭乗が始まったところですがな。
オネーちゃんにハグして感謝を伝えたいところですが。そんなことしたら犯罪です。
考え付く限りの感謝の言葉を伝えながら飛行機に乗れたのですがな。


ヒコーキは関空を飛び立ちましたがな。


向かうは中継地マニラ


4時間のフライトで

到着。
フィリピン国内線に乗り換えて

やってきました。マクタン島の

パシフィックセブリゾート。

三泊四日の、激安ムチャスケジュールの旅がスタートしたのだー。


・・・・・あれ?
わての荷物が一つない?
なにー、荷物係が車から降ろすの忘れただとー!

南の島ど真ん中

  • 2006.01.21 Saturday
  • 18:18

こんなところに泊まりました。カが多いぞ


とりあえず湿気90%オーバーの島です


椰子の木があれば・・・


椰子の実もあります


ゴンって落ちてきたぞ。ドリフのコントみたい・・・あたったら死ぬがな


ボホール島には固有種の哺乳類がいるのだす。


それがこれ


メガネザルなのだす。もちろん持って帰ったらお縄をちょうだいします


ハンモックがあれば、とりあえず寝ないといけません


なんかわからん南の花です


田んぼが多いですね


遠浅で、歩いて漁業をしています


上から見ててもすぐに獲物が見つかります


こっちはシオマネキ


車は派手です


人数オーバーなんて当たり前


交通事故がおこらないのが不思議なくらいの運転マナー


バナナやマンゴーはうまいぞな


とりあえずハウマッチっていうとボッタクってきます。例外がなく100%だから怖い。値切って買っても損したような気分。


こんなのも安く食べれるのです


注文しすぎですな


これは230ペソ。


どっかで火事がありました・・・もしかしてテロ?


女の子にカメラを向けたら、みんなほほえんでポーズをとってくれます


レストランで歌ってたネーチャンも


ウェイトレスのネーチャンも


イカを焼いてたネーチャンも


この子も


ついでにホテルにいたヘビも・・・とびかかる準備ですがな。こいつは太かった


ここは知っている人の親がなくなった地でありました。来てよかった・・・ここのボッタクリ文化はなんとかならんか・・・・


国際空港の公務員までボッタクってきたぞ。恐ろしきフィリピン。おつりは催促しないとくれません。行くやつは気をつけろよー

バリカサグだフォー!

  • 2006.01.21 Saturday
  • 11:06

浅瀬は珊瑚の宝庫だフォー


これはお魚のおうち


イソギンチャクだフォー


住宅環境は最高だフォー


さわると丸くなるんだフォー


テーブル珊瑚だフォー


イヌフグだフォー


ハリセンボンだフォー


ウミキノコだフォー


ウミシダだフォー


動物なんだフォー


ウミズタだフォー


バブルコーラルだフォー


群生のお花畑だフォー


トサカの群生だフォー


デバスズメウオだフォー


シャコガイだフォー


もう、わけがわからんだフォー


崖下に降りていくだフォー


深いだフォー


どんどん行くだフォー


上は明るいだフォー


アジの大群だフォー


アジのトルネード


シーファンがきれいだフォー


魚の切れ目がないんだフォー


大型魚フォー


ウメイロモドキなんだフォー


かっこいいんだフォー


泳ぎが速いんだフォー


エアーが上がっていくんだフォー


かなり深いんだフォー


絵にもかけない美しさ


ハナゴイの乱舞


とっても満足だフォー


大きいのは深いところばっかりだフォー


地上に戻るんだフォー


魚が邪魔するんだフォー


こんなのやら


あんなのやら


こんなの


きいろいハタ


ホホスジタルミの幼魚


エアーが切れてきました


なこりおしいですだフォー


とりあえずフォーだぞ・・・・地上編に続く

さらまっと、ぽー

  • 2006.01.21 Saturday
  • 10:47

関西国際空港から・・・


飛んでいきますと・・・・


大都会、マニラですがな。


でも、ここには用がアリマセン


国内線で移動だーい


向かうところは・・・


セブシティ。


ここにも用事がアリマセン。もちろんこのオバハンにも用事がアリマセン


車で港に直行だーい


高速船に乗り換えです


日本人がおらへんがな


ボホールですがな


もうすこし移動ですだ


目的地はここ。バリカサグ島


バンカーボートで移動だーい


近づいたら、手漕ぎバンカーボートで上陸だーい。


やっとついたぞー。長かったー。さらまっとフォー!・・・・・・海の中編につづく

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM