ゆかり

  • 2008.07.22 Tuesday
  • 18:34
ゆかりっていうのはお好み焼き屋さんの名前なのです。
大阪に行ったら、たいていは食べてくるのです。
夕方ぐらいですと、並ばないと入れません。

スタッフに頼めば焼いてくれますが、お好み焼きは自分で焼きたいものです。


しかし、直径30僂砲發覆蠅泙垢

キッツイものがありますね。

食べるのにも覚悟がいるのですだ。

弱肉強食

  • 2008.07.18 Friday
  • 21:59
燃料高騰で、お魚も高くなりました。
今晩のおかずは地物のカマス353円です。

カマス
おや?
口になんかついてる。

カマス
おおおおおお、魚が入っている。
食事中につかまっちゃったみたいですね。

こんなときに命をいただいていることを感じてしまいますわ。

コーヒーをいただきました

  • 2008.03.02 Sunday
  • 11:50
コーヒーをいただきました。
ただのコーヒーではありません。

地球の裏っかわから飛行機プシューでやってきたコーヒーなのですだ。
おおお、ポルトガル語だ。


開けてみますと、スンゴイにおい。
コーシーだコーシーだ。
ん、豆のままでないかいな。

んだらば挽きましょう。

おおおお、スンゴイにおい。
コーシーだコーシーだ。

どうだ、おまえにこのにおいがわかるか?

わからんそうですだ。

山猫

  • 2007.06.27 Wednesday
  • 00:15
梅雨の時期は雲が低いです。

季節はずれの瀬女高原スキー場の前に、道の駅瀬女があります。

駐車場の敷地の中にあるお蕎麦屋さんが「山猫」なのです。

ということで
このへんです。

こんがり焼けたパリパリのお揚げを
ショウガとミョウガ醤油でいただくのです。

これは太い蕎麦の「おろし蕎麦」なのです。


これは細い蕎麦の「鴨汁ツケ蕎麦

鴨とまいたけとエリンギの汁に
細めの蕎麦をつけていただくのです。

細い蕎麦と太い蕎麦を並べてみました。

蕎麦は人によってずいぶん好みが違いますものね。

今日はラッキー、大将が実験で作ってみたという「更科蕎麦

を馳走になりましたのよ。うーん、白い。
うまいんだけど、わてはいつもの十割り蕎麦のほうがいいですわ。

本蕎麦の

蕎麦湯は濃いのです。


ソフトクリームも蕎麦味。    お後がよろしいようで。

こう泉

  • 2007.06.08 Friday
  • 19:10
石川県鶴来近くにある、讃岐うどんの「こう泉」に行ってまいりました。


ここの大将は、香川県のさぬきうどん屋で七年間働いてからこっちに帰ってきたそうです。
んでもって、寺井に店があったのですが、なぜかなくなっちゃった。
しばらくして金沢で発見。
いかったと思ってたら、またなくなっちゃった。
どうしても食べたいと思ってたら、鶴来のそばで発見。
ということで現在の場所の地図です。


おでんはセルフ。

これがわてのお気に入り、コンニャクとタマゴのおでんと、生醤油うどん大盛です。夏だろうが冬だろうがこれです。

細麺でつるっと食べるうどんとは違います。そういううどんが好みの方にはきついと思いますだ。
なんとかのゴンブトうどんよりも太い。メチャメチャコシがあるのです。

コシのもとは大将のパワー。大将は力持ちなのです。
なぜならば大将のいとこがヤンキースのレギュラーなのです。
大リーガーに負けず劣らずの力でうどんをこねくり回して作っているのです。
美味くないわけがない。


一番人気は天ざるのようです。わては生醤油以外食べたことがありませんので、これの味はシリマセン。

Chanko Dining 若に行ってきました

  • 2007.05.24 Thursday
  • 19:09
第66代横綱がオーナーの、全国チェーン店、Chanko Dining 若に行ってきました。

マニュアルだけで動く店員がいるところはなんとなく違和感を感じちゃうんですけど、ここのスタッフがすっごいいいですね。気の遣い方がいい。マニュアルだけではこうは行きません。それだけでうれしくなっちゃいます。


狙いはお昼のサービス鍋。
まずは前菜。

カニの入った出し巻き卵と、豚シャブで巻いたナンカが出てきました。

次が鍋、
「お勧めは塩味です」
って言葉で、とりあえず塩味

スタッフが作ってくれるのね・・・うーん、鍋奉行としては作ってみたかった。

「お取りいたします」
って言いながら、椀についでくれました。

「お代わりもお取りさせていただきます」
・・・・もう鍋屋じゃない。お代わりぐらい自分でしますよ。

食べ終わったら、ラーメンを勧めにきました。鍋にラーメンもいいやん。つうても鍋がでかかったのでお腹もキツイ。とりあえず一玉だけちょうだい。
持ってきた一玉がデカイ。
「それって一玉?」
「「普通の一玉より大きいです」
・・・・・鍋にしろ、ラーメンにしろ、オーナーの腹持ちにあわせてるんじゃないのかいな。


鍋のあとのラーメンと侮るなかれ。

メチャメチャデリシャスでんがな。

さいごにデザートをいただいて、満足でしたわ。

店の奥にあったVIPルームってなんざんしょ?

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM