ミュンヒハウゼン

  • 2010.10.03 Sunday
  • 20:35
JUGEMテーマ:幼児虐待・いじめ


ミュンヒハウゼン男爵カール・フリードリッヒ・ヒエロニュムス
舌をかみそうな名前ですがな。

ほら吹き男爵のことですがな。
ただこの人のホラのほとんどは、のちに作られたお話や、昔から言い伝えられてい民話のアレンジのほうが多いみたいですがな。

作られたホラ吹きのイメージの可能性があるらしいですわ。
ミュンヒハウゼン男爵カール・フリードリッヒ・ヒエロニュムスも、自分の自伝が読めとしたらたらタマげることでしょう。

それよりももっとタマランのは、自分の名前が病名になっちゃってるんですがな。
ミュンヒハウゼン症候群って名前です。
どんなんかといいますと、
病気のふりをしたり、自分で自分を傷つけたりするんですね。
目的は周囲の意識を自分に向かせるためなんですね。

同情を買うことが目的ですから、病院で検査されることも拒否しないそうですわ。

たとえばそれがウソがばれたり、もしくは完治しているってことになってしまえば、新しい病気を作りだすんですね。
もちろんウソがばれないような偽装工作なんかも平気でしてしまうこともあるそうですわ。

ほかの病状としては、空想癖と虚言癖です。空想と現実がグチャグチャになっちゃって、ウソと現実が訳が分からなくなってしまってる場合も多いみたいですわ。

もうひとつこの人の名前の付いた病名があるんですわ。
代理ミュンヒハウゼン症候群ってんですわ。

この病気にかかる人は以前にミュンヒハウゼン症候群にかかってた人が多いって統計もあるそうですわ。

何の代理かといいますと、自分以外の弱い立場の人を、自分の代理として使うんですね。
多いのは自分の子供に危害を与え、怪我もしくは病気にさせ、それを看病する自分の姿をアピールして身近な人から同情を得ることに喜びを覚えるってことらしいですわ。
ミュンヒハウゼン症候群と同じで、ウソがばれたり、完治したりしても、繰り返し別の病状を作るために命にかかわるような状態になってしまうこともあるんですね。
薬を大量に飲ませたり、毒物を食べさせたりすることもあるそうですわ。
それを行う人は同情が喜びですから、病名を気にして心配そうにします。
見ただけでは子供を心配するいい母親に見えちゃうことが多いそうです。
つまりは児童虐待でありながら、周りが気づかないことも起こりやすい病気なんですね。

殺害が目的じゃないんですけど、ブレーキが利きませんから殺害も起きてしまうんですわ。
繰り返し行いますし、ずーっと継続して病気や怪我にさせます。エスカレートもしていきます。
実際に分かってるだけでも、かなりの子供が、母親のこの病気のせいで殺されてる例があるそうですわ。

子供と患者を引き離すだけで、子供の命は守れる病気らしいですわ。
んでも、児童相談所でも、幼児虐待を発見することも難しい現実。

代理ミュンヒハウゼン症候群はいい人を演じるから、他人が発見するのは難しいみたいですね。花

花は見えやすいですけど、土の中に隠れているものを見るためには、掘り返さないとダメですものね。

シクシク

  • 2010.07.04 Sunday
  • 21:10
JUGEMテーマ:家庭
 
2002年から乗り続けてたわが愛車、ザッツ。
ザッツ
思えばそのときは日本で、サッカーワールドカップが開催された年でありました。
ブラジルが優勝したんですね。
わがザッツ、10万キロをはるかに超えてもはしりつづけてくれていたのですがな。

ワールドカップ2002年王者が、今回の2010大会準々決勝で、まさかのオランダに敗退したその朝に、
ザッツ
やられてしまいましたがな。

相手は一旦停止無視で、横っ腹にドカーン。

ワテのザッツはふっとばされ、そのまま、道の反対側の電柱にガーン。
ザッツ
天井の鉄板がめくれ上がってしまいましたがな。

ワテは左右に振り回されて、しばらく動けなくなってしまいましたのよ。
相手の方のお話ですと、電柱にあたらなかったら車がひっくり返ってたそうですわ。

予定では、このザッツ、次のサッカーワールドカップブラジル大会で、ブラジルが優勝するまで乗り続ける予定でしたのよ。
ラジオのアンテナが折れちゃったのは放置してたけど、ガラス窓が開かなくなったのは直したばっかりだったのに。ザンネン。

ザッツ
タイヤが飛び出して、ジープみたいでカッコイイ・・・・つてなことではなく、もう動かなくなってしまいました。
判定は「廃車」ですってよ。

わが愛車、ザッツよ。長い間ありがとう。
ザツツに対する思いは、「執着」ではなく、「愛着」でしたのよ。
ちなみに、ぶつかってきた車は、最新のハイブリッドカーでしたのよ。
うらまやしいったらありゃしない。

ワテは全治三週間て・・・・・中途半端で突っ込みどころがありませんがな。

リフレッシュのつもりが

  • 2010.04.04 Sunday
  • 19:33
JUGEMテーマ:ニュース
 春だ。
桜
桜の季節です。

桜
まだ五分咲きぐらいですわ。

しだれ桜は
桜
二分咲きぐらいですわ。

ずっと忙しかったので、
ちっと一休み。

ということで、


ここにいってきました。
ぬく森の郷
温泉です。
ぬく森の郷
石川県と富山県の県境。
ぬく森の郷ってところです。
ここの外湯からの風景は
ぬく森の郷
さいこうなのですがな。

気持ちよく帰宅の道につきますと、

あり?
頭部のない女性の遺体が見つかった事件
山道に黄色いテープが。
頭部のない女性の遺体が見つかった事件
ああああ、おまわりさんだ。
ここだったのか。
頭部のない女性の遺体が見つかった事件の現場ですがな。
頭部のない女性の遺体が見つかった事件
このどこかに、まだ頭が隠れている模様ですがな。

つかれを取りに温泉に行ったのに、
頭部のない女性の遺体が見つかった事件
なんとなくドンヨリしてしまのいましたがな。

法治国家

  • 2010.01.09 Saturday
  • 17:00
ルールってのは考え方一つで意味が変わっちゃうんですね。

どんなルールでもいいんですけど、目の前にあるルールを見てあなたはどちらの考え方を選びますか?
「このルールは最低限守らなければならないものだ」
ってものと
「このルールさえ守っていればあとは何をしてもいい」
って考え方。

ワケのわからんやつにつけてもらうのは別にして、親が子供に名前を付ける場合、願いを込めてつけますね。
「まこと」って名前でも、真、誠、実、允、信、亮・・・・って、変換してるだけでもきりがありませんがな。
その漢字の意味に願いがこもってます。
その願いってのは、それだけ守ってればあとは何してもいいってシロモノではないですね。
最低限守ってほしい願いがそこにありまする。
んでも、それは願いであって
その名前の歴史を作るのは、名づけられた子供のほうなんですね。
親にはその歴史を変更する権利はありませんのですわ。
願いってのはそういうもんなんですね。

ルールってのは本来は
「最低限守るべきもの」
であるはずなんですけど、そのルールに統治される規模が大きくなればなるほど、
「これだけ守ってればあとは何をしてもいい」
って解釈に変化していくような気がします。
そのルールを破ったときの罰則がないものでしたら、ルールとして成立しないものも珍しくありません。
条例や憲法、国家間の条約なんてのは、その傾向が大きいですね。
それでもそのルールを最低限守っていくのが法治国家なんですけど、それをも無視できるような正義があるんですね。

いま死刑廃止論ってのが世界中で論議されてます。
これも不思議なもんで、終身刑の犯罪者を社会貢献って名前で戦争に派遣している国でも死刑廃止の国ってことになってるんですわね。
こんな国は、戦争の働き次第で減刑の恩赦付きってのがホトンドみたいですわ。
戦争の働きってのは、敵をどんだけ殺したかってお話ですね。

ちょっとまえ、死刑を最高刑としているある国の大統領にガチガチのキリスト教死刑廃止論者が当選しちまいました。
案の定の発言
「自分が任期中は死刑の許可を出さない」
って暴言。これが正しいかどうか。
死刑廃止論者にしてみればスンバラシイ事なんでしょうが、法治国家としてはどうなんでしょうね。
正義を実行したい大統領として目さすべきは、法律の書き換えってんのならば理解できます。んでも、最高裁で確定した刑罰を執行しないってのは、行政が司法を認めないのと同じなんですね。

正義によって憲法を軽視するって例はいくらでもありますね。
憲法よりも大切な人として守らなければならないものまでも捨ててしまう人もいるぐらい、正義ってのは陶酔してしまうと恐ろしいものですだ。

電車やバス、ヒコーキに爆弾を仕掛ければ、何が起こるかなんかはすぐにわかることです。
小学校でマシンガンをぶっ放せば、何が起こるかも分かることです。
隔離された住宅街にミサイルを撃ち込めば・・・
こんなことは誰にでもわかることが出来てしまう。
もちろん多くの人が死にます。その人たちは正義に陶酔したやつらにとっては敵なのかもしれませんけど、正義もくそもない赤ちゃんまでが殺されます。正義の陶酔者にしてみれば敵の子供も敵ってことで正当化しているんでしょうか?

スヤスヤ寝てい赤ちゃんを力いっぱい蹴っとばすなんてこと、まともに考えたら誰もできません。
でも、自分の陶酔している正義を盾にすれば、その敵の子供ならば出来る人がいるんですよね。
そこにあるのは正義なんですね。

これがちゃんとした法治国家で起こってしまえば、もう法治国家ではなくなってしまいます。
殺さなくても、正義によってルールを無視すれば同じ事です。
目指していものがルール改正であっても、それがたとえば少数意見などの理由で改正困難な場合はルールを打ち破っても実行するってのはいかがなものなんでしょうか。

「選ばれし人間は、人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある」
一つの正義をすべてとした人は、憲法さえもないものとできるだけではありません。
その憲法も自分たちにいいように解釈できるようになってしまいます。
周りの人たちにはルール遵守を求めますが、自分たちは例外となっちゃうんですね。
南極海の公海で大暴れしている奴らも同じですだ。

現在、裁判員制度というものが行われています。
裁判に参加しなければならないようなことがいきなりやってくるような時代になりました。

その裁判っていうのは罪を裁くことに参加することなんですよね。
たとえば死刑廃止を目指す人が、参加して死刑の邪魔をするってのは裁判の邪魔をしていることになるんですよね。
その人の目指すべきものは法改正であって、裁判で死刑判決の邪魔をするってのは別の話です。

本来のルールは願いであって、最低限守らなければならないものなんですよね。フレンチブルドック
こいつもルールを守ってくれてます。


JUGEMテーマ:ニュース
 

花壇荒らし

  • 2008.07.13 Sunday
  • 22:08
とうとう、我が家にも花壇荒らしがあらわれたか。

バツサバッサに切られていますがな。


茎から上が切られてますがな。ゆっ、ゆるせん!!!
おや?なんかいるがな。


おおお、お前が犯人かいな。
不思議ですね。こいつには何の怒りも感じませんわ。

今年は世界カエルイヤーってことらしいですわ。
カエルを大切にしましょう。

防衛疑惑

  • 2007.10.28 Sunday
  • 17:50
「これはこれはやまだ屋、好物の黄金色のお菓子。ありがたくちょうだいするぞ。
ところでやまだ屋、最近商いはどうじゃね」

「いえいえ、防衛お奉行さまほどではございません。ただ、お国お役職賄賂禁止のミコトノリのお達しが下されたことでございます。
お奉行さまとのお付き合いもご迷惑がかかることがございましょう。
これからのお付き合いもお願いし問うございますが、なかなか難しい世になってまいりました。」

「よいよい。あれは直轄大名の勝手に決めたこと。老中が町民どもに気を使ってのことじゃ。町民どもの人気が己にかかわってくるような立場のものが気にすればいいミコトノリであって、ワシのような雇われ幕臣には関係ないことじゃよ。ふぉっふぉっふぉっ。
それよりも、このような話は場所を選んでもらわんと、ほれ、ワシの立場もあるであろうが。」

「これはこれは、それではまた例の広大な広場にある緑色の場所での、棒打ちの遊びを押さえさせていただきます。
しかしおお奉行さまの立場で、この時期にいままでのようなご接待をさせていただくのは、いかがなものかと・・・」

「やまだ屋、そこはそれ、カラクリを仕組めばすむではないか。
ワシだけで行き、ワシが出すものを出したようにすればいいことであろうが。」

「これはこれはお奉行さま。タイヘンな勉強をさせていただきました。」

「それよりやまだ屋、こんどの防衛奉行からの用達はどのぐらいを望みじゃ?」

「それはお奉行さまのお心しだいということで。御用達は多ければ多いほど・・」

「やまだ屋、おぬしもワルじゃのう。」

「いえいえ、お奉行さまほどでは」

「言うのう、やまだ屋」

「ふぉっふぉっふぉっ」


・・・ということでフィクションですだ。
汚職は経済をとめます。
近代国民国家は文民統制のコントロールが必要なんですね。
これが効かなくなると、最悪経済が破綻します。
それが防衛関係ならばシビリアン・コントロールも効かなくなる恐れ大ですだ。
シビリアン・コントロールってのは文民政治家が軍隊を統制することです。これによって軍の暴走を抑えるんですね。

これが崩壊したのがミャンマーですね。
拡大地図を表示
この国は世界有数の宝石産地なんですね。
ついでに宝石はすべて軍事政権の管理下です。
国民にはなんの恩恵も渡りません。
それどころか、軍事政権化の国費が外国に流れることを嫌い、食料や加工品なんかの国民の生活にかかわるようなものでも、かなりきつい輸入の制限をしていますのです。
公共事業なんかしても、富は一部で停滞し、経済はまったく回復しません。

この国は2005年に発表された世界汚職指数の堂々の三位につけています。

この汚職指数の第一位はアフリカのチャド。
拡大地図を表示
この国は強烈です。
NPOが支援活動をしようとしても、官僚とかかわるたびにワイロを求められるんですね。たとえばビザの延長なんかでもイチャモンつけてワイロを求めてきます。かかわらなくったって相手からかかわってくるんですけどね。
ですからどこの国のNPOの支援活動も、ワイロ地獄でつぶされちゃうんですね。
国民の生活はどん底です。公務員になってワイロをもらうしかない。ワイロを出せるのは海外援助隊ぐらい。援助隊は活動不可能になるってことで、どうにもならないんですね。

実際にフィリピンでわても同じ目にあいました。
空港では、言わないとお釣りはくれない。
荷物チェックのときに公務員が
「金くれないと通さない」
ですってよ。
文句いったらほかのヤツがきて、
「あなた私のトモダチ、私が助けてあげるからオカネチョウダイ」
ふざけんなー。
しばらくもめてたら、どうも上司が来たみたいで通してくれましたけどね。

ちなみにフィリピンは汚職指数のベストテン入りは果たしていません。
これでもまだましなほうなんですね。


日本もミャンマーやチャドにならなきゃいいんですけどね。
こんなの汚職や公金の一極集中が当たり前になったら、あっという間ですね。

敬語の警察官

  • 2007.09.09 Sunday
  • 17:26
昨日の夜に、無性に広いお風呂に入りたくなり、24時間営業の温泉に行きましたのです。

温泉の隣にゲームセンターがあるのですが、その入り口にポリスカーが四台止まっているではないですかいな。

何じゃろかと思いましてセンターの中に入っていきますと、警察官が何人もで、ニーチャンのグループと向かい合ってるではアリマセンか。その周りで多くの人が見ているではアーリマセンカ。冷や汗

そのうちに警察とニーチャンは出口に出て行きましたが、その出て行った方向が温泉側なのです。
わてもついて行かんとどうにもならんがな。

個人のブログでは細かいことまで書くのは反則でしょうから、犯行の内容までは書きませんが、その外に出た後に言った警察官の言葉が印象的でしたのです。

「たいへん申し訳ないのですが、あなたを逮捕します」

びっくりすごい丁寧なのです。しかもニーチャンのことを考えて、人のいない外に連れて行ってからなんですものね。
もちろん、ニーチャンにしてみれば、言葉が丁寧なんてカンケーない様子。文句を言いながら暴れていましたが、警察って冷静な対応なのね。ビックリしましたがな。

ずいぶん前ですが、わてがある事件に巻き込まれたときに対応した警官は、職務と権力をごっちゃにしたようなヤツで、事件そのものよりもその警官の対応でムチャムチャ気分を害したのですが、いまはずいぶん違うみたいですね・・・・全部がそうとは言いませんけどね。

聖職って言われている仕事は、仕事が尊いのであって、仕事をしている人が尊いわけじゃないんですよね。たとえば警察とか政治家とか先生とか弁護士とか宗教家とか、会社とかの長なんかもですね。

本来、聖職って言われる仕事は責任が重たすぎるほど重たいんですよね。
その責任ってのを権利に変換すると楽なんでしょうか。
「私が権力だ」
ってヤツが聖職者だと、法律や校則、戒律なんかは自分を守る力、しかも自分はその決まりごとから逸脱した存在だって思えちゃうんでしょうか。
自分が尊い=自分の権力のための規則
ってな方とはお付き合いしたくないですね。しょんぼり

弁護士が自分の思想にあわんって理由だけで裁判をボイコットしたり、作ったような話で弁護したりってのもありましたわね。怒り

警察が飲酒運転したって報道がありましたね。
取り締まる側が犯罪犯しても厳重注意だけで終わったみたいなのもあったみたいですね。怒り

年金なんかも集めてる側が着服して、集めてる側がそれの処罰?してるんですからワケがわかりませんよね。
年金の歴史って、あつめた資金で公共事業をバンバンやって、着服官僚を放置して、保険料支払いの義務だけが厳しくなって、しかも値段が上がってきて、ついでに支払いし義務を果たしてなくって、パンク寸前になっちゃったんですものね。スゴイ話です。怒り
こんなの民間の保険屋だったら総すかんですね。

自民党政治家で政治資金が完璧な政治家っているのでしょうか?
ソビエト崩壊のときみたいに、クリーン政治家ばっかりで政府を立て直そうとしたら優秀な政治家がいなくなったみたいなことになりそうなほど、記載ミス?だらけですね。しかもこれってちゃんとそれ専門の人がやってるんですものね。マメな奥さんの家計簿のほうがよっぽど正確なんでないかいな。しょんぼり


警察の敬語を使った現行犯逮捕を目の当たりにして、ちょっとホッとできた昨日でしたのよ。
わてもこんな風でありたい。

このブログも記載ミスが目立ちますのです。

レッサーパンダは腹黒いのです。性格の話ではアリマセン。体色の話ですだ。

食の安全

  • 2007.07.13 Friday
  • 00:55
食の安全は、環境の影響が大です。

それ以上に、農家や漁業関係者、畜産関係の方々、加工品なんかは食品メーカーの方々にかかっている部分も大きいです。

もしも食に関するメーカーが悪意を持ってコストダウンを図れば、食の安全は守られません。

そこで必要なのは安全を審査する機関です。
ところが審査する側と、審査される側が癒着してしまえば・・・

中国の食に関する危険の問題はこれなんですね。
企業と官僚の癒着の問題なんですね。ワイロ文化が食を危険なものにしてしまっているんですね。

悪しき文化って相続されやすいんでしょうね。
諸先輩方は当たり前にやってたことが、なんで突然ダメにされないといかんのだってなノリですね。
官僚にとって天下りは権利だとか、
談合こそが和を保てる方法だとか、
企業の発展のために持ちつ持たれつの関係がいいんだとか、
本来、こんなのはとんでもないことなんですね。

でも、自分の反省を嫌い、前例というものを武器にして、改革を止めようとしたがる人にとって見れば、民衆よりも企業の味方の方が楽なんですね。

自分は変わりたくない。民衆が自分に合わせればいいってことですね。

食の安全は、官僚が企業の味方じゃなく、民衆の味方にならない限りは不可能ですね。

そんなことしたら、企業の発展を損ねてしまい、経済成長が鈍化するから、民衆にとってマイナスになってしまうって反論されそうです。

バージニア工科大学銃乱射事件

  • 2007.04.22 Sunday
  • 23:11
バージニア工科大学で32人が射殺され15人以上が負傷した銃乱射事件。

犯行後現場で自殺したチョ容疑者の
「自分のためではなく、子供や兄弟姉妹のためにやった」
「お前たちにはこの日を回避する1000億のチャンスがあったのに、おれを追い詰めた」
ってお言葉。だれが望んだんでしょうか?
って言うより、この発言に自分がない。責任も権利も自由もない。自分の人生まで人のせいにして、逃げ回ってますわね。
どんな正義や言い訳をならべたって迷惑なんだわよ。
善人って思ってるのはこいつだけですね。


チョ容疑者のオネーチャンの
「弟が引き起こした惨事を非常に申し訳なく思う」
って言葉は、苦しみの中からの言葉だったんでしょうね。容疑者にとって見ればオネーチャンの苦しみの言葉は裏切りになっちゃうんでしょうか?

こいつのおねーちゃんやほかの家族、被害にあった方々の家族、助かった方、こいつの自分を見失うゲームにふりまわされた方々すべての方が、自分の命まで振り回されないでほしいですね。とにかく生き続けてほしい。

国が違えばタブーも違うのね

  • 2004.05.25 Tuesday
  • 14:43
わてのスペインのメールトモダチからの情報です。
11−M(列車爆発テロ)から、2ヶ月とちょっとしか経ってなかったのに、スペインでは、その前の週にベルギーで行われたロイヤル・ウエディングの頃から、上を下への大騒ぎ。このあとがスゴイ。
日本の皇太子が一人で出席したと言うニュースが報道され、その翌日の朝のワイドショーでは、雅子妃は、「結婚してすぐに、離婚を考えてた。」とか、「ストレスから、今、うつ病の様になっている。」とか、日本では誰も口にしないであろう事を、しっかり放送してたんだってさ。

うーん、報道ってなんなのさって思ってしまいましたのよ。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM