バッタもん科学

健康食品や健康グッズなんかって効果が見えにくいですよね。

でも広告なんかでその道の専門家などという、なんの専門家かわからないナントカ大学のナントカ教授や、ナントカ医学博士なんかが、都合のいいデータだけを並べて、

「効果は実証されてます」

なんて言われたらそうかなーって思ってしまいますよね。

 

いろいろな方が、

「こんなに健康になりました。続けることが大切なんです」

なんてインタビューを連続して見せられたら、

「個人差があります」

なんて小さなテロップは気にならなくなってしまいます。

 

プラセボ効果ってのがあります。

毒にも薬にもならないモノを、権威のある方が

「これは素晴らしい薬だ。あなたを健康にしてくれるよ」

って言って与えたら、精神的に効き目があるってんですね。

薬って説明するだけでいいんです。

薬の成分なんて必要ないんですわ。

メリケン粉なんかでもいいんですわ。

 

もちろん医学的にちゃんと治療しないとダメな病気に、これだけで治るわけがないです。

逆に治療が遅れて手もつけられない状態になってしまうことも多々あります。

 

 

医学的、科学的に言えばブラセボ効果は気休めであって治療じゃないです。

ちゃんとしたお医者さんや学者さんなら否定します。

でも、それを商品として売りたい方々にとってはちゃんとした科学は邪魔なんですね。

そうなれば、医学や科学を否定するんですね。

 

恐ろしいキャッチコピーも存在しますよね。

医学が諦めた病気も治ります。

病院に行けば殺されるだけです。

多くの人が助かってます。

 

医療機関で治療を受けてしまえば否定されてしまうかもしれないものを、信じ込ませて持続させるためには医学機関に近づかなくさせてしまえばいいんですね。

 

ちゃんとした医学機関はリスクを説明してくれます。失敗例も教えてくれます。

失敗率も教えてくれます。

でも、エセ医学は成功例しか説明しません。

ちゃんとした医学の失敗例はメチャメチャ説明してくれますけどね。

その数少ない成功例の裏で、どれだけの人が悪化したかなんてのは教えてくれないんですわ。

 

「効き目がないなんて証明は医学界でもされてない。」

効き目があるって証明もされてないんですわ。

 

「実証されてないだけで、可能性はゼロではない。」

ゼロではないから効果があるなんて論理は思い込みでしか成立しません。

限りなく可能性が低い方法で成功した人が少しでもいたとしても、何で治ったかはわかりません。

その治療方法と病気との因果関係も証明できません。

 

いざとなったら悪魔の言葉

「これをやってたおかげでこのくらいで済んだんだ。」

「手遅れだった。病院に行かずに、最初からこの治療だけをやってたら助かったのに」

この言い訳が出たら治療は失敗してるんですわ。

 

科学は複数の仮説があるときは。シンプルなものを仮に事実とするのですって。

んでもって、新しい証拠が見つかったらそちらを事実とするのです。

仮の説が証拠がないからと言って、証拠のない理論が正しいのだなんて論理は通用しないのです。

証拠は公開して科学的に証明されなければ事実にはなりませぬ。

証拠もないものを事実のように世に広めるときには、本当の事実を疑わせ、間違いを信じさせるという、テクニックが必要になります。

 

わかってないものはわかってない

これが正常な答えです。

あたかも自分だけが真実を知っているように答えてしまうとき、それを正当化しているものは何なのか。

もしかしたらそれはあなたを破滅に向かわせているものかもしれません。

 

バッタもん科学は科学のせいではないです。

バッタもんにしてしまうのは、悪用している人間なんですね。

他のものを否定して、自分のすすめるものだけが正しいなんて説明するものには、いかなるものにも近づかないことが懸命ですね。

 

季節は初夏に向かってます。

 

 

JUGEMテーマ:科学



掛川花鳥園

東名高速の掛川インターのすぐ近くにあります。

 

掛川花鳥園

 

入り口に

IMG_4567.JPG

 

なんかエミューの

 

IMG_4570.JPG

 

タマゴ

 

IMG_4569.JPG

 

大きさよりも色のクセがすごい

 

で、入場しますと

 

 

バームクーヘン顔の

カラフトフクロウ

 

IMG_4573.JPG

 

シロフクロウ  オス

 

IMG_4574.JPG

 

こっちはメスですね。

模様が違うのです。

 

IMG_4576.JPG

 

アフリカワシミミズク

 

IMG_4578.JPG

 

ベンガルワシミミズク

 

IMG_4580.JPG

 

ウインクしてますけど、でかい。

ユーラシアワシミミズク

 

 

トルクメニアンワシミミズク

 

IMG_4585.JPG

 

クロワシミミズク

 

IMG_4587.JPG

 

個性的な目はオナガフクロウ

 

IMG_4589.JPG

 

ナンベイヒナフクロウ

 

IMG_4592.JPG

 

ニュージーランドアオバズク

 

IMG_4595.JPG

 

インドオオコノハズク

 

IMG_4597.JPG

 

おなじみメンフクロウ

 

IMG_4599.JPG

 

チャコモリフクロウ

 

IMG_4603.JPG

 

フクロウです。

ズボラしているわけではありませぬ。

これがフクロウなのです。

 

IMG_4605.JPG

 

アフリカヒナフクロウ

 

IMG_4607.JPG

 

アフリカワシミミズク

 

IMG_4609.JPG

 

アビニシアンワシミミズク

 

IMG_4613.JPG

 

マレーウオミミズク

かっこいいし

 

IMG_4616.JPG

 

オオフクロウ

 

IMG_4769.JPG

 

メガネフクロウ

 

 

マレーワシミミズク

 

入り口で心をワシつかみされてしまいますがな。

フクロウですけど

 

 

んで奥に行きますと

 

 

IMG_4617.JPG

 

水鳥ですね。

 

IMG_4618.JPG

 

餌もやれるみたいです

 

IMG_4623.JPG

 

反対側は

 

IMG_4621.JPG

 

ペンギンですがな。

 

 

んで奥に行きますと

 

IMG_4624.JPG

 

おおお、きれいなお花

 

IMG_4631.JPG

 

左側がわくわくイベント会場ですって

 

IMG_4633.JPG

 

ワライカワセミだ

 

IMG_4635.JPG

 

おおお、

 

 

フクロウの列です

 

 

おさわりはできませぬ

 

IMG_4648.JPG

 

カンムリカラカラ

 

IMG_4650.JPG

 

きみはケバいね

カタリーナコンゴウインコです

 

IMG_4656.JPG

 

これだけの鳥のプロが飼育してても、毛むしりをやっちゃうんですね。

 

IMG_4660.JPG

 

こいつらは餌を見せると

 

 

集ってきます。

 

 

なかなかの面白さ

 

IMG_4686.JPG

 

でっかい蓮畑。

オオオニバスですがな。

 

IMG_4689.JPG

 

珍しい鳥が放し飼い

 

IMG_4690.JPG

 

おさわりはありですが

 

IMG_4697.JPG

 

うーん、連れて帰りたい

 

IMG_4699.JPG

 

お持ち帰りはダメなのです

 

IMG_4700.JPG

 

へんなヘラサギ

 

IMG_4702.JPG

 

シロクジャクがおっちゃんに愛の表現。

 

IMG_4705.JPG

 

なぜに?

 

IMG_4709.JPG

 

オオハナインコのメス

 

IMG_4710.JPG

 

こっちはオス

 

IMG_4711.JPG

 

なんかヤバそうなやつです。

 

 

おおお、背が低い

 

IMG_4713.JPG

 

立ち上がったら大きくなりました。

 

IMG_4714.JPG

 

動かざること山のごとし

 

IMG_4717.JPG

 

ではありませぬ。

 

IMG_4725.JPG

 

ここのハシビロコウも動きまくってますがな。

 

 

動画の頭に甘えるときに出すクラッタリングってパカパカ音が入ってます。

 

次の部屋は

 

 

オオハシとトキの広場

 

DSC02316.JPG

 

南方の水鳥

 

 

きれい好きのフラミンゴ

 

なんかベタ慣れです。

 

IMG_4721.JPG

 

餌待ちの鳥ども

 

IMG_4726.JPG

 

オオハシ

 

IMG_4728.JPG

 

メッチャ手乗りですがな

 

 

外に出ますと

 

IMG_4750.JPG

 

黒鳥ですね

 

4761.jpg

 

エミューは

 

 

なかなか

 

IMG_4754.JPG

 

迫力満点です。

 

 

こわいし

 

IMG_4759.JPG

 

ヘビクイワシですがな。

めずらしい

 

IMG_4764.JPG

 

ここのペリカンは

 

 

餌をやれるのです。

 

IMG_4767.JPG

 

恩を感じているのでしょうか。

ついてきます

 

IMG_4776.JPG

 

ペンギンとたわむれ

 

4742.jpg

 

超特大、ユーラシアワシミミズクと

 

31.jpg

 

記念写真をとったら

 

DSC02332.JPG

 

ショータイム

 

DSC02339.JPG

 

注意事項は

 

DSC02342.JPG

 

鳥を驚かさないことと、過剰に期待しないでとのこと。

どうぞ期待しないでお楽しみください。

 

 

なかなかのゆるさのショーでした。

 

DSC02322.JPG

 

花鳥園ですから花も楽しまないと。

 

 

この雑誌はどこに?

 

IMG_4779.JPG

 

週刊オカメは売り切れでした。

 

 

 

JUGEMテーマ:動物園



信仰ってなあに

たいていの場合が思い込みです。

 

別の言い方をすれば、 思い込みでしか成立しない わけの分からない宗教が多いということです。    

 

祈ったり、 お金をだしたりして 願いがかなう、 もしくは 死後に良いところに往ける などといった考え方は まさしくこれに当てはまります。

 

そう信じた人の心の中でしか 成立しません。

このような教えは、

その教えに対する疑問も許してはくれません。

「おまえの信仰が足らないのだ」

とか

「その疑いの心が最大の悪なのだ」

などと言って、 思い込みを強めさせます。

 

そして考えることを 止めさせるのです。

 

そうなってしまえば、 その人は自己を完全に見失っています。

これをマインドコントロールと言うのです。    

 

これは、

「他の者よりも幸せになりたい」

とか

「他の者よりもすぐれた能力を持ちたい」

と言う人間の欲が生み出した結果です。

 

他の者と比べることでしか 生きる価値を見いだせない人は、 遅かれ早かれ その様な詐欺集団に だまされる可能性があります。

 

他人や他のもののせいにして責任逃避したがる人などは、 典型的な例です。

運命や偶然、神秘的な力みたいな非現実的なもののせいにしたり、占いや呪い、おふだなとにたよったりする人のことです。

自分の人生なのに、自分で決めることを放棄してしまってます。

 

本当の信仰は、 自己を振り返ることが出来るものです。

他と自分を比べる事を止め、 他の者よりも良くなりたいと思ってしまう 欲のかたまりである 自分を見つめなおす事、

自己反省をうながす事が 信仰なのです。     

 

信仰は 思い込みでは有りません。

自己を振り返る事です。

 

 

 

人生の主人公は自分しかいないんです。

主人公を放棄するのは自己を失うことです。

 



ニフレル

1970年、

「こんにちは こんにちは」

と世界だけでなく、地球を飛び出し月の宇宙まで挨拶しまくった、さくらの国のみどりの丘。

 

IMG_4211.JPG

 

大阪万博跡地は

巨大なショッピングモールexpocityとなっているのです。

 

IMG_4216.JPG

 

巨大ピカチュウはおるわ

 

IMG_4222.JPG

 

リアルガンダムはおるわ。

夢の楽園となっておるのです。

 

 

その駅側にあるのが

 

 

nIFREL

 

 

「にふれる」

って

「に、ふれる」

意味だそうです。さわられんかったぞ

 

 

まずは色にふれるコーナー

 

IMG_4225.JPG

 

なんだこの七五調の説明は

 

IMG_4227.JPG

 

なんですって、毒舌俳句の夏井いつきセンセーが講評して選ばれた俳句なんですって!

 

IMG_4228.JPG

 

なんだかステキな作品に見えてきました

 

IMG_4229.JPG

 

ちなみに才能なしの私が毒を吐いてはいけませぬ

 

IMG_4230.JPG

 

俳句ではないのです。

魚の特徴を

 

IMG_4231.JPG

 

七五調に

 

IMG_4233.JPG

 

説明された文章なのです。

 

IMG_4236.JPG

 

タコクラゲ

 

IMG_4238.JPG

 

おねーちゃんがお掃除している水槽は

 

IMG_4239.JPG

 

魚が怒ってます

 

IMG_4241.JPG

 

イソギンチャク

 

IMG_4242.JPG

 

カクレクマノミ

 

IMG_4243.JPG

 

シーアップル

って、なんか珍しくないぞ

 

IMG_4244.JPG

 

海遊館監修の水族館って聞いたけど・・・

 

IMG_4245.JPG

 

とりあえずは俳句・・・じゃなくって、形が七五調になってる説明を味合いながら

 

つぎはわざにふれるコーナー

 

IMG_4248.JPG

 

マダコ・・・

 

IMG_4249.JPG

 

ですか

 

IMG_4250.JPG

 

うねうね

 

IMG_4251.JPG

 

これがナッちゃん一押しの才能あり特選作品だそうです。

 

IMG_4252.JPG

 

カイカムリは・・・

 

IMG_4253.JPG

 

オジサンって・・・

 

IMG_4258.JPG

 

なんなんでしょうか

 

IMG_4261.JPG

 

そのへんにいる

 

IMG_4262.JPG

 

魚のオンパレードやー

 

IMG_4263.JPG

 

ヨツメウオには

 

IMG_4264.JPG

 

水面からめっちゃ睨まれるし

 

IMG_4267.JPG

 

カブトはコケコケ

 

IMG_4275.JPG

 

フリソトデエビってあんた

 

IMG_4276.JPG

 

シャコはうちの水槽の中で暴れとるし

 

IMG_4278.JPG

 

ゴンズイはその辺におるし

 

IMG_4279.JPG

 

ガラッパは動かんし

 

IMG_4282.JPG

 

イカは浮いてるだけやし

 

 

なにかにふれたということで、

奥に行きますと、おおお、

 

IMG_4287.JPG

 

なんてわかりやすい展示

 

IMG_4290.JPG

 

トラフザメがナポレオンと入ってます。

 

 

ということでつぎは

すがたにふれるコーナー

 

IMG_4294.JPG

 

おお、ビーズで展示ってあたらしい。

 

IMG_4299.JPG

 

毒って、これは形のほうやん

 

IMG_4301.JPG

 

奥から出てこんし

 

IMG_4302.JPG

 

これはダイビングで会いたい魚です。

 

IMG_4303.JPG

 

こいつら自然界ではどんな食生活なんでしょうか

 

IMG_4305.JPG

 

こいつは南方出身のくせに冷たい水をこのむんです

 

IMG_4308.JPG

 

へー、珍しくない魚なんですけど、脱皮するんだ

 

ということで、次はなんなんだ

暗いし

 

IMG_4318.JPG

 

空間アートですって

 

IMG_4324.JPG

 

光のシャワーが降り注ぐんですって

 

 

うーん、芸術はバクハツだ

 

 

ということで、みずべにふれるコーナー

 

IMG_4326.JPG

 

しくしく、いまだひとつもふれてはいません。

 

IMG_4331.JPG

 

さかさなまずって・・・

 

IMG_4333.JPG

 

リーフフイッシュ・・・

 

IMG_4336.JPG

 

ペットショップで

 

IMG_4340.JPG

 

見れるもんばっかりやー!

ムっとしながら奥に行きますと、おおおおおおお

 

IMG_4345.JPG

 

失礼しました。

これは簡単にはみれませんね

 

IMG_4348.JPG

 

なかなかのサイズのイリエワニ

 

IMG_4351.JPG

 

展示の仕方が粋です

 

IMG_4353.JPG

 

めっちゃ間近に感じます

 

IMG_4356.JPG

 

ホワイトタイガー

 

IMG_4359.JPG

 

世界三大珍獣のコビトカバ。

近いし

 

 

んで、奥に行きますと

 

IMG_4369.JPG

 

放し飼いやん。

 

IMG_4372.JPG

 

ペリカンが

 

IMG_4374.JPG

 

カピバラが

 

IMG_4375.JPG

 

同じ空間で

 

IMG_4377.JPG

 

変なのと一緒におるし

 

IMG_4378.JPG

 

お互いに

 

IMG_4381.JPG

 

なんの干渉もないそうです

 

IMG_4382.JPG

 

天井からは尻尾だけがぶら下がってるし。

ワオキツネザルはお昼寝中だそうです

 

IMG_4383.JPG

 

放し飼いであって、おさわりは禁止

 

IMG_4384.JPG

 

なるほど、こいつやりたい放題なんですね

 

 

コツメカワウソは

 

 

隔離されていました

 

IMG_4385.JPG

 

通路の横にこんなのがごろごろ

 

IMG_4389.JPG

 

めっちゃ寝とるし

 

IMG_4393.JPG

 

エボシドリとペンギンがケンカしないんですね

 

IMG_4394.JPG

 

お客さんが近づくと

 

 

係員が注意してきます。

 

IMG_4397.JPG

 

立入禁止に行ってしまいました。

 

IMG_4398.JPG

 

おお、こいつも起きてきました。

 

IMG_4400.JPG

 

近いだけでふれることは許してくれませぬ

 

IMG_4423.JPG

 

悔しいので岡本太郎にふれてから帰りましょう

 

 

IMG_4442.JPG

 

日本一の巨大観覧車、

 

IMG_4429.JPG

 

オオサカホイール

 

IMG_4431.JPG

 

太陽の塔が

 

IMG_4441.JPG

 

どんどん小さくなってきます。

 

 

130m、ここまで高いと暴力です。

 

IMG_4216.JPG

 

ピカチュウはバクハツです。

 

 

JUGEMテーマ:水族館

 



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座