幽霊を見たんだけれど

  • 2018.09.30 Sunday
  • 23:30

「わたしは幽霊を見た。 しかもハッキリと。」

 

こんなことを言われる方も いるかも知れません。

幽霊を見た、イコール幽霊が存在する。

 

そんな考え方がある一方、 もう一つの考え方があることを知っていますか?

それは、心理的、 精神的、もしくは依存的な考え方です。

 

幽霊を見た人の、その時の 状況、 環境、 精神状態、 これらに、かなりの統一性があるという事です。

はっきり言ってしまえば、 精神状態によっては、 存在もしない幻を、見てしまうことが ありうるという事です。

 

 

情報を確認するのは脳です。

情報は視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚という形で手に入れます。

視覚は情報の一つです。

情報は処理は経験や思想などに影響されやすいです。

その情報は感情によって変化することも多々あります。

 

幽霊は心の中の 悲しみ 苦しみ 情念 などによって生み出されるものです。

 

自分の心を、幽霊という、自分以外のもののせいにしないでください。

 

DSC_0416.jpg

 

自分の人生から逃げないで下さい。 あなたの悲しみ、苦しみ、情は あなたのものです。

 

 

JUGEMテーマ:見えない世界の真実

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM