にくにくにく

  • 2018.05.20 Sunday
  • 13:51

 

若き頃、六本木で高いお肉屋さんでごちそうになった時

 

DSC_3316.jpg

 

「美味しい肉は焼いてはいかん、生で食べなさい」

というご指導を受け、生で食した覚えがあります。

お店の方はめっちゃ嫌な顔をされていたのを記憶しております。

 

DSC_3317.jpg

 

時代が変わって、

「生肉を食することまかりならん」

とのお上からの御達し。

生肉禁止のミコトノリが奉じられたのです。

 

1420195912229.jpg

 

でも、そこはそれ、牛肉は生焼けが美味しいものです。

 

2017-07-29.jpg

 

レア、などという

 

DSC_1605.jpg

 

黒焦げの肉は食したくないのです。

 

DSC_1148.jpg

 

血が滴るようなことはありませぬ。

したたったら腐ってます。

 

DSC_1517.jpg

 

昔、学生の頃にあるお肉屋さんで一キロのステーキを頼んだら、

そこのおねーさんが焼き方を変えながら、ちょっとずつ出してくれるというステキなご指導をしてくれたのです。

 

DSC_2184.jpg

 

スタートはロー

今は食べれない生肉です。

 

DSC_3282.jpg

 

そっからブルー。

これがうまかった。

 

 

DSC_2698.jpg

 

ブルーレア

レア

ミディアムレア

ミティアム

 

DSC_2479.jpg

 

だんだんと肉の味がしなくなったのです。

 

DSC_3468.jpg

 

牛さんのお肉はブルーでお願いしたいものです。

でも、

「なんですかそれ」

って言われることも多々。

しくしく、レアでお願いします。

 

ちなみに自分で焼く時は

 

 

焼き方はお店によって変えてくださいね。

 

JUGEMテーマ:肉類・肉料理

この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM