五行山 マーブルマウンテン

0

    朝です。

    帰国の日です。

     

    IMG_1892.JPG

     

    最後の日はマーブルマウンテンに登るのです。

     

     

    ホテルの朝ごはんは、やっぱりフォーなのです

    昨日、空港からの送り迎えをしてくれたジェットくんの情報で

     

    IMG_1897.JPG

     

    ホイアン近辺では緑のタクシーがトラブルが少ないと聞いていたので、緑を頼むのです

     

    IMG_1899.JPG

     

    なるほどメーターなのね。

    でも、こっちのお金は桁がデカイから

     

    IMG_1900.JPG

     

    どれが距離やら、どれが値段やらがわからんからドキドキですがな

     

    IMG_1901.JPG

     

    見えてきました

     

    IMG_1902.JPG

     

    山全体が大理石なのでマーブルマウンテン。

     

    IMG_1906.JPG

     

    五行山なのです

     

     

    IMG_1908.JPG

     

    孫悟空が五百年閉じ込められた山の名前ですが、それは韃靼国。

    こっちは海岸側に切り立った五つの山の総称ですって。

     

    IMG_1909.JPG

     

    なかなか険しそうな山の上に

     

    IMG_1911.JPG

     

    仏塔が見えます

     

     

     

    おおお、中腹までエレベーターが。

    乗せてください。

     

    IMG_1912.JPG

     

    大理石なんですね

     

    IMG_1913.JPG

     

    かなり高いところです

     

    IMG_1914.JPG

     

    この塔も

     

    IMG_1915.JPG

     

    庭石も

     

    IMG_1916.JPG

     

    お堂も

     

    IMG_1917.JPG

     

    初転法輪も

     

    IMG_1918.JPG

     

    全部大理石

     

     

    ここ、地図見てもよくわからん

     

     

    IMG_1919.JPG

     

    迷路ですがな

     

    IMG_1920.JPG

     

    この迷路のような作りが利用された時代があったみたいです

     

    IMG_1921.JPG

     

    この山の歴史には

     

    IMG_1922.JPG

     

    戦争も深く関わっているそうです。

     

    IMG_1923.JPG

     

    南ベトナム解放民族戦線

     

    IMG_1926.JPG

     

    ベトコンって言ったほうがわかりやすい人もいると思います。

     

    IMG_1927.JPG

     

    隠れ家的な場所になってたそうです。

     

    IMG_1929.JPG

     

    戦争の傷も多く残ってます。

     

    IMG_1931.JPG

     

    この奥に天井に穴が空いているんです。

    ベトナム戦争のときに、米軍の砲弾が直撃して空いた穴だそうです。

     

    IMG_1932.JPG

     

    でも、いまは天井から入ってくる光が美しいとされている観光スポットになっています。

     

    IMG_1934.JPG

     

    戦争をこえた平和がここにはあるんですね。

     

    IMG_1935.JPG

     

    お寺でお参りしてました。

     

    IMG_1936.JPG

     

    お参りの方のなかにも枯葉剤の影響の方かと思われるおじいちゃんおばあちゃんがおられました。

     

    IMG_1937.JPG

     

    70年代なんですものね

     

    IMG_1938.JPG

     

    当時の方々がいらっしゃる国なんですものね。

     

    IMG_1939.JPG

     

    その方々にとって見れば聞いた話じゃないんですものね。

     

    IMG_1940.JPG

     

    この洞窟は

     

    IMG_1941.JPG

     

    ドン・フェン・コンというそうです

     

    IMG_1943.JPG

     

    観光の方々や

     

    IMG_1944.JPG

     

    お参りする方々

     

    IMG_1946.JPG

     

    仏像が

     

    IMG_1945.JPG

     

    高いところにいらっしゃいます

     

    IMG_1948.JPG

     

    観光と

     

    IMG_1949.JPG

     

    仏事が

     

    IMG_1951.JPG

     

    両立している場所です

     

    IMG_1952.JPG

     

    色んな国の方がいらっしゃいます。

    もちろん

    ベトナムの方とアメリカの方が同じ空間で、ともにいらっしゃる空間なんですわ。

     

    IMG_1956.JPG

     

    迷いに迷って

     

    IMG_1958.JPG

     

     

    頂上に

     

    IMG_1959.JPG

     

    向かう道を見つけました

     

     

    IMG_1960.JPG

     

    この石段の向こうが

     

    IMG_1963.JPG

     

    五行山

     

    IMG_1965.JPG

     

    最高峰です

     

    IMG_1967.JPG

     

    アヂア巨大独裁大国ともめまくってる、南シナ海の青い海!

     

     

    IMG_1968.JPG

     

    ベトナム戦争の激戦地域にもアメリカの方もたくさん訪れてます。

     

    IMG_1973.JPG

     

    すくなくとも今回ウロウロした中では、直接の戦争経験者が多く残ってるベトナムで、米に対する敵対意識を感じることはなかったです。

     

    IMG_1974.JPG

     

    正午近くになると

     

     

    米軍が打った砲弾直撃の穴から美しい光が入ってきます。

     

    IMG_1976.JPG

     

    そこにはアメリカの方もたくさん訪れています。

     

    IMG_1979.JPG

     

    未来志向ってどういうことなんでしょうね。

     

    IMG_1980.JPG

     

    すくなくとも直接経験者以外の

     

    IMG_1984.JPG

     

    戦争を直接知らない世代が、

    われわれの祖先は被害者だ。

    加害者の子孫は責任を取れ。

    なんてのは違うと思いますし、加害者扱いされても不愉快ですから、戦争を知らない子供たちは来ないと思いますわ。

     

    IMG_1986.JPG

     

    私が回ったところだけの話ですが、反米感情を感じることがありませんでした。

     

    IMG_1987.JPG

     

    ベトナムはアメリカと経済的にも軍事的にも結びつきが強くなってるそうです。

    過去にしがみ付いている近隣巨大国家とその腰巾着国家に立ち向かうという理由もあるのでしょうが、被害者意識から脱却して未来に向かってるんでしょうね。

     

     

    たぶんなんですけどね

     

    IMG_1991.JPG

     

    さあ、あとは名物を食して帰りましょう。

     

    IMG_1993.JPG

     

    ランタンの街、ホイアン名物

     

    IMG_1997.JPG

     

    ホワイトローズ

    こっちの蒸し餃子っぽいものです

     

     

    太い!

    カオラウです。

    フォーの太いやつをベトナム醤油でいただくのです。

     

     

     

    揚ワンタン

     

     

    忘れちゃいけない生春巻き。

     

     

    象耳魚。

    なんと熱帯魚のオスフロですがな。

     

     

    うちの水槽に泳いでるのとおんなじだし。

     

     

    泣きながら食べると、なんか美味しいし。

     

    IMG_2003.JPG

     

    昨日の夜はたくさんの人でしたが

     

    IMG_2026.JPG

     

    今日は静かです

     

    IMG_2027.JPG

     

    祭りのあとなんですね

     

    IMG_2001.JPG

     

    生活感がただよってきます

     

    IMG_2006.JPG

     

    ただ

     

    IMG_2007.JPG

     

    川に流したランタンがゴミとなっちゃってます

     

    IMG_2008.JPG

     

     

    この国は戦争を乗り越えて、しかもそれにしがみついてないんですわ。

    ステキな国です。

     

     

    しまった、ことしは海に行ってない。

    ダイビングしわすれた。

     

     

     

    JUGEMテーマ:ベトナム


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent trackback

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM