一時間で疲れる相手が一生なんてもつわけがない

  • 2018.01.21 Sunday
  • 00:10

デートの後にクタクタになることはありませんか。

何回あっても疲れる。

自分をカッコつけたり背伸びをしないと会えない相手とか、意見を合わせて気を使わないと機嫌を損ねる相手。

そんな付き合い方しかできない相手って、メチャメチャ疲れますよね。

疲れるようなデートしかできない相手は、共の世界には生きることができません。

一時間一緒にいて疲れる相手と、一生一緒にいるなんて不可能です。

 

どんなに愛の言葉を囁いてくる相手でも、自分の持っている価値観や生活のルーティンを押し付けてきて、そっから逸脱したら機嫌が悪くなったり怒り出したりする人はしんどいものです。

それって愛じゃなく、ただの独裁欲ですしね。

 

もしも出会いの前から大切にしているルーティンがあったとしても、それは自分のものであって相手に押し付けるものではないです。

相手に負担になるものであるならば、自分でやればいいんですね。

それに参加してくれるかどうかは相手が決めることです。

 

人生をともに暮らすのと、相手の人生を束縛するのとは違います。

自分の人生の主人公は自分です。

相手の人生の主人公にはなれませんし、相手の人生のドラマを取り上げることもできません。

生きてきた文化も価値観も違う二人が新しくともに暮らすのですから、カルチャーショックが起こるのはあたりまえですよね。

新しくともに暮らす中で新しい生活のルーティンが作られていくのであって、それは二人の価値観によって作られていくものです。

 

やっと見つけた人が自分の理想の人であったとしても、本当にその理想がその人の姿なのか。

自分の想像の価値観にその人を押し込んでいるだけではないのかいな。

 

あなたの押し込んでいる理想世界からはみ出した行動を見つけたときに

「そんな人とは思わなかった」

なんて言っても手遅れです。

 

あなたの理想に当てはまった

「そんな人」 

なんて最初からいなかったのです。

 

嫌われてしまうかもしれないから相手の言うことを聞かないと壊れてしまうかもしれない。

そんな状態が一生持つわけがないですし、そんな関係を我慢して続けたとしても、ものすごくもろいものです。

雨が降っても地が固まらないうちに家庭崩壊してしまいます。

 

自分の思い通りにならない事を孤独なんていいません。

自分以外の人が思い通りにならないことが普通の状態です。

 

ともにケンカができ、ともに笑える、そして一緒にいると安心できる相手。

もしかしたら理想の人と思っている人物像とは真逆の人がそんな人かもしれませんね。

 

 

 

嵐の日はともに耐えて、晴れを待ちます。

晴れたらともに歩み出します。

どんなに険しくても道は続くんです。

 

 

JUGEMテーマ:人間関係

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM