こんどは中性子星かい

  • 2017.10.22 Sunday
  • 00:00

世界中が重力波のカケラを探しまくってたのに、見つかったら次から次と見つかるってどないなっとんねん。

ブラックホールの衝突なんて信じられないものを二年前に観測して、今年ノーベル賞までゲットしたのがついこの間。

 

次は中性子星同士がぶつかったのを観測したってんですからすごいですね〜。

 

ブラックホールは重力波以外の情報をくれませぬ。

光までも飲み込む天体ですから、当然と言えは当然です。

見えない観測に成功したんですね。

 

今回は中性子星。

重力波以外にガンマ線バーストが捕らえられましたから、見える観測に成功したのです。

しかもそれだけではないのです。

 

 

宇宙誕生から38万年後ぐらいで水素とヘリウムがでけたらしいですわ。

とりあえず軽い原子しかなかったんですね。

そっから恒星による核融合で、重たい原子が生まれていったんですけど、太陽クラスでも鉄までしかできないんですわ。

鉄は原子番号26。

 

そっからさきの重たい原子は星の最後、超新星爆発なんかでてきたって説でありんした。

説でしたのよ。

 

 

今回、キロノヴァっていう爆発現象も観測されたのです。

なんと鉄より重い重元素がぶちまかれたのが観測されたってんですね。

これってスゴイことなのです。

重原子ができた瞬間が見えたんです。

何がスゴイって、欲の塊、金やプラチナもこれで生まれたんですがな。

 

このキロノヴァ、爆発の光が生まれたばかりの重原子に吸収されちゃうんですわ。

光が吸収されちゃったら何もわかんなくなってしまいます。

爆発の瞬間から短い間を逃すと観測不可能になっちゃうのです。

そのタイミングを教えてくれるのも重力波なんですね。

重力波観測の報を聞き、世界中の名だたる観測機がその方向を向いたからこそ見ることができたんですね。

 

このことにより、アインシュタインの予言の証明も同時にされました。

重力波の速度が光と同じということも確認されたんですね。

 

とにかく重元素が生まれる現場が観測されたのはごっつい事なのです。

 

これって重力波発見よりも大快挙だと思うのだが、

 

チミはどう思う?

 

いえいえ、ただの理科好きのタワゴトなのは分かってますから、白い目では見ないでくだされ。

 

 

JUGEMテーマ:科学

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM