だるまさんがころんだ

  • 2017.10.15 Sunday
  • 09:14

今年のノーベル物理学賞は想像通りの、重力波の初観測で決定でしたね。

アインシュタインの最後の宿題が解決したんですものね。

しかも不可能とされたブラックホールの直接観測、合体という宇宙大イベントまでもをとらえたという快挙までやり遂げたんですから、当然といえば当然でしたね。

一般相対性理論の最後の宿題は見事に果たされました。

 

 

残る物理学の壁、量子論のナゾも理論的には解決に近づいてきました。

目を離した途端に存在が不確かになるという、不確定性原理というナゾも解決するかもしれませぬ。

科学で全てのものがわかるわけではないという最高の事例、不確定性原理ってなんじゃいな。

時速三十キロで走り続けたら、二時間後には何キロ先にいるでしょう?

暗算でもできますね。

 

 

ところが原子の世界では電子の位置を確認したら、運動量がわかんなくなってしまうのです。
電子の位置を確認したら、止まって見えるのです。
止まってるものの速度はわかりません。
動いているはずなのに速度がわかんなくなってしまうのです。

 

 

 

速度を確認したら位置がわからんようになるのです。
場所はわかりませんが、こっからそこまでのどこかにあるってのはわかるってんですね。
つまりは場所によってのいる可能性の確率が、低いか高いかしかわからんってんですわ。

 

 

 

電子は動いているんですけど、観測した途端に止まるんですわ。
見た途端に動くのをやめるんですね。
だるまさんがころんだの達人なのです。

 

 

 

あきらめみたいな原理ですが
電子の運動量を測定すると場所がわからん。
場所を測定すると運動量がわからん。
もっとわかりやすく言うと、電子は正確に測定できないって話です。

 

 

 

それがハイゼンベルグの不等式。
εq ηp ≧ h/4π
位置の誤差やら運動量の乱れ、つまりは不確定が最初から式に入ってるから、わからんものはわからんってことを説明してるらしいですけど、よくわからんし。

 

 

 

とりあえずはこれが科学の限界・・・・

 

 

 

うんにゃ、

じつは位置と運動量を同時に確認できる不等式を提唱した方がいるのです。

 

 

 

εq ηp + σq ηp + σp εq ≧ h/4π
よくわからんけど、ハイゼンベルグよりなんか増えてるし。
もともとあった量子のゆらぎを式に増えたらしいですわ。
だからなんやねん。
だからすごいらしいです。

 

 

 

量子の世界で、位置と運動量を同時に捉えるなんてことは不可能とされてきたのです。
それを明らかにする不等式を提唱した方は中部地区に走る、ノーベル街道の太平洋側、名古屋大学におられます。

 

 

 

この不等式の名前は「小澤の不等式」
電子の位置と運動量を同時に確認できるという、量子論では不可能とされたことを可能にした、魔法の不等式なのです。
名古屋大学の数学者の小澤正直さんが2003年に提唱されていたのです。

 

 

 

理論物理学は世界中のイチャモンを乗り越えて、証明されて認められます。
それがクリアされればノーベル賞。
でも、理論物理学のノーベル賞受賞は、南部さんやヒッグスさんの例の通り、証明されるのもなかなか時間がかかります。
命尽きるまでに受賞してほしいものです。

 

 

 

 

 

 

今見ているものから目を離すと、そこには何もないかもしれませぬ。
二度見したとたんに、もとに戻っているので気付いてないだけなのです。
そんなことがありうるのが量子の世界なのです。

 

 

 

JUGEMテーマ:科学

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM