宗教ってなあに

  • 2017.02.19 Sunday
  • 00:22

あなたにとってかなめの教えのことです。

 

それは、宗教法人法に適用されているか、いないかは 関係ありません。

あなたの人生にとって 一番たいせつな教えがあなたの宗教です。

 

宗という字を辞書で引くと

「おおもと、かなめ」

と出てきます。

それが宗教です。    

 

いま、色々の新興宗教や、 倫理団体が、 家の宗教と両立できる、とか

もしくは 我々は宗教団体ではないといって 勧誘をすすめていますが、

かなめの教えが その人にとって 二つも三つもあるはずがないのです。

 

かなめの教えが 二つあれば それは両立などありえないのです。

あなたが 自分にとってすばらしいと思われる 教えがあるならば、 他の教えをすてて下さい。

 

それは宗教法人法に適用されているかいないかは、 まったく関係ありません。    

 

ただし、宗教は 生きていく為の教えでなければなりません。

自分の心の中を見つめなおすことが出来る教えでなければ 宗教の意味がありません。

 

どんなにきれいな言葉を使っていても、自分だけが正しいと思ってしまえば自分を見失なってしまいます。

自分の自由と責任を見失ってしまう。

自分の罪の意識をないものにしてしまう。

自分がされたら耐えられないことを他人に平気でしてしまうようなことを正当化してしまう。

こんな教えをかなめとしてしまえば、自分がなくなってしまうだけです。

自分を偽るために利用するようなものは、自分を孤独におとしめるだけです。

 

 倫理道徳感を高めて、 じぶんが他の者より すぐれているといった 勘違いを勧めている教えは 聞くに値しません。

かぎられた条件の者だけが 死後にすばらしいことがある なとどいったことを うりものにしている教えは 論外です。

 

気を付けて下さい。

 

自分を偽っている限り、安らぎの心はありませんね。

 

 

春は冬をこえてやってきてくれます。

 

 

JUGEMテーマ:宗教

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM