始皇帝と大兵馬俑は なまめかしい響きとともに

  • 2016.10.01 Saturday
  • 21:13

今年も10月になってしまいました。

 

 

めっちゃ曇り空のなか、朝一で到着した国立国際美術館

 

 

一番だとすいてると思ったのに甘かった。

 

 

目的はこれ。

 

 

無理無体に時間を作ってやってきました。

 

 

特別展「始皇帝と大兵馬俑」

 

 

当日券買うのも一苦労。

 

 

地下でお待ちしてますぞって、埋まってたやつに言われるし。

 

 

なるほど地下が展示場なのね。

 

 

音声ガイドですって

 

 

520円ですって。もったいない。

そんなものはいらん。

知識は小説とマンガで勉強しているのだ。

 

 

なになに、音声ガイドのナビゲーターが・・・

 

 

だ、ん、み、つ!

これはお勉強させてください。

520円なんて安いものではないですか。

 

 

ということで、内部は撮影禁止。

当然ですわね。

 

 

壇蜜さんの素敵なお声に酔いしれて、身も心も洗われるようでした。

 

 

最後に撮影できるレプリカが。

 

 

こんなのが土の中に2000年以上眠ってたんですね。

 

 

自分の死後に作り物の国家を求めた始皇帝。

 

 

求めたものがこれだったのでしょうか。

 

 

 

若き王の願望は、中華統一が成立したのち、曲がっていったんでしょうか。

死後は部下に遺詔を握りつぶされ、子供たちも殺され、国も滅ぼされました。

 

 

若き始皇帝、嬴政の思いは、老害とともに変化したのかもしれませんね。

大きいものは腐りやすいですからね。

 

 

ちなみにこの催し物、明日までです。

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM