二日目はトリガーに襲われました

  • 2016.02.07 Sunday
  • 09:14
朝です。

ヒンドウの神様も輝いてます。

ダイビング日和です。
ということで今日も遠いの?

車で一時間ですって。

ステキな港町

南っぽいレストランが休憩所ですって。

でも二本終わるまでは船の上。



今日はバンカーボートですってよ。


航海時間は10分。近ッ!

海から陸を見ますと溶岩です。
やっぱり火山の島ですね。

ということで一本目。

ポイント名はブルーラグン。
シクシク、やっぱり透明度が悪い。


ブルーちゅうよりもグリーンやがな。




生き物の数はハンパないです。



ここにもイカが



タツノオトシゴ


ソメワケヤッコ



海のボクサー








シャコ


トランペットフイッシュ



ハリセンボンは



追っかけたけど



つかまりませんでした。



かわいいハコフグ



ハギをみながら安全停止.....って、



内容がなさすぎやー。



シクシク、激安旅行でダイビング4本付き、レンタルオール無料で文句を言ってはいけませぬ。



このありえないスチェーションが味わえることが一期一会なのです。
フルーラグンってこのホテルの名前みたいね。




27度 潜水時間44分  最大深度24.4m  平均15.7m


んでもってバンカーボートで揺られながら休憩取ったら

二本目です。
ゲゲゲ、ますます透明度がない。
ポイント名はjepun。


なんでしょうか



沈船ですね。



昨日に比べたらちっちゃいしー。



インストラクタが指さすものは


カミソリウオ



ですね。



サンゴアマダイかな



ハコフグ



ホホスミタルミ



めっちゃメンチ切ってくるフグ。


珍しいやん



クマドリカエルアンコウ。
サンゴの隙間から出てきてくれませぬ



タテキンが逃げていきます。



りっぱなミヤコテングハギ。

遠くに


やばいやつがいます。


危険生物ゴマモンガラ。
ヤ○ザより恐い。

自分の縄張りに入ってきたものは大きかろうが小さかろうが関係ない。
どんなものにも猛スピードで体当たり。
鋭い歯で噛みついてきます。

クワバラクワバラ。
君子危うきに近づかず。



どこにてもいるモンツキハギ



どこにでもいるチョウチョウオ


りっぱなカリフラワーサンゴ。


流れが当たってるほうは



触手が出まくりですね


エイだエイだ。


マンタではありませぬ。




深みに逃げていくのを見ていたらスタッフがパニックに

なに?

ギャー



あんたどこにいたの


モンガラの英名はトリガーフイッシュ。

トリガーは拳銃の引き金のトリガーなのです
これは私を襲いに来た連続写真なのです。
歯をむき出しで噛む気バンバンですがな。
恐かったあ。

ナワバリに入っちゃった私たちがわるいのです。


出会ったらとにかく逃げることです。
何人かはやられましたが、大けが大事故にはなりませんでした。
めっちゃ一喜一憂でしたがな。



ということで



離れれば大丈夫。


このサンゴの


そばで


五分間の


安全停止。



浅瀬はソフトコーラルが



多いのです。

さあ、

ダイビングは

終わりです。





28度 潜水時間48分 最大深度20.8m  平均13.5m



トリガーのせいで思い出深いダイビングになってしまいました。
レストランに戻って


ナシゴレンを



いただいて

車に乗って



帰るのです。


ヒンドウの神様は帰りも迎えてくれました。
トリガーにはもう会いたくありませぬ。
 





この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM