重力波は捕まるか!

  • 2015.11.17 Tuesday
  • 20:00
物理学の標準理論の最大の謎、ヒッグス粒子も無事発見されました。

標準理論はノーベル賞受賞者をバカバカと生み出してきた、物理学にとって大切な理論です。
多くの天才が予想を立てて作り上げた理論です。
でも、予想は証明が必要なんですね。
多くの物理的発見を積み重ねて、その理論の証明を行ってきたのです。

その重大な役目を担ってきた場所が岐阜県のド田舎の神岡。

ここで物理的大発見が数多くされてきましたのです。
その名もスーパーカミオカンテ。
もともとは原子の中の陽子が壊れる瞬間を観測するために作られたものなんですけど、それは未だ見つからず。
でも、素粒子のニュートリノについてバカバカと大発見を繰り返したスーパー観測機なのです。

ここに新築の望遠鏡がでけました。
その名もKAGRA
望遠鏡と言ってもそんじょそこらの望遠鏡とはわけがちがいますってんだい、ベラボウめ。
大型低温重力波望遠鏡ってわけのわからん望遠鏡なのですだ。
大型ってんですからごっつうおおきいんですわ。
3キロメートルもあります。

ちなみにこいつは光は見れませぬから星は見えませぬ。
何を見るかといいますと、
「アインシュタインの最後の宿題」
と言われてる重力波を見つけ出す望遠鏡なのです。

重力波ってなんじゃらほい。
海を眺めていますと波があります。
波は水面を揺らしながら伝わってきます。

昔、マクスウェルって偉い学者さんが電磁場は波動の性質があるっていう予言をされましたんやわ。
のちにヘルツって偉い学者さんが電磁波の検出に成功されだんですわ。
光も電波も波の性質があることが証明されたんですわ。
波ですから、散乱や屈折、反射、また回折や干渉なんかがおこるわけなんですね。

んでもって、アインシュタインの最後の宿題とは
「重力場がエネルギーと運動量を運ぶ波動となり・・・」
って書いてはったんですね。
つまりは重力は波で伝わるってんですわ。
重力は時空の歪みを作り出します。
その歪みが波となって伝わるってんですね。
この予言はいまだ証明されてません。
つまりは重力波は見つかってないのです。
日本だけでなく、アメリカやらヨーロッパも本気になって探してるけど、見つかってないのです。


原因ははっきりしてますのです。
波が弱すぎるのです。
具体的に言いますと、予想される重力波は10メートルで10の-20乗メートルの歪みです。
わけがわかりませんね。
水素原子が10の-10乗メートルです。
つまりは水素原子の1000億分の一の歪みです。
クオークよりちっちゃいやんけー!
このあるかないかわからんような歪みを見つけ出そうってのがKAGURAなのです。

そのあるないかわからんような歪みを見つけたら何が起こるか。
宇宙の形と、始まりと終わりがわかるかもしれません。

だからなんやねんなんて言わないで下さい。
思い込みや作り話の通用しない自然の真実の姿を見ようとしても、現在の科学力で見れるところまでしか見れないのです。
それも拒否してしまったら、思い込みの中でもがいていた時代と何も変わりません。
思い込みにしがみついていたら何も生み出さないのは、いろんな国が見せてくれてます。
被害者妄想からはなにも生み出せません。
探求は平和から生まれる欲求なのです。

重力波を感知できる可能性のある望遠鏡は、アメリカに2台、ヨーロッパに1台、そしてKAGRAです。
一番乗りなんてケチ臭いことを考えるような奴らには新発見はありません。
これらがネットワークを結んで、重力波が見つかったらいいですよね。

見つかれば・・ノーベル賞は確定ですわ。
この賞も個人に渡す時代が終わりに近づいているような気がします。

奥飛騨の

くまさんは

興味が無いそうです。

 
JUGEMテーマ:科学
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM