まさかまさかのバリカサグだフォー!

  • 2015.02.22 Sunday
  • 10:08
前回、バリカサグに行ったのはいつ頃だったでしょうか。

遥か遠くまで行ったような覚えがありましたが、そこに再び行けることがあろうとは思いもよりませんでしたがな。

ということで

南の島のリゾートホテルの

朝は早い。


南の島のリゾートホテルではごちそうは出ません。


さあ、

乗船です。

バリカサグまでは

一時間ほどとのこと


スタッフクルーと

バカヤロウインストラクターのアーノルドです。
日本人スタッフなんておらんしー。

さあ、これがバリカサグです。

覚えているようなないような。
とりあえずは

懐かしいぞ。

ついたらさっさと飛び込みます。

休みなどはありませぬ。


ダイビングとはそういうものなのです。


サントアレイ

ここは

ドロップオフが

ずっと続くポイントなのです。


とにかく

魚影が

濃いのです。



おおおお、

カメだ

カメだ

カメだ

カメだ。

崖の上は

太陽光線も

まっすぐ

入ってきますから

サンゴも

多くなりますし



明るいから

透明度も上がったような感じになるのです。

アーノルドが南の島の鉄板ネタをやってますがな。

おおお、

カメだ

カメだ。

カメだ。

ここはとにかく

魚影の濃さがスゴイところなのです。

一本目はこんで終わりです。


あり?
われらがバンカーボートに
小舟がたかっとる。
おおお、思い出した。
前回もそうでした。
へんな物売りのオバチャンが乱入してきましたがな。
前回は一人でしたが
なんと今回は二人。
インストラクターが一枚噛んでるのです。
建て替えてあげるから買えって話なのです。
ちなみに値段が高すぎなのです。
おそらく間でピンハネされてるんでしょうね。
もちろん買うもんかー!
かなり粘られましたが、諦めて帰ってくれました。
さあ、今日二本目です。
ブロックフォーレスト

アマモが


あります。
青だ、青だ
ここも魚が多いのはもちろん
種類も
豊富ですわ。
モンガラの手前は
前回も見ました。
ホホスジタルミですね。
何度もいいますが
ここは透明度がスゴイことはないのです。
変なウミウシ
なんかのぞいてる
ハタですね
カメだ。
ブダイです。
ハナビラクマノミ
とりあえず
レイアウト

してみました。
嘘ついても
ハリセンボンは飲めません
写真ですと
青く写ってしまうのです。
この写真のあと
このカメは私に体当りしてきました。
動画で撮りたかった。
ソフトコーラルの
多い
ポイントでした。
アーノルドが
カメの舞を踊りだしましたがな。
さてはこいつに刺されたか。

ということで二本目終了
さあ、ラストダイビングです。
ポイント名はダイバーズヘブン
ドボーン
ちっと流れがあるかな
カスミアジですだ。
カクレクマノミ
パープル

ビューティ
の大群
イナズマヤッコ
こんかいは注意できました。
これカチカチなんですわ。
前回はこれのせいでケカしまくりでした。
たくさんの
魚が
登ってきます。
この中に魚が隠れています
わかりますか
ぐちゃぐちゃに
なって
きました
チョウチョウオも
お別れをしにきたようです。
さあ、浅瀬に行きましょう
浅瀬で安全停止ってのをしないとダメなのです。
安全停止をしないと死んでしまいます。
浅瀬は
サンゴが
たくさんあるのです。

さあ、
おわりです。
これで
地上にもどります
ご飯を食べたら
オスロブに
帰るのです。
一服したら
車で4時間半。
マクタン島に向かうのです。
JUGEMテーマ:フィリピン・セブ
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM