戦うお総菜屋さん、ベルト挑戦

  • 2013.09.24 Tuesday
  • 17:28
JUGEMテーマ:格闘技全般




 とうとうここまで来ました。

戦うお総菜屋さん、昨日シュートボクシング日本スーパーライト級王座決定戦に挑みましたのです。
しかも格闘技の聖地、後楽園ホールなのですがな。


ひらいくんは前日から東京、前日に計量と調印式だったのです。
ラインで送ってきた写真が

これです。
行く前の日もサウナに行ってたので心配してたのですが、計量パスしたもようです。


調印式の写真のようです。相手、ちゃんと正装してるがな。


かなりビックネームばかりの大会みたいですね。
ここにひらいくんが混じってることが不思議なのか・・・それとも遅すぎたのか。
よくわからんけど感無量の写真です。


今回、応援団はかなりの数。

バスで行くのだ。

ゲゲゲ、大渋滞

そりゃ3連休の最終日。混んでないわけがありません。



会場が夕方5時。
試合開始が6時。
ついたのが

なんと6時15分前。
バスの運転手の方はよくやってくれました。ありがとう。


後楽園ホールの入口は人だらけです。


会場入りしたら熱気がムンムン。

ひらいくんはこのビック大会の有名選手の中でセミファィナル。
名勝負を見ながら待つのです。


残り二試合のところで、会場の後ろからひらいくん登場。

この登場の仕方は有名選手でないとさせてもらえないのです。


「おっちゃん、ぼくキックボクシングするわ」
この言葉をクソ生意気なフラフラしたニーチャンだったひらいくんに聞いてから10年近く。
恥ずかしい話ですが、涙が止まりませんでした。


タイトルマッチ宣言と国歌斉唱を済ませて、さあゴングです。

動画はアリマセン。撮影禁止でもあったのですが、この試合、どうしても目に焼き付けたかったのです。

入りからひらいくん、踊りまくってます。
相手がひらいくんのペースにはまりました。
一進一退ではありましたが1ラウンド前半は完全に押してました。

ところがひらいくん、途中からガードが下がりだした。
リズムがのってきたので悪い癖まで出てきたか。

リングサイドまで行って
「ガードが下がってる」
って叫ぼうかと、本気で考えてましたのです。

普通の選手ならば見逃してくれるところですが、今回はタイトルマッチ。
ガードが下がってるところを見逃してはくれませんでした。
たった一発で倒れました。

「起きてこい」なんてことも思えない倒れ方。

結果は
1R2:20 KO
です。


ドクターとスタッフが駆け寄ったので、とってもシンパイでしたが無事のようです。

「ガードが下がってる」
って叫んだってどうにもなるもんじゃないし、リズムで戦うひらいくん。
変な声かけでリズムが壊れる方がよっぽどヤバイ状態になることもあります。
んでも、私自身に後悔が残る試合でした。


北陸の片田舎の無名選手がここまで来たのです。

シュートボクシングの重鎮、シーザー会長も直接声をかけてくださってます。
なにしゃべってたのかは知りませんけど。


ひらいくんは確かに生きざまを見せてくれました。

ありがとう。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM