グリーンウォーター

  • 2008.10.06 Monday
  • 17:11
 
JUGEMテーマ:アクアリウム

太陽光線が直接当たるような環境の水槽は、水がグリーン色になってしまうことが多々ありますのですだ。


植物系のプランクトンが、爆発的に増えちゃうんですね。

これ自体は魚に悪影響はないんですけど、夜になるとヤバイのですだ。
昼間は「光合成」をしてくれるからいいんですけど、夜になると「呼吸」を始めちゃうのです。

つまりは酸欠になってしまい、魚が死んじゃうんですね。
とりあえずはエアーレーションを強くかけるってのが大切なのです。

水を全部変えるのもひとつの手です。
電気をつけないってのも有効です。
メチレンブルーをブチこむってのもある程度は効果があります。
けど、太陽光線が当たるような環境ですと、再びグリーン色になることも多いです。

有効な手段は殺菌灯ですだ。

透明になってくれます。
中古の小型の殺菌灯でも、効果はバツグンでしたわ。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM