ドンソール街中探索

  • 2012.03.07 Wednesday
  • 00:18
JUGEMテーマ:東南アジア
 
マンタ見れず。しかも今回最大の目的のジンベイも見れず。
自然相手。そんなこともありますわな。

とりあえずはホテルでお食事して、

って、これが安いのです。
ドンソールでメニューを見て、0が三つついてるものにあったことがありません。
わては飲みませんから、いっつもワリカンで負けるのですが、ここはジュースよりもビールのほうが安いのです。ワリカン勝ちしてしまうのですがな。

ホテルスタッフは日本語通用しませんから、

左端のアリサに全部通訳をお願いしたのだ。

さあ、アリサよ。マンタとジンベイの復讐だ。ドンソール全部見せろ。
「ストリートファイト見に行く?」
なに、町のケンカだと。嫌いじゃないぞ。レベル次第では参加したいぞ。見せろ。

アリサちゃん、バタバタ二台と案内と運転手3人を用意してくれましたがな。


バタバタでGO。

バタバタを

駐車場に止めまして、

めっちゃ細い路地に侵入・・・ヤバくないか。


うわ、なんか毒々しい雰囲気。メッチャ叫んでますがな。

アリサちゃんはなんか楽しそう。

どうも賭け事のようですわ。
いくら賭けるか聞いてるみたい。

ファイター登場・・・

あり?ニワトリ。

ストリートファィトって闘鶏だったのね。

一週間に1度このフェステバルが行われているそうですわ。

この赤い服のオニーチャンが

アリサの呼んできた案内の人。学校の先生なんですと。メッチャ熱くなって賭けてますがな。

何がスゴイかって、賭けるのは試合前の口頭だけ。
勝ちも負けも、支払いは試合後なのです。負け逃げはないそうですわ。

わてらも100ペソだけ参加しましたがな。

ゴングです。
金が絡んでるからスゴイ騒ぎ。



結果が付くまで止めないんですね。

ここまでやる?
負けたほうは動かなくなりました。
ちなみに賭けは負けましたのですわ。


闘鶏も見終わりまして、

ふたたびスタート。

のどかな風景です。

次はショッピングに連れてけ。

ドンソール川を

渡りまして、

ドンソールで一番賑やか?な。

繁華街?にやってきました。


店が立ち並び、

コンビニも充実。

川のそばで衛生的

移動も簡単なのです。

んでも、買うものない。

街中でのお買い物はあきらめるのだ。




次は

ドンソール川の

下流にある。

浜辺の町に連れて行ってくれるそうなのだ。



なんか

えらいところに来たぞ。

下町なのね。

若者がバスケットに汗を流しているぞ。

おお、海の民の村だわ。

対岸にも

村があるのね。

村の中の子供たちは、
「なんじゃこいつらって感じで見られましたがな」
日本から持ってきたポケモンバッチをあげたら喜んでくれました。

さすが世界に通用するポケモン。

村の奥に、


進んでいきますと

どんよりした小川に出てきました。


ここ行くの?


竹がみしみし言うとる。


あんはん、そこらじゅう割れとるがな。


そろそろとかなり歩きますと

もう道じゃない。

とうとう行き止まりやん。

ありさ、ここなんやねん。

聞きますと、夜になるとホタルがメッチャ見れるところらしいですわ。
こんなところ、夜に来たかねえぞ。

さあ、次はどこだ。

のどが渇いたから

コンビニでコーラを飲むのだ。
なかなかかっこいいコンビニやん。
学校のセンセーが買ってくれたのだ。

バタバタは

海岸線を





走るのだ。




街中を抜けて

牛さんともご挨拶。

自然豊富な世界なのだ。

おおお、

軍人さんだ。
この国もアジアの大国と領土問題でもめてたものね。

このあと

ジンベイと記念写真を撮りまして・・・・シクシク本物と撮りたかった。

日も暮れてまいりましたので。

川を渡りまして


マッサージ屋へ

待ち時間の間に学校のセンセーに50ペソわたして
「お釣りあげるからタバコ買ってきて」
ってお使いを頼んだのだ。
なかなか帰ってこない。
帰ってきたと思ったら、なんかニコニコしてますがな。
タバコ片手にメチャメチャ食べ物抱えて帰ってきましたがな。
ここの物価指数、やっぱりヘン。


マッサージも、一時間まるまるで

600ペソでござんした。
終わればお食事。

ここ安いやん。
それなら、なんか魚がほしいぞ。
聞きますとツナがあるとのこと。
焼いてもってこい。
来たのは切り身じゃないんですわ。
40センチぐらいのマグロの丸焼き。あんなん初めて食べた。ちなみに丸焼き一つ300ペソでしたのよ。

ちなみにマグロなんて丸焼きで食べるもんじゃありません。
バッサバッサですがな。
マスクメロンを皮むいて食べるのと一緒です。
憧れるだけで十分。
やるもんじゃありませんがな。

さあ、おなかも満腹。明日は帰っちゃう。
このままホテルももったいない。
アリサなんか連れてけ。
ということで連れて行ってくれたのは

FIREFLY
おおお、ホタルツアーね。

ここでお金を払うのだ4人ですと一人800ペソなのだ。
ドンソールにしては高いぞ。

真っ暗ですがな。

暗闇に

船は進むのだ。


おおお、なんてきれいなんでしょうか。
んでも、揺れている船の上。わての安物のカメラではこのホタルの光を撮影するすべがありません。

日本のホタルと違って、一つのマングローブの木に群がっているのですわ。
しかも点滅が早い。
まるでクリスマスツリー。

一匹捕まえて見せてくれました。

小っちゃいし茶色い。
しかもこいつら、一年中光ってるらしいですわ。
ずいぶん違うんですね。

ということで動画を探しました。
その名も「fireflies on Donsol 」

んでも、本物はこんなものではないんですわ。カンドーものです。


と、いうことでドンソールの所期の目的とは違いますけど、メチャメチャカンドーの旅行でした。
明日は帰国です。
ホテルは朝の5時に出発なのだ。

さあ帰ろう。
んでもってアリサちゃん、バタバタ二台とアリサちゃん、あと男衆3人の観光ツアー代金はハウマッチ?
4人だから一人頭300ペソですと?
600円ですがな。安いがな。
サービスして500ペソずつ払いましょう。

観光発展途上中のドンソール。
大好きです。


・・・・つづく。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM