ドンソールへの道

  • 2012.03.01 Thursday
  • 10:55

JUGEMテーマ:東南アジア
 
まにらの朝は早い。
早いって言ったってこっちの事情なんですけどね。
四時に

ホテルスタート。
空港に向かいます。

朝早くですけど、人だらけ。

国内線は

キレイなのです。

目指すはレガシピ行のヒコーキ。
そまつな英語やら、ジェスチャーでなんとか場所を聞きまして、

並んだところでモタモタモタ。
でも、

オネーチャンがきれいだから許しましょう。

荷物は重量オーバーで、お金を取られましたがな。シクシク。

手荷物チェックで

モタモタモタモタ。

やっと中に入れました。

このオネーチャンについていけば乗り場がわかるのです。


ここまでくれば安心・・・・ってヒコーキが遅れてるって?
この国はそういう国でした。
タバコをすってまちましょう。

この国の飛行場の喫煙所は金が要るのです。

なんだかんだで

搭乗です。

ちっちやいヒコーキなのだ。

オネーチャンの

説明を聞きまして・・・・何言ってるかわからん。

とりあえず離陸。サラバマニラ。

日が明けたがな。

ルソン島の南東に入りました。

町がない。

よく見ますと

ヤシの木の森ですがな。

なんだかへんな

小山だらけの風景の場所もありますがな。

かなり低くなってきました。

田んぼが目立つようになってきました。

住宅もちらほら

さあ、

着陸です・・・・

スッゲー田舎。

なんか高そうな山ですがな。

この山が有名たってことは後に教えられるのです。
約一時間で

レガシピに到着なのだ。

ゲッ、銃もってる。

こっから車に乗り換え。日本人スタッフが存在しない世界に入ってしまったのだ。

ドンソールに

向かうのです。

めちゃ車が走ってる。

途中の学校では

フィステバルをしてましたがな。

すごいところにきました。

南の

田舎町なのだ。

んでも、

ところどころに町があるのです。

ここにいることに不思議を感じますわ。



細い路地に入ってきました。


どうやら到着したようです。

うぁ、きれい。


ここが目的地ドンソール。


大きな地図で見る


ここでなんと日本語が、
「こんにちわー。」

「ジャパニーズ?」
「ううん、フィリピーナ」
聞くところによりますと、このアリサちゃん、青森の八戸で日本語をマスターしたのこと。
異国の果てで、日本語に会えました。うれーし。
んでも、うれしがってないで早く着替えろって?

荷物は見ててやるから、すぐさまダイビングに出発しろって。
早すぎやしないか?
ヒコーキの到着が遅れたから、予定がメチャメチャ遅れてるってことなんですってよ。
さすが短期間激安旅行。
んだらば

休む暇もなく、ボートは海に出るのですがな。


・・・・・つづく。



この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM