売れない作家は

  • 2011.06.13 Monday
  • 02:28
JUGEMテーマ:ホラー小説・怪談など

知り合いの物書きがいますのです。
本人いわく、「未来の小説家」だそうですがな。
んでも本になったことがなかったのですがな。

ですからわては「売れない日記書き」と呼んでましたのですがな。

んでも、とうとう小説家の仲間入り。
湯菜岸時也
なんと本が出ましたのですがな。

怪談のコンテストに受かっちゃったのですがな。
受賞者のオムニバス本なのですがな。
知り合いのペンネームは
湯菜岸時也
湯菜岸時也
以後お見知りおきを。

怪談話はおもろいもんです。
空想の世界で遊ぶのです。
ちょうどスターウォーズみたいな感覚とおんなじですがな。
ストーリーにワクワクするのですがな。

んでも、空想を現実にしたがるのは別物ですがな。
スターウォーズのように宇宙でこんな戦争が実際に起こっているって思い出したらこれは違いますがな。

ホラーもおんなじ。
スルリとサルスベリを楽しむものですだ。

幽霊話みたいなものなんかでも、事実に基づいた出来事だなんて思い込んだら、ヤバい団体に騙されやすくなってしまいますがな。

空想世界は楽しむものであって、現実逃避の道具にしちゃいかんですわ。

湯菜岸時也
よかったら買って読んでみてみて。
部数が出てないでしょうから、中古は手に入りにくいのですがな。

これで作家さんの仲間入りならメデタシメデタシです。
んでも、日記書きの生活に後戻りの可能性が大の、幻の作家なのですがな。
デビュー作が遺作にならなければいいのですが・・・・
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM