天下一

  • 2011.01.06 Thursday
  • 11:06
JUGEMテーマ:ラーメン

むかーしむかーしのことでございます。
田舎モンが初めて京都で生活。 
諸先輩方々のお話によりますと、京都にはそれはそれは不思議な味をしたラーメンがあるとのこと。
これはひとつ食しに行かなければ。
それが当時は京都の地方ラーメンでしかなかった、天下一品との出会いでごじゃりました。

田舎者の私にとってそれはまさしく青天の霹靂。
「これをラーメンというのならば、いままで食べていたものはラーメンではなかったのか?」
それはそれは驚くばかりの味でございました。
その味に心を奪われてしまいました当時の私。
毎日のようにラーメン屋に通い続けました。
その当時、天下一品の味は一食のみ。あっさりなどという天下一品に似合わぬものは存在もしてませんでした。

そのあと大阪に住むようになって、回数は減りましたが京都に通い、天下一品を食することに迷いはありませんでした。
そんな時に本で見た、東京在住の有名漫画家と有名歌手のコメント。
「無性にあのラーメンが食べたくなったら、新幹線に乗って京都に向かうのです。目的は天下一品だけで。」
うーん、わかる。

そんな私も東京で仕事をすることになり、天下一品からお別れするという断腸の思いを味わう羽目に陥ってしまったのです。

そんな中、業界の方と
「世界一うまいラーメンはなんだ」
という大論争をしてしまう場に出会ってしまいました。
ここは新参者であった私も譲るわけにはいきません。
私にとってのラーメン天下一武道会。
京都でしか食せない天下一品という宝石のような味を、力強く解義したんですがな。

すると意外な情報と意外な反論が。
新宿歌舞伎町に同じ名前の店ができたってんですね。
しかも、
「○○ちゃん、そのメーラン、マズゲーだったよ」
なんというお言葉、そうかこの人はあの高貴な味がわからないんだ。そうなんだ、きっとそうなんだ。

とりあえずめったになかった休みをつかって、新宿歌舞伎町に行きますと、ヘンな兄ちゃんやねーちゃんが声をかけてきますがな。
てめえらには用がないんだ。天下一品はどこだ。
「食べ終わったらウチにきてね。」
とかいいながら、ねーちゃんが教えてくれましたがな。
ありがとう。でも、店にはいかねーよと、心に思いながら、走ってそこに向かいますと、あった。

京都の味、天下一品東京進出って書いてありますがな。
入って、喜び勇んで注文。
ラーメンが出てくるまでの時間が悠久の時間に感じられましたがな。
一口食べて・・・・・・・・・・
ゲロまず。

なんだこれは、似て非なるものではないかいな。
がっかりして帰りましたがな。
おなかが減ってたのですが、ドンブリの底を見る気にもなりませんでしたがな。
そのうちに高円寺にもオープンしたという噂。
そんなに期待しないでいったら・・・・よかった。こっちは京都に近い味でしたがな。

今ではいろんなところで見るようになった天下一品の看板。
でも、入って食してみますと、
「天下一品の看板降ろしやがれー」
ってな言葉を叫ぶことも多々。・・・・心の中でですけどね。
もちろんドンブリの底を見ることはないです。

うちの県も現在二店舗。一つはドンブリの底を見ることができますが、もう一軒は二度と行きたくないです。

んでも、やはり心のよりどころになるのは
天下一品
京都天下一品白川総本店。
おやじが屋台の次に始めた、天下一品の最初の最初の店なのですがな。
場所は昔のままですがな。

んでも、昔は
天下一品
ベッキーは待っててくれませんでしたがな。

なんかいまは「あっさり」やら「ほそめん」なんてメニューもあるようですが、
天下一品
「こってり」が天下一品なのですがな。

スープまで飲み干せば
天下一品
明日も来ようかな。
んでも、京都は遠いですね。今度また来ますわ。

ここは
天下一品
わたしの心のよりどころでもあるのですわ。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM