大量絶滅

  • 2009.11.06 Friday
  • 12:50
JUGEMテーマ:地球温暖化

地球が誕生してから46億年ぐらいらしいですね。
生命らしきものが生まれたのが36億年前らしいですわ。
生命の最古の化石が35億年前のものってことで、生命の痕跡を示すようなものが36億年前の地層から見つかってるってお話なんですね。

生命の化石が爆発的に出るようになったのはカンブリア紀。
アノマカリスの天下の時代です。
約5億4500万年前から約5億0500万年前の間みたいですけど、その終わりに一回目の大量絶滅があったみたいですわ。
それをいれて六回の大量絶滅をへて、現在があるらしいですわ。

二回目が四億三千五百万年前。オルドビス紀の終結時期です。
オルドビス紀ちゅうたらオウムガイの時代です。甲冑魚が海で泳いでたのもこの時代。
このときの絶滅は、全生命の85%。
地球から割と近いところでの超新星爆発によってのガンマ線の放射が原因らしいですわ。
オゾン層を破壊しちゃったみたいですわ。
近いってっても6000光年より内側の星の爆発ってんですね。
地球から一番近い太陽以外の恒星は4光年の距離。
これから見たらメチャメチャ近いやん。

づぎに三億六千万年前のデボン紀末期。
この時代は魚類の時代なんですわ。
その海洋生物の85%が死に絶えたってんですね。
気候の劇的変化で海水面がメチャメチャ低くなったつて説があるみたいですけど、原因不明らしいですわ。

次は二億五千万年前のペルム紀末期。
植物や巨大な爬虫類や両生類も生きていた時代です。
これが歴史上最大の大量絶滅らしいですわ。
全生物の95%の死滅ですってよ。
マントルの異常なでっかい活動で火山が爆発的に噴火して、海の中のメタンハイグレードが大量崩壊したのが原因らしいですわ。
海の中の酸素濃度がメチャメチャ下がったってお話ですわ。

五回目は二億一千万年前の三畳紀末期。
小型の恐竜なんかが生きてた時代ですね。
海にはアンモナイトが大量にいた時代でもありますのです。
大型の爬虫類やアンモナイトのホトンドが絶滅しちゃったんですね。
生命全体の76%が絶滅です。
火山活動が関連した大量絶滅みたいですね。

大型の爬虫類が絶滅したおかげで、小型であった恐竜が大型化していってのが次の白亜紀。
白亜紀の終わりの六千五百万年前が、恐竜絶滅の時代です。
アンモナイトが死滅した時代でもありまする。
一番有力なのが巨大隕石の直撃ですわね。
ユカタン半島のクレーターがそれを証明するってな話も聞きますわね。
全生命の70%が死滅ですわ。


6000光年内の星の爆発や、巨大隕石落下なんてのはどうにもならないですわね。
でも、メタンハイグレードの崩落なんてのは、人的被害で起こりうることですわね。
メタンハイグレードなんて世界中の海の中に広がってます。
天然ガスやら石油を大量に掘りだせば、崩落なんて簡単におこっちゃうように思っちゃいますわ。
超新星爆発なんて待たなくったつて、人的被害でオゾン層は穴だらけ。
現在の気候の変化も人的被害ですわね。

アウストラピテクスが登場したのが古く見て約150万年前。
現在大量絶滅が起こってるって説もあります。
完新世の大量絶滅っていうらしいですわ。


完新世の大量絶滅を止めるためには、ワテは何ができるかな?


フレンチ
ワテらも希少化石になっちゃうのかな。

JUGEMテーマ:ニュース
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM