高い壁

  • 2009.03.16 Monday
  • 11:45
アラブ人ってのは、アラビア語を母国語とする人のこと。
メチャメチャ大雑把に言えば、オスマントルコやヨーロッパ大国の植民地支配の反発から民族意識が生まれてきたみたいですね。

パレスチナ人ってのはイスラエル建国以前にパレスチナに住んでいた人。もしくはパレスチナ人を父に持つ人のことらしいですわ。

ちなみにアラブ人やパレスチナ人の宗教はイスラム教が一番多いんですけど、キリスト教徒やユダヤ教徒もいらっしゃる見たいですね。
つまりは宗教はアラブ人、パレスチナ人をグループ分けする条件ではないんですね。

ユダヤ人ってのは、ユダヤ教徒やユダヤ人を母と持つもの。人種は関係ないちゅうことです。
これですと、自分がユダヤ人と思ってない人でもユダヤ人である可能性がありますね。

この条件ですと、アラブ人でありながらパレスチナ人。んでもってユダヤ人である人ってのも存在しちゃいますね。

イスラエルってのは1948年に建国しました。
それ以前からパレスチナ人ってのはそこに住んでたんですね。砂漠地帯だってベトウィンが住んでたんですね。
でも、ユダヤ人は子供たちには事実を教えていませんからそのことはシリマセン。
ユダヤ人が入居した土地は無人の荒野、「土地なき民が、民なき土地」に建国したのがイスラエルであるって本気で信じています。
パレスチナ人はイスラエルが安定してから金を求めてやってきたよそ者だって思ってるんですね。

イスラエルの女性首相であった、ゴルダ・メイアの言葉がまさしくそれです。
「パレスチナ人なんて存在しない。われわれは無人の荒野に国を作った」
だからパレスチナ問題なんて存在しないってお話ですわ。

いま、イスラエルは高さ四メートル以上の壁の中に、パレスチナ人を閉じ込めています。
しかも、グリーンラインと呼ばれるイスラエルと占領地の境界線よりももっと内側に壁が作られているんですね。
生活物資を手に入れるために、壁の外に出ることもできません。
もちろん働きにでることも出来ません。
学校にも通えません。

国際司法裁判所が
「人権侵害であり、違法であるから壁を撤去しろ」
って言ってもシャロン首相は聞く気もアリマセン。
それどころか、パレスチナの反発が起こるたびに壁の中に軍事攻撃を行います。
住居が密集し、壁の外に出られないところで軍事行動なんか起こしたら、民間人を避けての攻撃なんかは不可能ですね。

十字軍の時代に、キリスト教徒がユダヤ人をゲットーと呼ばれるユダヤ人住居地に閉じ込めて隔離したのと同じことを、ユダヤ人がパレスチナ人にやってるんですね。

イスラエルの教育は、
「神によって与えられた、土地なき民が、民なき土地に建国したのがイスラエルである。あとから金を求めてやってきたのがパレスチナ人だ」
です。二千年前の神話に書いてあることは教えられますが、自分の住宅の下にあるたった三十年前のパレスチナ人の壊された住居跡の意味は教えられることはないです。

パレスチナ人は、大学を出ても未来になんの保障もアリマセン。
仕事もなければ、明日の命もワカリマセン。
目の前にあるイスラエルの掃討作戦の、ヘリコプターやジェット機の音、そこから発射されるミサイル攻撃だけが現実です。
そのユダヤ人に対する恨みは蓄積されるだけなんですね。

強行イスラエルよりのアメリカブッシュ大統領の時代は終わりました。
でも、イスラエルは選挙をしてもパレスチナに対する強硬派であるタカ派しか当選しません。
国連の言うことも聞く気はないようです。


どこへ行く気でしょうか。
フレンチブルドッグ
違いをアピールしたってなにも生まれません。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM