地球の裏側に荷物を送りました

  • 2008.04.08 Tuesday
  • 16:38
春です。

こちらが春ならば、地球の裏側は秋です。
ということで地球の裏側に宅急便をだすことにしますのだ。

スペインとパラオにはモノを送ったことがあるのですが、とりあえず国際小包は高い。
しかも今度は、理論上はもっとも遠い国。

まずは宅配を調べてみますと、ゲゲゲ、1kgで7千円以上って、中身よりも高いがな。
しかも1kgなんて、とても食べ物なんておくれませんがな。

んだらば、郵便局はどうだ。
国際スピード郵便で、2kgで七千円・・・・・まだ高い。
船便ならば小型包装物で1,080円。おおお、これなら安い。
んでも、お届け日数が3ヵ月前後って・・・・ダメじゃん。

よくみますとSAL便ってのがあります。小形包装物ですと2,480円。でも、お届け日数が書いてない。お問い合わせに電話して聞いてみますと、二、三週間とのこと。これいいやん。

ところで小型包装物ってなんなの。
最大重量2kgまでの、長さ+幅+厚さ=90cm、長さの最大は60cmって包みらしいですだ。
まだワカラン。郵便局に行って、SAL便に絶えれる大きさの箱を買って来ました。

こら、おまえが入るな。

ちなみに、爆発物・危険物、麻薬類、生きた動物、わいせつな物品はどこの国にもおくれません。ふむふむ。
それから、宝石類、現金もダメだそうです。そんなもの、もともと送る気もありません。
もちろん腐るものも送れません。くそー、ほんとは生のうまいやつを送りたいんだけど、乾物しかダメってことなのね。


これに中身を英語で書き込むのですだ。ついでに中身の値段を書くのです。
住所は箱に直接書くのです。そうでないと小型包装物あつかいにならんそうですだ。なぜー?

とりあえず

あれもこれも入れて、
この時点で、1597g。おおお、まだ入る。

そのへんにあるものもほうりこんでしまおう。


さて、郵便局にもって行きますと、
「お客様、150gオーバーです。」
あれぇ?
あんだけ計ったのに、なぜえ?
とりあえずひとつ抜きまして、計りなおすと1996g。ギリですがな。

郵便局員のネーチャンの最後の言葉がステキでした。
「お客様、SAL便は保障がアリマセンが、よろしいですか?」
・・・・・・はたして届くのか?


スペインに荷物を送ったときにも、
「汚い包みで、日本語を書かないで」
っていわれましたわ。
とちゅうで盗まれるってんですね。
スペインでもこれです。
住んでるやつの話を聞いてたら、スペインよりも南米の巨人のほうが、実質的にはヤバイぞ。

なんか聞くところによりますと、ブラジルの国内総生産が50年までに日本を抜くってな話もあるようで。
そんなに成長してるんなら、ますは治安向上をなんとかしろってんだ。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM