暴動の首謀者?

  • 2008.03.23 Sunday
  • 00:18
「チベット暴動首謀者はダライ・ラマである」
ってのを新華社が報道しましたね。

新華社の報道によれば、首謀者である証拠は
「暴動中止できない」
ってダライ・ラマが発言をしたってことらしいです。


四年前に、中国でおこった日本企業や日本人旅行者に対する大暴動。
反日運動の時にも似たような発言がありましたね。

あのときの中国の発表は
「今回の暴動はすべて日本側の責任であり、暴動中止は出来ない」
ってなことを言ってましたね。
日本企業の建物に石を投げている横で、中国の警察官が見てみぬフリをしていた報道は強烈でした。

まあ、被害は日本企業だけで、中国関係の建物が攻撃されたわけじゃないから、中国政府もとめる必要も理由もなかったんでしょうけどね。
世界中から非難を受けだしてから、なんでかしらんけど逮捕者がボチボチと出だしましたね。

「暴動を中止できない」
って発言が証拠ってんなら、せっかく強引に否定してたのに、あのときの反日暴動も中国政府が首謀者ってことになっちやいますがな。

指導者が
「やめろ」
って言ったらとまるんなら、イスラエルやパレスチナだって両方の指導者が何回でも中止命令をだしてます。とまってませんがな。

ダライ・ラマは亡命中です。
国家権力者でもないのに、何で止めれるんでしょうか?
中国がダライ・ラマを指導者として認めればとまる可能性もありますけどね。
ダライ・ラマがノーベル平和賞をとったときでも、その報道や関連書籍を国内に入れなかった中国です。
国家権力どころか民族的地位まで奪おうとしてるんですから、どうもなりません。
ダライ・ラマが暴動をとめられない原因を作ってるのも中国なんですものね。

なによりも人民解放軍による1949年のチベット大虐殺は、愛国教育で連鎖させた現在の中国の反日意識よりも、チベット人に鮮明に残ってるんですね。
虐殺した中国の圧政が現在でも続いているんですものね。
中国の植民地政策は、進行形なんですね。
自分たちが反日暴動を止めれないって発言してたのに、なんでチベットは止めろって命令できるんでしょうか。
チベットの独立意識や反中国運動はダライ・ラマでもとめられないでしょうね。

「自分は何をしてもいいし、自分のやることはどんなことでも感謝しなさい。
相手が自分と同じことをやったら許さんし、いつまでも根に持ってやる」
って論理がひとつの中国」を正当化できる唯一の方法なのかもしれませんね。



こんな論理、国がやってもこんだけ見苦しいです。個人が実行したら、あっというまに周りから人がいなくなりますね。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM