元気ですかぁぁぁぁ、パラオ8  「ジャーマンチャネルでマンタと戯れる?」

  • 2008.02.11 Monday
  • 13:08
ジャーマンチャネルちゅうのは、サンゴ礁を船が通れるように水路を人工的に作っちゃったところなのですだ。
大きな地図で見る
なんとエグい工事でしょうか。
ジャーマンちゅうぐらいですからドイツ統治時代に作られたのだな・・・えっ?アメリカが作ったあ?
この名前の由来はなんなんだ。

水路を船で通りました。おおおおお、海の色が何色もある。ひさしぶりに風景で感動してしまいました。

寒いぼが出たぞ。

強い流れが出来て、マンタが集まるってんですね。
「マンタと会える可能性が高いポイントなんよ」
ほほう、高いといわれても会えないのがわてなのだ。ホントにあわせてくれよ。
このポイントは二回もぐりました。

一回目の挑戦です。

ひとみちゃんいわく、
「ここでマンタが出てくるまで待ちましょう」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・出ない。

サメはゴロゴロいるのに・・・・サメで満足できないってのもゼイタクな話です。
ひとみちゃんが、あっちに見えたとか、向こうに影がとか言って、つれまわします。

必死についていたら・・・あぁぁ、人生二度目のエアー切れだ。タンクがカラッポ。
ひとみちゃんに分けてもらいました。
エアーもなくなってきてあきらめましょうか。水面まで上がりますと・・・

ゲッ、下にいるのはマンタではないかいな。
これはもぐらないと・・・・しまった、ひとみちゃんのタンクからエアーをもらってるんだった。ひとみちゃんを一緒に引きずりこんで・・・出来ませんがな。

おおお、優雅だ。

動画でご覧ください。




まんぞくまんぞく。
でも、ゼイタク言えば上からしか見てない。ひとみちゃん、次はマンタを下から見せてくれ。

ということで次は二本目です。

この二本目はパラオ最後のダイビングなのです。
そしてアヤちゃんの五十本目の切り番ゲット記念ダイビングでもあるのです。

ここはひとつ胴上げだー。

どうみても、姫をさらう山賊にしか見えません。

ひとみちゃんが
「上にマンタが」
おおお、下から見れる・・・

遠すぎるがなー。

最後の思い出を作ってくれたのはこいつ

コバンザメです。

どこまでも追っかけてきてくれました。


楽しい時間はすぐに過ぎていきます

これで終わりです。ひとみちゃんもあやちゃんも、ものすごく感謝。ありがたう。

ものすごく楽しかったのだ。
クルーズコントロールさん、あがりとう。
パラオのみんな、ありとがう。

これでまた走り続けるエネルギーが出来ました。
走るぞー

アントニオ猪木が愛したパラオ。

理由が分りましたわ。




この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM