元気ですかぁぁぁぁ、パラオ3  「どらごん亭の晩餐」

  • 2008.01.31 Thursday
  • 20:36
今回、同じツアーでやってきたアヤちゃんです。

「ブログやってるんなら出してよ」
ふっふっふっ、ラッキー。喜んで出しますがな。

彼女は一人旅なのです。
一人旅といっても、友達がいないとか、傷心の旅ってわけではないのです。
ダイビングは女性の一人旅が異常に多いのです。
一人だと休みもとりやすく、どうせダイビングショップに行けば新しい出会いがあるから楽しいってな話は、サイパンやグアムでも聞きました。
んでもって、アヤちゃん、新しい出会いがワテらなんて・・・・なんてフビンな・・・・・シクシク。

このアヤちゃんがスゴイ。
空気を大切にするやさしい女性なのですだ。
パラオ名物を食べなはれ。

食べてくださるのですだ。
ちなみに食べているのは

フルーツバットのスープなのですだ。


コロールにどらごん亭って、おいしいお店があるのです。


大将のツネさんです。

大将は八重山出身。大阪の有名な調理師学校卒業。包丁一本、サラシにまいてパラオに一人でやってきた方なのですだ。

オリジナル料理が多くあります。
メニューに「ブルーコーナー」ってのがありました。おおお、パラオで有名なダイビングポイントと同名だ。今回、四回ももぐりましたがな。これは食さないと。

ん?青くない。
なになに、ブルーコーナーに泳いでいるのと同じ魚を使った料理?・・・おいしいからよしとしましょう。

ホタテではありません。

シャコガイの貝柱なのです。とりあえずデカイ。

ハタの仲間です。

なんか名前を言ってたぞ、パピパピだったか、パタパタだったか・・ワテは名前を覚える機能をもっていません。

マングローブの貝の酒ムシ。

スープがうまい。貝は・・・・不思議な味ですだ。


今回のメインイベント

マングローブガニです。
基本的には時価。こんかいは1ポンド23法こんなの人数がいないと食べれません。
「ツネさん。でっかい1ポンドもってきて」
っていいましたけど、そんな注文通用しませんわな。やっぱり2ポンドになってしまいました。

これこれアヤちゃん。

ナマでは食べれまへんがな。


これが有名なマッドクラブですがな。

うまいものを食するときは、静かになります。
コウモリのスープの時には、人に勧める声でやかましかったぞ。
そうか、うまいものは場を壊し、ゲテモノは譲り合いの精神を生み出し、場をにぎやかにするのね。



ツネさん眠たそう。四時間もお付き合いしてくれたのです。

最後はフルーツでしめましょう。
ふつうのフルーツはいやだ。
んでもってツネさんおすすめの

ササップですだ。うーん、見た目がステキ。


味は、うーん、エキゾチック。

ツネさん。器用にワリバシの袋で指輪をつくって、アヤちゃんにプレゼント。

ツネさん。やるなあ。

ツネさん。アヤちゃん。ありがとう。
すっごい楽しかったのだ。

次回、元気ですかぁぁぁぁ、パラオ4  「ゲに神秘的、ジェリーフィッシュ・レイク」に続くのだ。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM