夢の実現

  • 2007.10.20 Saturday
  • 17:01
十年前には、携帯電話が一人に一台の普及なんてことは考えられませんでした。
インターネットだって、アナログ回線でジーコジーコって音出しながらHPが立ち上がるまでに一分や二分かかるなんてざらでした。

HPを製作する側でも、重たすぎるものはダメ。
写真も美しさよりも軽さが重視。
音楽も軽いものしかダメ。
動画なんてとんでもない。
javaなんかでも文句言われたんですね。

こんなに早く高速回線時代がくるなんて思っても見ませんでした。

1961年にケネディ大統領が
「今後10年以内に人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させる」
って言ったときには、一部の人をのぞいて、世界の誰もが夢物語にしか聞こえなかったそうです。
でも現実に、1969年7月20日、アポロ11号が月の「静かの海」に着陸したんですね。

国際宇宙ステーションなんてのもSFの世界でした。現実に2009年には日本の実験棟、「きぼう」が打ち上げられる予定ですね。
月にも2024年までに長期滞在を可能にする月面基地を完成させる予定ですね。

これらのことは全部夢物語のような話ですね。

一家に一台のテレビや洗濯機、冷蔵庫なんてのも昭和の初期には考えられなかったことなのだと思います。

もっと昔であれば、海のそこを進む船や、空を飛ぶ乗り物、馬よりも早く大量の人や物を運べる乗り物なんてのも、夢物語だったんですよね。



後、十年もしたら、家の中でロボットが働いていたり、誰も運転しなくても目的地に到着するような車が走る、今考えれば夢物語のようなような時代が来るかもしれませんよね。

その夢物語のような時代を作っていくのは今の子供たちなんですよね。
それは現在の科学の積み重ねの上に、また新しいものを積み重ねていく歴史なんですよね。

そんな夢物語を実現できるような環境を残してあげたいですよね。


このASIMOくんとケモノくんはゼンゼン働いてくれませんのですだ。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM