国家的団結?

  • 2002.06.01 Saturday
  • 13:08
日本海で中学生ぐらいの時に遭難して、北朝鮮に連れ去られた方がお母さんに「本を出版して」と言って原稿を送ってきたそうです。
内容は日本にいたときの苦痛と、遭難した位置の変更。北朝鮮の海域近くで遭難して気を失って三日間漂流。海域内漁船に助けられたことにしてあったそうです(海で気を失ってなんで助かるんや)拉致問題の否定も載ってたそうです。色々考えてお母さんが出版を断念したって話が新聞にのってました。
この方のお子様もマスゲームに参加しているみたいですね。

マスゲームはすごいのでしょうね。わたしは見たいとは思いませんけど。マスゲームを見に行くにはずいぶんのお金がかかりますよね。こちらもそうですけど、向かえる側も国民以上の接待をしますよね。支出は国民がひどい目にあうだけ。収入はどこ行くの?国民に反映されるとは思えんぞ。旅行者が行けば行くだけドツボにはまっていくような気がしてなりません。

北朝鮮の方も考えておられる方がいると思います。でもそれを発言させない国なんですよ。死刑、良くても強制労働。わたしたちはタリバンから解放された女の人を見たばかりですよね。市民で開放以前はタリバンの悪口を言う人なんかいませんでした。たった5年ぐらいの独裁であの状態です。北朝鮮は2世代も独裁が続いているんですよ。
マスゲームは日韓ワールドカップを意識したものです。しかも国レベルのものです。国民レベルじゃないんですよね。そんなところにお金を回す余裕なんてないはずの国なんですよ。
大国ソ連でさえ、国民が飢えたために連邦が崩壊しました。

国民が飢える国が、国民の心を外に向けさせないための、しかも対外的に国家団結をアピールするだけのためのイベントがあれですよ。ストップさせて農地開拓には予算を回すつもりはないようですね。洗脳が進みすぎて亡命しか方法はないのでしょうね。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM