パレスチナ暫定自治区の住民

  • 2001.09.18 Tuesday
  • 00:44
中東戦争で出来ちゃった占領地(パレスチナ暫定自治区)にロシアのユダヤ人を大量に移民させちゃったんです。
この移民が強行で、協定なんて無視。そりゃそうですね。自分たちの全財産をなげうって作り上げた町です。国連がなにを言おうと手放すはずがありません。
それならばと、出てきたのがアラブとの同居という意見です。
ところが選民思想。「そんな他宗教、他民族なんて一緒に住めるかー」こまったものです。
ちなみにイスラエルという国も困ったもので、ユダヤ教徒83%、イスラム教徒が12%、キリスト教徒が2%いるのです。ここもモザイクです。
世界一のユダヤ教人口ということで言うと、イスラエルではなく、アメリカなんですね(ちなみに率は3%です)
アラブがアメリカを信用しない理由はここにもあります。

ちなみに住民全員が同一宗教の国なんて存在しません。(いったいイスラエルはどこを目指しているのでしょうか?)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM