千本鳥居

  • 2018.04.15 Sunday
  • 10:17

SNSで世界的に有名になっちゃった

 

IMG_2054.JPG

 

千本鳥居

 

IMG_2056.JPG

 

 

ここ、伏見稲荷大社は

 

IMG_2057.JPG

 

おいなりさん

 

 

IMG_2106.JPG

 

きつねさんなのです。

 

IMG_2058.JPG

 

 

青空に月が浮かぶ

 

IMG_2062.JPG

 

桜が咲いた

 

IMG_2064.JPG

 

すてきな日に

 

IMG_2107.JPG

 

この有名な

 

IMG_2108.JPG

 

観光地に来ることがでけました

 

IMG_2112.JPG

 

外国の方もたくさんいらっしゃいます

 

IMG_2116.JPG

 

オベベがすてき。

 

IMG_2117.JPG

 

華麗で美しい

 

DSC_3202.jpg

 

 

千本鳥居は

 

DSC_3203.jpg

 

桜のピンクを打ち消すほどの 朱!

 

IMG_2068.JPG

 

それをくぐりに来た、すごい人の数

 

IMG_2067.JPG

 

さてと

 

IMG_2075.JPG

 

わたくしも、くぐりに行きますか

 

IMG_2076.JPG

 

ここですね

人の波に乗りましょうか

 

 

IMG_2079.JPG

 

画像では見たことがありましたが

 

DSC_3204.jpg

 

来たのは

 

DSC_3205.jpg

 

初めてです。

 

 

ここはよく写真で見るところですね。

 

DSC_3209.jpg

 

華麗で

 

DSC_3211.jpg

 

美しい

 

DSC_3212.jpg

 

流れるような

 

DSC_3213.jpg

 

神秘的な

 

DSC_3215.jpg

 

世界を・・・・

 

DSC_3217.jpg

 

なんじゃ!

 

DSC_3222.jpg

 

めっちゃ長い

 

DSC_3224.jpg

 

思ってたのと違う

 

DSC_3225.jpg

 

山に向かって

 

DSC_3228.jpg

 

登りまくってますがな

 

DSC_3232.jpg

 

これ、登山やん

 

DSC_3233.jpg

 

どこまでつづくの?

 

DSC_3236.jpg

 

なんか足が

 

DSC_3237.jpg

 

プルプルする

 

DSC_3238.jpg

 

なんか風景が

 

 

山の上

 

DSC_3239.jpg

 

やっとここが

 

DSC_3243.jpg

 

てっぺんかな

 

DSC_3244.jpg

 

頑張ったかいがありました。

 

DSC_3246.jpg

 

絶景・・・・えっ?

まだ上があるって?

 

DSC_3247.jpg

 

ここから同じぐらいの距離を登れですって!

 

IMG_2093.JPG

 

しかも坂の角度が

 

DSC_3249.jpg

 

めちゃめちゃ

 

DSC_3251.jpg

 

急になってきました

DSC_3253.jpg

 

人も少なくなってきました

 

DSC_3255.jpg

 

なんだか鳥居が

 

DSC_3240.jpg

 

迫ってきます

 

DSC_3258.jpg

 

この坂の向こうは

 

DSC_3261.jpg

 

なにがまってるのでしょうか。

 

 

意地だけで登ってます。

 

DSC_3260.jpg

 

ここを登って

 

DSC_3262.jpg

 

ここがてっぺん。

 

 

DSC_3265.jpg

 

我ながら頑張りました

 

 

DSC_3268.jpg

 

下りは

 

IMG_2094.JPG

 

足がガクガクです

 

IMG_2095.JPG

 

登って

 

IMG_2086.JPG

 

降りて

 

IMG_2111.JPG

 

二時間弱かかってしまいました。

ここ、可憐でステキなところではありましたが、それよりも体力が削られる観光地でありました。

 

 

バリアフリーが叫ばれる今日このごろ、ありえない道のりです。

 

 

JUGEMテーマ:京都

初笑い

  • 2018.01.07 Sunday
  • 19:21

 



あけましておめでとうございます



 



IMG_0481.JPG



 



海は大荒れ



去年は1月1日に祇園花月劇場に行けましたので、ことしは総本山に



 



IMG_0482.JPG



 



ということで難波ですねん。



 



DSC_2538.jpg



 



ここは裏側



 



IMG_0483.JPG



 



表はこっち



 



DSC_2546.jpg



 



おおお、いきなりシゲ爺やん。



 



DSC_2548.jpg



 



こやぶくんも



 



IMG_0485.JPG



 



ここは笑いの総本山、なんば花月ですねん。



めっちゃきれいになったやん。



 



IMG_0491.JPG



 



ネット予約したチケットをスッチーの説明を聞きながら



 



IMG_0498.JPG



 



無人発券機でゲットですねん。



 



IMG_0511.JPG



 



お弁当付きですがな。



 



IMG_0499.JPG



 



今日のスケジュール。



 



DSC_2539.jpg



 



関西のスーパースターが



 





 



可憐だ・・



 



DSC_2542.jpg



 



ここで並んで待つそうです。



昔は汚くてなんにもなかったのに、時間つぶしのモニターまで置いてある。



 



DSC_2544.jpg



 



動かないけどスッチーもお出迎えしてくれるのね



DSC_2541.jpg



 



往年のスーパースターも飾ってあります。



しらんし



 



IMG_0506.JPG



 



すごい人の数になってきました。



スタッフの方が誘導してくれてますが、何を言ってるかよくわからん。



 



IMG_0508.JPG



 



おおお、誘導係は生身のあなたでしたのね。



 



 



IMG_0518.JPG



 



入りますと、林正之助さん



 



IMG_0516.JPG



 



吉本せいさんが



お出迎え。



 



IMG_0513.JPG



 



入りますと満席。



大入り袋を・・・大笑って書いてありますがな



 



DSC_2552.jpg



 



お弁当を頂いて、



開演です。



もちろん撮影禁止。



大笑いさせていただきました。



 



DSC_2547.jpg



 



シゲ爺のマスクと



 



IMG_0497.JPG



 



忖度まんじゅうと



 



20180105150206_IMG_0501.jpg



 



シルクねーさんのカレンダーを



 



買わないで見るだけ見て、



 





 



林正之助さんの生前のお言葉、



「健康に留意して馬車馬のように働け」



を肝に銘じて今年も頑張るのだ。



 



 



冗談はここからや!



 



 




JUGEMテーマ:お笑い




 



 


北陸最大級規模のイルミネーション

  • 2017.11.19 Sunday
  • 16:11

地区限定で最大の後ろに

「規模」

と付くときには、

 

IMG_0404.JPG

 

それなりでございます。

「級」

がつくと、

 

IMG_0407.JPG

 

なおさらでございます。

夕方の明るさでは

 

IMG_0412.JPG

 

光のトンネルも美しさは半減ですね。

 

 

帰りにもう一度くぐりましょう。

 

IMG_0409.JPG

 

ここがメイン会場。

室内なのね。

 

IMG_0413.JPG

 

なんか光ってる廊下です

 

IMG_0419.JPG

 

ミラーボールが

 

 

キラキラさせてるんですね。

 

IMG_0420.JPG

 

ここでしばらく待ちまして、入場です

 

IMG_0421.JPG

 

ウサギさん

 

IMG_0429.JPG

 

ウサギに騙されて、

 

IMG_0430.JPG

 

穴の中に落ちて

 

IMG_0431.JPG

 

ひどい目にあった

 

IMG_0433.JPG

 

おねえちゃんのお話ですね。

 

IMG_0432.JPG

 

量子物理学に出てくるチェシャネコ

 

IMG_0435.JPG

 

まあ、こわい

 

IMG_0437.JPG

 

この話は近代物理学の予言などという人がいるそうですが

 

IMG_0438.JPG

 

変な理由付けをすると、本筋の面白さがなくなるだけですね。

 

IMG_0439.JPG

 

とりあえずは見知らぬウサギについて行った

 

IMG_0440.JPG

 

ねーちゃんが

 

IMG_0443.JPG

 

ひどい目にあった話なのです。

 

IMG_0444.JPG

 

見知らぬ人について行っては行けませぬ。

 

IMG_0446.JPG

 

こっからはガラリと世界観が変わります。

 

IMG_0449.JPG

 

おさかな

 

IMG_0450.JPG

 

あり?

 

IMG_0453.JPG

 

ここは夏の間は

 

IMG_0455.JPG

 

流れるプールになってるとこやん

 

IMG_0456.JPG

 

冬には

こんな使い方をしてるのね

 

IMG_0459.JPG

 

クラゲも

 

IMG_0460.JPG

 

プールの上にぶら下がってます。

 

IMG_0466.JPG

 

プールのロッカー室につながる廊下を抜けまして外に出ますと

 

IMG_0467.JPG

 

もう真っ暗

 

IMG_0472.JPG

 

光のトンネルも

 

 

こじんまりしてますが

 

IMG_0476.JPG

 

近場で楽しむにはいいかもしれませぬ。

 

 

 

 

なばなの里

  • 2017.11.12 Sunday
  • 07:25

この季節、

 

IMG_0279.JPG

 

天候が不安定です。

 

IMG_0286.JPG

 

紅葉は青空と日にちが、なかなか合わせにくい忙しさ

 

IMG_0288.JPG

 

でも、ライトアップなら夜の時間に限定されますから、なんとかなります。

 

ですからなばなの里

 

IMG_0290.JPG

 

なんですって、2300円ですって!

 

IMG_0291.JPG

 

なかに1000円分の金券が入ってました。

お食事して帰ってねということのようです。

 

IMG_0293.JPG

 

いまは、くまもとバージョンのイベント中だそうです。

 

IMG_0296.JPG

 

日が暮れるまではもうちょっと時間があります。

 

IMG_0307.JPG

 

めっちゃ広いのね

 

IMG_0306.JPG

 

お花がとってもきれいです。

 

IMG_0313.JPG

 

ベゴニアの花畑

 

IMG_0315.JPG

 

人が集まってます。

 

IMG_0317.JPG

 

点灯待ちなんですね。

 

IMG_0318.JPG

 

カウントダウンは

 

 

気分が高揚します。

 

IMG_0323.JPG

 

夕方五時三十分点灯です。

 

IMG_0324.JPG

 

まあ、

 

IMG_0326.JPG

 

きれい

 

IMG_0330.JPG

 

ステキな

 

 

光のトンネルです。

 

IMG_0334.JPG

 

この時間は

 

IMG_0335.JPG

 

夏は明るいですものね

 

IMG_0337.JPG

 

冬だからこそ

 

IMG_0339.JPG

 

この暗さ

 

IMG_0340.JPG

 

この美しさ

 

IMG_0341.JPG

 

めっちゃ

 

IMG_0342.JPG

 

寒いし

 

IMG_0344.JPG

 

暗闇に人工の光の美しさ

 

IMG_0345.JPG

 

くまモンは暗闇では、赤と白しか見えませぬ

 

IMG_0347.JPG

 

壮大ですね

 

IMG_0351.JPG

 

LEDの美しさ

 

IMG_0354.JPG

 

くまモンだけなら

 

 

顔しか見えませぬ。

 

IMG_0355.JPG

 

こちらの

 

IMG_0358.JPG

 

光のカーテン

 

 

 

IMG_0364.JPG

 

桜色です。

 

IMG_0359.JPG

 

緑にもなるのです

 

 

人が多くなってくるとともに、日本語が少なくなってきました。

 

IMG_0399.JPG

 

ベゴニアも暗闇に浮かぶと、雰囲気が変わりますね。

 

IMG_0367.JPG

 

アイランド富士です。

45mまで登る展望台。

金券が使えないので遠慮しておきましょう。

 

IMG_0371.JPG

 

紅葉がステキなのか

光のせいでよくわかりませぬ。

 

IMG_0373.JPG

 

池には光の道が

 

IMG_0374.JPG

 

きれいな教会です

 

IMG_0376.JPG

 

展望台がフルの高さになってます

 

IMG_0378.JPG

 

夜ですと池が鏡になってます。

 

 

光の雲海

光のアーチ

 

IMG_0392.JPG

 

これは紅葉なのか?

 

IMG_0394.JPG

 

赤い光のようでした

 

IMG_0395.JPG

 

人工的な美しさは

 

IMG_0400.JPG

 

寒さとの勝負なのです。

 

 

で、20周年だったのです。

 

さあ、帰りましょうか。

 

 

 

信楽焼のたぬきさんは

  • 2017.11.05 Sunday
  • 09:15

信楽焼の

DSC_0865.JPG

 

たぬきさん。

何年か前に見たときよりも進化がスゴイ。

 

DSC_0867.JPG

 

バリエーションがハンパなくなりました。

 

DSC_1980.JPG

 

まんなかにファンタジアっぽいのが

 

DSC_1881.JPG

 

これは

 

DSC_1883.JPG

 

ピリケンさん?

 

DSC_1983.JPG

 

伊賀の忍者がおるし

 

DSC_1981.JPG

 

スポーティなタヌキさん。

奥に横綱がおられます。

 

DSC_1982.JPG

 

もはやタヌキに見えない。

 

DSC_1985.JPG

 

サッカー全日本タヌキもおられます。

 

DSC_1984.JPG

 

こっちは、なでしこジャパン。

違いははっきりしてるのです。

 

DSC_19852.jpg

 

男子は立派なキン○マ。

 

DSC_19841.jpg

 

なでしこは、・・・・・

表現は芸術です。

 

DSC_1986.JPG

 

もはやタヌキは世界のホームラン王の芸術ですね。

 

 

JUGEMテーマ:おみやげ

 

 

 

名もなき池、モネの池

  • 2017.10.01 Sunday
  • 14:28

 

SNSでじわじわと有名になった名もなき池

 

1IMG_0216.jpg

 

岐阜県の関市の山奥の神社の前の無名の池。

 

IMG_0228.jpg

 

有料駐車場を避けて、無料駐車場に止めて

 

IMG_0229.jpg

 

なかなかの田舎やん

 

IMG_0232.jpg

 

あの神社です。

根道神社ですって。

 

IMG_0267.jpg

 

昼過ぎなのに

 

 

なかなかの人の数

 

GOPR1363.jpg

 

おおお、これが

 

IMG_0233.jpg

 

無名の池

 

IMG_0235.jpg

 

通称

 

IMG_0245.jpg

 

モネの池です。

 

IMG_0247.jpg

 

写真はカメラと技術が重要のようですが

 

IMG_0248.jpg

 

この池は、それなりの人が、それなりのカメラで、それなりの撮影をしても

 

IMG_0253.jpg

 

それなりの

 

 

写真になるという

 

IMG_0260.jpg

 

魔法の池なのです。

 

 

ちなみにこれはモネの池の絵です。

 

 

鯉のいる池で

 

 

この透明度は

 

 

異常ですね。

 

IMG_0263.jpg

 

でも、晴れていないと写真の美しさは半減しますね。

 

 

聞くところによると雪化粧の池が最高とのこと。

 

季節季節の顔があるらしいですわ。

うーん、見てみたい。

 

 

JUGEMテーマ:岐阜県の何でも情報

海賊王に俺はなる!

  • 2017.08.27 Sunday
  • 00:05

 

麦わらの一味専用の海賊船

 

DSC_1552.jpg

 

サウザンドサニー号

 

DSC_1555.jpg

 

海賊船とは思えない

 

DSC_1556.jpg

 

遊覧船のような・・・・

 

DSC_1561.jpg

 

これは遊覧船なのです。

 

1503112113212.jpg

 

船内に入れば

 

1503112115640.jpg

 

麦わらの一味

 

1503112111276.jpg

 

ニコ・ロビンがお出迎え

 

1503112118938.jpg

 

甲板には音楽家ブルック

 

1503112120616.jpg

 

麦わらの一味の

 

1503112122183.jpg

 

サニー号は

 

IMG_5550.JPG

 

蒲郡ラグーナテンボス

 

IMG_5586.JPG

 

就航しとるのです

 

IMG_5588.JPG

 

この船のれるのです

 

IMG_5572.JPG

 

ロロノア・ゾロ 

 

IMG_5573.JPG

 

食堂には

 

IMG_5574.JPG

 

ナミ・・・・エロくないか?

 

IMG_5553.JPG

 

船首には船長のモンキー・D・ルフィ

 

IMG_5552.JPG

 

出航です。

 

IMG_5555.JPG

 

大海原へ・・・・

 

IMG_5556.JPG

 

三河湾です

 

IMG_5557.JPG

 

スタッフが波の高さをチェックしてくれますので

 

IMG_5564.JPG

 

めっちゃ安全。

 

IMG_5564.JPG

 

灰色の空

 

IMG_5566.JPG

 

なまり色の海。

 

IMG_5567.JPG

 

なんてステキな航海でしょうか。

 

IMG_5569.JPG

 

スタッフの説明も

 

IMG_5575.JPG

 

ワンピースとは

 

 

IMG_5576.JPG

 

なんの関係もありません。

 

IMG_5579.JPG

 

ボラが出世魚なんて説明は、この船では聞きたくありませんでした。

 

IMG_5577.JPG

 

約二十分の航海。

 

IMG_5581.JPG

 

東南アジアのお客さんがたくさんおられたのに、

 

IMG_5582.JPG

 

ワンピースとは何も関係ない説明を、日本語ですべてを乗り切ってしまう力技の航海。

 

動画でご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:ラーグナ蒲郡

曇天の東尋坊

  • 2017.07.16 Sunday
  • 00:18

梅雨の時期、久しぶりぶりに

 

IMG_5073.JPG

 

東尋坊に行きましたのです。

 

向こうに見えますは雄島。

 

IMG_5074.JPG

 

何度も来たことはあるのですが、

 

IMG_5078.JPG

 

遊覧船に乗ったことがない。

 

IMG_5079.JPG

 

海も穏やかですし、

 

IMG_5081.JPG

 

ひとつ航海に出てみましょうか

 

IMG_5083.JPG

 

めっちゃ下まで降りるのです。

 

IMG_5085.JPG

 

こんなところまで降りたのは初めてです。

 

IMG_5086.JPG

 

さあ、乗船です。

 

IMG_5087.JPG

 

この崖を下から見たのは初めてですがな。

 

IMG_5089.JPG

 

船が動きだしました。

 

IMG_5090.JPG

 

湾の外も穏やかです。

 

IMG_5091.JPG

 

日本海とは思えない波の低さ

 

IMG_5096.JPG

 

雄島が見えてきました。

島の向こう側は石川県です。

 

IMG_5099.JPG

 

島には南に傾いた岩がならんでます。

 

IMG_5100.JPG

 

波型岩っていうそうです

 

IMG_5101.JPG

 

傾いた岩が波に見えるってんですね。

 

 

 

白っぽい岩

 

IMG_5097.JPG

 

石灰ですって

 

IMG_5102.JPG

蜂の巣岩と呼ばれているそうです。

 

IMG_5103.JPG

 

この橋は歩きでしか渡れませぬ。

 

 

東尋坊の夫婦岩だそうです。

IMG_5108.JPG

 

夫婦岩は全国に六十箇所あるらしいですが、ここのは無名です。

聞いたことがありません。

 

IMG_5109.JPG

でかい

 

1499589200486.jpg

 

柱状節理です。

節理っちゅうのは、岩体の連続する割れ目にずれが少ない状態のことですって。

それが柱っぽい形になってるってんですね。

 

聞くところによると溶岩が冷えると体積が縮むらしいですわ。

その縮んだ隙間がきれいに並ぶと柱のように見えるらしいですわ。

見たわけではないです。

 

大池に入ります。

 

IMG_5113.JPG

悪僧、東尋坊が叩き落された場所です。

 

IMG_5114.JPG

高さ23m

水深20m

 

1499589205179.jpg

 

ここの柱状節理は珍しいのです。

何が珍しいかといいますと、これだけでかいのは珍しいらしいです。

 

ここだけの大きさのものは

 

IMG_5115.JPG

 

北朝鮮とノルウェーの西海岸、

それと、ここの三箇所だけらしいです。

 

IMG_5120.JPG

 

ノルウェーは遠いですものね。

北朝鮮は別の意味で遠すぎます。

 

 

IMG_5119.JPG

 

冬になると荒波が上まで届くほどになるのです。

 

 

ライオン岩ですって

横から見てもよくわかりません。

 

IMG_5121.JPG

 

うーん、

 

なんとなくライオンの後ろ姿・・・

 

 

千畳敷

 

IMG_5124.JPG

 

ここは

 

 

降りてくることができます。

 

IMG_5129.JPG

 

波がなければですけどね

 

IMG_5131.JPG

 

ロウソク岩

 

IMG_5126.JPG

 

丸いところが火と言うことらしいです。

 

 

東尋坊タワーです

海抜百メートルあるそうです。

 

IMG_5128.JPG

 

下に並ぶのは、六枚屏風岩というそうです。

 

IMG_5133.JPG

 

航海も終わりです。

 

IMG_5139.JPG

 

これが大池です。

たくさんの命がなくなったところです。

気をつけて観光しましょう。

 

IMG_5142.JPG

 

東尋坊からみた雄島です。

青空のときに見てみたい風景ですね。

 

IMG_5143.JPG

 

ここは北朝鮮から約800キロのところです。

ミサイルが正確に飛んできてしまうところです。

 

 

詳しくは遊覧船のガイドさんに聞いてみてください。

 

 

元ネタは遊覧船で教えていただきましたのです。

青空の日に行ってみてくだされ。是非。

 

 

JUGEMテーマ:福井ネタ

年明けは暖冬でした 白川郷

  • 2017.01.16 Monday
  • 00:30

一月六日の白川郷です。



 





 



豪雪地帯も暖冬です



 





 



白川郷に雪がありません



 





 



小春日和の



 





 



抜けるような青空



 





 



新しく手に入れた



 





 



GoPro HERO5のテスト撮影なのです



 





 



画面のひん曲がり方が



 





 



なかなかかっこいい



 





 



風景写真は青空がないと



 





 



台無しになりますね。



 





 



でも、予定では白銀の合掌造りの町と



 





 



青空とアルプス



 





 



の予定でしたが



 





 



メッチャ暖かい日でありんした。



 



 



ちなみに遅い冬はいきなりやってきました。



一月十四日の白川郷のライブカメラです



 





 



春が待ち遠しいですね。



 





 



 




JUGEMテーマ:岐阜県の何でも情報



越中おわら風の盆

  • 2016.09.05 Monday
  • 09:25

9月1日、2日、3日は

 

 

越中おわら風の盆なのです。

 

 

山の中の町、八尾は祭一色。

 

 

踊り子さんもスタンバイ

 

 

ガリガリ君も特別バージョンでスタンバイなのです。

 

 

浄土真宗本願寺派の聞名寺さん。

 

 

私は、このお寺の盆踊りが始まりと聞いてたのですが、諸説あるみたいですね。

 

 

夜になりますと大変な数の人が集まってきました。

 

 

19時から夜の部が始まります。

 

 

お堂が舞台になってますので見やすいのです。

しかも無料です。

 

 

始まりました。

 

 

暑さと風が心地よく交わる中

 

 

情緒ある音の調べと

 

 

美しい踊りがステキやん。

 

 

男踊りも

 

 

力強さの中に

 

 

華麗さ

 

 

なめらかさを感じます。

 

 

女踊りは

 

 

うーん、きれいやん

 

 

男と女の動きの掛け合いは

 

 

とってもいいですね。

 

 

編み笠の中は神秘的

 

 

ステキな男にキレイな女に決まってます。

 

 

中を確認なんてヤボなことはしてはいけません。

 

 

粋の世界なのです。

 

 

艶やかな世界の中にも先祖に感謝する踊り

 

 

お念仏で

 

 

踊りが終わりました。

 

 

舞台踊りをじっくりと見せていただくには、聞名寺さんがいいですね。

 

 

風の盆の三日間は

 

 

町中もすごい人です。

 

 

町では町流しという

 

 

踊り手がおわら踊りを踊りながら町内を練り歩くいうものもあるのです。

無料です。

 

 

突然やってきて

 

 

突然、目の前で始まってしまいました。

 

 

特等席では

 

 

ありますが

 

 

風を感じられるほど近すぎるし

 

 

風が終わったら嵐のように去って行きました。

 

 

圧巻でした。

これが三日間、八尾の町々で繰り広げられるのですね。

 

 

八尾の三日間は不夜城となるようですワン。

 

 

 

JUGEMテーマ:富山県

archives

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM