春近し

  • 2018.02.25 Sunday
  • 00:01

 

寒気もちょっと収まってきたようです。

 

DSC_2934.jpg

 

梅もツボミをピンク色に染めだしたようです

 

DSC_2933.jpg

 

今年の雪は洒落になりませなんだ。

 

DSC_2935.jpg

 

すこしずつですけど

 

DSC_2938.jpg

 

春が近づいてきました。

 

DSC_2941.jpg

 

海も波が低くなってきました。

 

DSC_2939.jpg

 

でも、冬の荒波は日本海に漂うゴミを、

 

DSC_2940.jpg

 

この地に集めてしまいます。

 

DSC_2942.jpg

 

あの国からのゴミですね

 

DSC_2943.jpg

 

人と人ならなんともないんですけど、正義を担いだやつと話ししても開き直られるだけです。

自分の非なんて認めないどころか、こっちの悪口並べられて気分が悪くなるだけです。

正義に溺れた奴らとは、関わりたくないです。

 

DSC_2944.jpg

 

人だろうが国だろうが、聞く耳のない偉いと勘違いしてるやつには

近づかないようにしたいものです。

 

DSC_2947.jpg

 

よってきたら逃げましょう。

 

 

JUGEMテーマ:海の写真

青い海はまだ先です

  • 2017.02.26 Sunday
  • 09:50

 

 

北の海は

 

 

 

波も荒く

 

 

誰も無口で

 

 

・・・・暗い

 

 

北陸の

 

 

北の海は

 

 

シャレにならんぐらい

 

 

大暴れしていますが

 

 

決して暗くはありませぬ

 

 

なにもない春ではないのです。

 

 

ただ、

 

 

春が遠いのです。

 

 

いやだ!

 

 

おら、こんな海いやだー!

こんな海いやだー!

 

 

きれいなお魚さんと泳ぎたいんだ−。

 

 

 

JUGEMテーマ:石川県

雨晴海岸

  • 2016.12.26 Monday
  • 11:29

 

やっと撮れました。

 

 

 

立山連峰の白い壁と女岩。

 

 

五月に行ったときは

 

快晴ではありましたが

 

 

霞がどんより

 

 

洞窟の中から撮っても

 

 

女岩は見えますが

 

 

 

白い壁は見えず。

 

 

ハットリくん号も車の中からやっとの撮影でした。

 

 

六月に行ったときは

 

 

写っているように見えますが

 

 

シクシク、雪がない。

 

 

ハットリくん号もすてきな夕焼けで・・・・・

 

 

時は流れて12月下旬

 

 

快晴の冬、


 

現地に向かう高速の上から、すんばらしい立山が見られますがな。

 

 

 

風もない

 

 

 

立山に日が当たってます

 

 

 

おおおお、女岩もくっきりと

 

 

完全なベタです。海に波がありませんがな

 

 

鳥は静けさに何を思う

 

 

日本海をバックに

 

 

岩の上の木は補強してあるんですね。

日本海の荒波はシャレになりませんものね

 

 

背景は能登半島です

 

 

氷見線です

 

 

走るは忍者ハットリくん列車

 

 

立山と富山湾を愛でながら走るローカル線なのです

 

 

スズメがびっくりして逃げていきますがな

 

 

こちらは男岩と立山。

男岩の方が貧弱なんですね。

 

 

年が変わって本格的な真冬がやってきますれば、ここも荒波の海に変わるでしょう。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:富山県

 

北陸のハワイ? 水島

  • 2016.08.22 Monday
  • 07:50

敦賀半島の先端にある無人島。

水島。

 

 

 

いつも行ってた手の浦海岸のちょっと先端側です。

 

 

敦賀半島の駐車料金は1500円が相場。

プラス、大人の一人の船代1200円はいかがなものか。

 

 

連れが足が悪いって言ったら船代はちょっと割引がありました。

 

 

駐車場は個人経営みたいですから、足が悪かろうがなんだろうが、船着場から遠かろうが段があろうが、自分のところに入れたがります。

障がい者用駐車場などはまったくありませぬ。

 

 

でも、船着場の方々のサポートは優しいものでしたのです。

 

 

島から帰ってくる船の最終便は夕方四時とのことですが、無理でしょう。

 

 

この人の数はなんなんでしょうか。

 

 

これだけを2艘の船で運んだんですね。

 

 

水はとっても透明ですし

 

 

夏は水も暖かいのです。

 

 

お魚もいっぱいですけど、

 

 

南の島のような色はありませぬ。

 

 

敦賀湾内は波が来ません。

 

 

南の島ではありませぬので、サンゴなどもありませぬ。

 

 

生き物はいますのです。

 

 

人が少なくなったらちらちらと出てきます。

 

 

ゴロタ石の外側は、砂地が広がってます

 

 

浅い海ですから安全ですね。

 

 

砂イソギンチャク

 

 

わけのわからんウミウシ

 

 

帰りの船の最終時間4時です。

まだ人だらけ。

 

 

結局帰りの船に乗れたのは5時半でした。

 

 

最後の便ですので、人のいない水島が見れます。

 

 

この季節には珍しいお姿です。

 

 

 

船の上からは敦賀原発の、悪名高いモンジュがお見送りをしてくれます。

めっちゃ近いし。

 

 

 

JUGEMテーマ:近江・若狭

 

海はまだ秋

  • 2015.11.11 Wednesday
  • 20:06
イチョウもやっと

黄色くなってまいりました。

イチョウは紅葉の千秋楽なのです。

んでも、
なんでかしらんけど

バラが咲きましたので、

ちょっと海を見に行きましょうか。

港は波がありませぬ。
港で波があったらえらいことなんですけどね。

海の中は

アメフラシの季節

元気にクネクネしていますのだ


フグが貝をかじってます。


港の外は

泡立ってますがな。


波は時々

堤防を超えてきますが、本気を出してはいません。

冬のど真ん中に入れば

荒波はシャレにならない高さで襲ってくるのです。
そうなればとてもじゃないけど、近づくなんてできなくなります。
 
JUGEMテーマ:石川県

千里浜ドライブウェイ

  • 2015.08.19 Wednesday
  • 19:08
千里浜はちりはまって読みます。 
車で砂浜を走れるんです。
約8kmなんですけど、ナカナカの感覚を感じられるドライブウェイなのです。


鳥さんなんかもたくさん会えるでしょう。

 
サンセットがステキなんですけど、
波が当たる所に車を止めますとあら大変。
タイヤが砂に埋まって出れなくなっちゃいますから、波打ち際は止めないで。


走り終わったら洗車は忘れずに。 

 
特に車の底はよく洗ってね。


場所は


ここです。


蘇洞門クルージング

  • 2015.06.14 Sunday
  • 22:25
CNNが選定した「日本の最も美しい場所」ってご存知でしょうか。

CNNってこんな選定好きですものね。

ちなみにその数がなんでか31箇所
 

30に出来なかったんですね。
選定に苦しんだんでしょうね。
もちろん風景ってのはその人の思い出も加味されたものですから、
「なんであそこが選ばれて、あそこが入っとらんのや〜」
って方もおられましょう。
 
それはそれで、選定された場所を見てますと
「そとも」?
福井県?
知らんかったー。
 
地図で見たら陸の孤島やん。




ということで、これはひとつ見に行かなくては。

 


若狭フィッシャーマンズ・ワーフ ちゅうところから船が出ているらしいです




HPをチェックすれば



割引もありますがな。



さあ


乗船です。

今回は小さい船。

実はこの小さい船が

特典があることがあるのです
 


空は青空
 
波も
 

 
ないに
 

等しい
 

半島にでると


ゴツゴツしてまいりました。
反対側には
 

おおお、原子力発電所が。
やっぱり陸の孤島なのですね。


洞窟です


カモメでしょうか、ウミネコでしょうか


 

そろそろと
 

外海にでてきました


亀岩ですって


白糸の滝です


大門です


この奥の入江に


上陸です


実は上陸は



普段はしてくれないのです



よっぽど波がない状態で


 
大きな船はダメなのです。
小さな船だけが
 

たまに上陸してくれるらしいですわ。


つまりは


この入江に入れたのは



めっちゃラッキーだったのです。



この青空の限られた空間は



限られたタイミングでしか



出会えないんです。



若狭の海は今日も暮れていくのです。

 
JUGEMテーマ:近江・若狭

天橋立

  • 2015.05.18 Monday
  • 09:26
日本三景といえば
松島
宮島
天橋立
でございます。

いつかは宮島にも、ぜひ行ってみたいものです。

天橋立は

舞鶴若狭道開通のお陰で、

ずいぶん近く感じられるようになりました。


天橋立には出口が二箇所あるのです。


文殊堂側と傘松公園側で出口が違うのです。


ちなみにどっちから出ても

値段は同じなのです。

今回は傘松公園側に

行きましたのです。


向こう側に

文殊堂が見えてます。たぶん。


向こう側まで歩くと



ナカナカのものです。


船でいくか

自転車で行くか。


自転車でゆるゆると行くのです。

おおお、美しい。



つきました

反対側の文殊堂のほうが

賑やか

なのです。


帰りはボートにしましょうか。

天橋立といえば股のぞき
股のぞきのポイントは両側にあるのですが、こちらからのほうが太い方から細い方に向かうのでカッコいいのです。

ということで

踏切を超えて


リフトモノレール乗り場に行くのです


リフトもモノレールも値段は同じ

んだらばリフトでしょう。




これが

有名な

天橋立なのです。

自然の港なのです。
お約束の
股のぞきは是非やっときましょう。


お疲れになったら
帰りは
文殊堂の横にある


ボート乗り場から

天橋立を右手に見ながら





涼しげに

帰りましょう。

青空に映える

天橋立は空に登っているのです
JUGEMテーマ:天橋立

雄島

  • 2015.05.10 Sunday
  • 09:41
最近何かと変なウワサで有名になった


赤い橋が美しい雄島。


 

ウワサは

ほとんどガセですね。


陸地から右側は岩の浜になってます。

左は

崖になっているのです。



雄島から

東尋坊タワーが見えます。

東尋坊


からですと

右側に


雄島が見えるのです。


とっても風光明媚な


島なのです。

潮だまりに

海藻が

茂ってます。
ハマりますと足をとられますからキケンなのです。


橋を渡りますと

神社があります。


阿ーーーーー


吽!

ときどき

東尋坊から

遊覧船が近づいてきます。

この島は表と裏では風景がまるで違うのです。

鳥居をくぐりますと

高い!


登り切りますと
そこにも

鳥居が。

奥に

行きますと

本殿でしょうか

本殿の正面は

東尋坊なのです。


宗教施設の観光はマナーを守りましょう。
信者でなくても失礼はいけませぬ。
リスペクトしないといけないのです。
ちなみにリスペクトと恐がることは全然違うのです。





島の裏側に行くと

森が

なくなります。

目の前に

海が広がるのです。

灯台だ。


まるで

ミニ東尋坊

海にも行けるのですが


一部は崖になっているのです。

一周するんなら崖に気をつけてくださいね。
他に気にするものはありませぬ。

森に

入っていき

階段をおりますと一周です。


海と島はとってもきれいなのです
夜中に行くところではありませぬ。
風景は見えませんし、ただキケンなだけです。
落っこちでもしたら地元の人にドエリャー迷惑をかけるだけです。

風景を楽しむためにお越しください。是非。
せっかくの風景、ガセにふりまわされると台無しになりますもんね。
JUGEMテーマ:福井ネタ

やってきました冬将軍

  • 2014.12.08 Monday
  • 16:38
とうとう雪が降ってきました

冬将軍の到来です。


到来すれば、



日本海は

大荒れなのです。


こんなところに


立っていれば


命が


なくなってしまいます。


冬の日本海は荒れまくりなのです。


 
JUGEMテーマ:石川県

archives

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM