人が死んだら、お化けになって出てきますか?

  • 2013.08.21 Wednesday
  • 21:49
JUGEMテーマ:NHK

あなたは子供にこの質問をされたらどう答えますか?
いつだったかこの質問が「夏休みコドモ科学電話相談」に現れたのです。
スタッフが質問の事前チェックをしますから、科学と関係ないって突っぱねることもできたはずなんですけど、採用したスタッフも素晴らしければ、答えた先生も素晴らしいです。

先生の答えは
「そんなものいません」
では終わってませんし、
いないものが見える、脳の錯覚の説明でもないです。

誤解があるとダメなので正確に全部書いたつもりです。
長いですからよかったら読んでみてみて。

 もしもし、
「おはようございます」
お名前教えてください。
「XXXXXです。」
XXXくんは何年生ですか。
「二年生です」
どんな質問でしょうか。
「あの、人が死んだら、お化けになって出てきますか?」
はっ、はいわかりました。○○○先生に伺ってみましょう。


XXXくん。おはようございます。
「おはようございます」
そうねえ。人間死んだら・・みんなかならず死ぬんだけど、
「うん」
人間死んだらどうなっちゃうんだろうっていうのは・・・・考えますよね。
「うん」
わたしもねー、いまもまだわかんなくて、考えてるのよ。とっても難しい事よね。
ただね、今日はね、XXXくんの質問に直接になるかどうか分かんないんだけど、今日は科学電話相談でしょ。
「うん」
だから科学で分かっていることを、今日お話しますね。
「はい」


まずね。わたくしの担当は命って、生きてるっていうことなんだけれども、
「はい」
死ぬっていうことは、命がなくなることですよね。
「はい」
生きていなくなることですよねー。
「はい」
じゃあ、生きてるときわたしたち何してるだろう。

いま、XXXくん生きてますでしょ?
「はい」
ねえ、じゃあ、生きてる証拠みたいの、なんだと今思う?
ぼく生きてるよみたいな。たとえば。
「うん」
たとえば、いまXXXくん息してない?
「息してる」
それ止めたら?
「うーん、苦しくなる」
苦しくなってずーっと止めてたら死んじゃいますよね。
「はい」
息してるっていうふうに外から、息してるっていうことは外から空気を入れて、そしてまた外へ出してるってことでしょ。
「はい」
それから、食べ物食べますよね。朝ごはん食べたかな?
「食べた」
ねぇ、で、食べ物を食べて、そしてそれが消化されて、XXXくんの体になって、そしてあの、また、えー、排泄もされますよね。いらなくなったものはね。
そうやって外から物を入れたり、えー、出したりしてる、そういうことをやってるの。生きてるときはいつもね。
「うん」
で、ということはなにかってっと、体は、体を作っているいろいろなものは、自然に置いとくと壊れていくんですよね。
「はい」
だんだん、こう、XXXくんはいつもXXXくんってあるみたいだけど、いつもなにか食べてないといけないということは、新しいものを取り入れて新しいものを作っていかなければいけないということは、体の中の物は少しづつ壊れたりしてるっていうことなのよ。
「うん」
ねえ、そうすると今のように食べたり、息をしたりしない、それができなくなると
「うん」
体は、もう壊れる一方になってしまいます。
「はい」
ねえ、だから死んでしまうと、わたしたちの体はどんどん壊れていってしまうのね。
「うん」
うん、それで、実は壊れていって、もともと作った・・・うーん、XXXくん二年生だからわかるかなー。
タンパク質だとか・・・そういう言葉聞いたことある?
「うーん、わかんない」
わかんない、わたしたちの体を作ってる物にだんだんだんだん、そういうものに壊れていってしまうのよ。
体の形はどんどん壊れていってしまうのね。
「うん」
うーん、で、もと、もとのわたしたちの体を作り出した、そのわたしたちが物を食べたりして取り入れた、そういう元の、えー、タンパク質だとか、お砂糖分だとか、いろんなものを食べてるでしょ。
「うん」
そういうものに壊れていってしまうの。
「うん」
で、体は壊れちゃうんだけど、実はここでわたしが言いたいことは大事なことは、そうやって壊れたものは、また地面の中に戻ったり、いろんなところに戻って行って、またもう一回、新しい生き物が生きていくためには、またそのものが使われるのね。
「うん」
そうやって、生き物、人間も生き物ですから生き物っていうのは死んでしまうけれど、もういっかいそこで壊れちゃったものが、また新しい命をもっている生き物に使われていく。
「うん」
で、そうやってね、地球ってわかりますよね。
「うん」
地球は丸くって、限られてるでしょ。いつも、だけどずーっとこの中でみんなが生きてくためには、その中にある物がどんどんどんどん使われたら減る一方になっちゃうじゃないですか。
「うん」
だけど、また亡くなった人の物をまたもう一回こうやって使ってるから、また次の生き物が生まれてこられるわけね。
「うん」
うーん、そうやって、
今わたくしは科学で考えた時のことを言ってるのね。
科学で考えると、死んだあとは、また次の命につながっていく。
自分自身はいなくなるけど、次の命につながっていくって、そういう風に考えたいなーって思ってるんだけど。だめかな。
「うん」
うん、難しいねー。難しいけど、でもね、命ってつながっていくことが大事なの。
お母さん、お父さんがいて、そしてXXXくんがいてって、またXXXくんが大人になると、こんどはXXXくんの子供が生まれてみたいにして、つながっていくじゃありませんか。
「うん」
ねっ、命はつながってく事が大事なので、死んだらそれで命が終わりじゃなくて、またその命は次へつながっていくんだなーっていう風に思うと、これが科学の答え。

ただね、死ぬって何かなーってとっても複雑だし、うーん、心はどこ行っちゃうのかなーとか、いろんなこと考えるのはとっても大事なことなので、とっても難しいことだけども、大人になっても忘れないで考えてほしいなーって、今思ってます。
とっても大事なことをXXXくん、考えたなーって思ってます。
「うん」
分かってくれたかな。
「はい」
ねーっ、

はい、XXXくん、これでいいですか?
「はい」
はい、じゃ、さよならー。
「さようならー」

はい、では次の質問です・・・・



お化けの質問から、命の尊さ、命の連鎖を教えてくださいました。
こんなすごい回答があるから、この番組はタマランのですわ。

後半戦は明日の午前中の開始予定です。
夏休みとともに終わってしまうのがザンネンですがな。

命って尊いんよ。

イルカはどうして頭がいいんですか?

  • 2013.08.20 Tuesday
  • 00:02
JUGEMテーマ:NHK


真夏のミステリーラジオ放送。
甲子園中継の合間をぬうようにして放送される
NHK 夏休み 子ども科学電話相談
の季節がやってまいりました。
なんと30年目ですってよ。
この番組は、小中学生のみなさんの科学に対する疑問や興味にこたえる番組です。
前半戦は甲子園が始まるとともに終わりましたが、なかなかのものでした。
 ことしもオコチャマたちのステキな質問目白押しです。

「イルカはどうして頭がいいんですか?」
うーん、なんてステキな質問なんでしょうか。
わたしも知りたいぞ。
脳が大きいからなんて答えはいやだぞ。

動物担当の先生は、どうもイルカのプロフェッショナルのよう。
ワクワクしますがな。

先生のおっしゃることによりますと
鏡に映る姿を自分だと自覚できる動物は、人間と高等なお猿さんの仲間と、イルカしかいないとのこと。
おおお、それは知らなかった。

そのほかにも先生は会話をしたり、ものに名前を付けたりと、イルカの知能の高い行動についてイロイロと説明してくださいました。

んで、どうして頭がいいの?

ところが先生。
「ねっ、イルカって頭がいいんだよ。すごいねー。わかったかな?」
わかったかなじゃねーよ。
この子は、その頭がいい理由を聞いてるんだがな。
頭がいいことを説明してドーする。

んでも、アナウンサーも
「XXXちゃん、イルカってスゴイねー。わかったかなー?」
聞いてることが違うって突っ込むんだー。

「わかりました。ありがとうございますー」

「ありがとう。さようならー」
「さようならー」
「さあ、次の質問でーす」
ダメだ終わっちゃった。
力技がすごすぎる。

やっぱりこの番組は奥が深い。

イルカさん頭がいい理由は何なんだい?



夏の甲子園も、もうすぐ終わりです。
夏休み 子ども科学電話相談の後半は甲子園決勝戦の日、22日から始まる予定です。
夏休みとともに終わる番組です。
平日の午前中の運転は、ラジオNHK第一をチェックだー。
こうご期待。

水はどうして透明なんですかぁ?

  • 2009.07.31 Friday
  • 14:13
ことしもやってまいりました。
高校野球のラジオ中継の間をぬって放送している、大爆笑の夏休み子供科学電話相談の季節です。

「うちの朝顔の中に、一本だけ花がつかないツルがあります。どうして?」
花が咲かないで枯れることはないと思うので花が咲くのを待ってみてね。

もし、花が咲かずに枯れてしまったら、珍しいので教えてね。

・・・・・これは相談になっているのかぁ?


海の水や川の水はどうして透明なの?

おもしろいところに気がついたね。それは偶然です。

ええええ?
それでいいのかぁ?

もし、水にオレンジ色やグレープ色みたいにいろんな色がついていたら、毎日ジュースを飲んでる気分になっちゃうよね。

どうもこの先生、水に色素が溶け込んでないってことじゃなくって、H2Oが透明な理由を説明しようとしているみたい。

その疑問を大切にしてね。

答えになっとらんが。
こっからが科学相談のすごいところです。
アナウンサーのネーチャンが。
「XXXちゃん、これでわかったかなぁ?」
「うん、わかりました。ありがとうございます」
・・・・・なんとすごい荒技だ。
あさがお
梅雨はまだ明けへんのかいな。

アナーキーなテントウムシ

  • 2007.08.24 Friday
  • 17:42
夏休み子供電話相談に、テントウムシに線の上を歩かすって実験がうまくいかないって質問がありました。
どうもテントウムシってのは、光に向かってまっすぐ歩くって習性があるみたいですね。
ですから光と平行な線を引いたら、その上を歩くって実験みたいですね。

それに対する先生の回答は、実験の環境を整えるってものでしたけど、もうひとつ気になった回答がありました。

「いくら環境をととのえても、うまくいかないテントウムシもいます」

性質通りの動きをしない固体もいるってんですね。

「だから進化があるんですね」

なんですとー。

つまり進化ってのはアナーキーなやつが作り出すってんですね。
まあ、水中に住んでたやつが陸に上がるってのも、かなりアナーキーな話ですよね。
命に弊害があるような環境の変化には、現状を守っていたらヤバイですものね。
現状を逸脱しないと生き延びるなんて不可能ですものね。

そうやって考えると、アナーキーが進化を作ってきたってのも理解できますね。

まあ、人間世界でも前例だけをまもって現状から逸脱しない個人や団体なんて、なんの進歩もないですものね。
逸脱が進歩を作るんですね。

やるときにはやらんと何の進歩もないってのをテントウムシから学ぶ、とっても暑い今日この頃です。


外でテントウムシの写真を撮ろうとしたけど・・・・いませんがな。
そんなにうまくはいきませんわね。

世界一暑い所は

  • 2007.08.03 Friday
  • 22:35
今年も「夏休み子供科学電話相談」の季節がやってきました。

夏休みの平日、朝の九時過ぎから十二時前までやっているラジオNHK第一の番組です。

子供たちの難問に対して、科学のプロが答えてくれるというダイナミックな番組なのです。

「世界で一番暑い所はどこですかぁ?」
おおおおお、難問だ。わても知りたい。
世界で一番寒いところは南極ですね。大陸の内部は北極点なんて問題にならないぐらい寒いらしいです。行ったことはないけど。

んでは、暑い所は、先生の回答によれば、
「中近東のどこかです」
ってことです。どこだ?
やっぱり完全な限定は難しいみたいですね。

ただ、おまけの話がお勉強になりました。
「扇風機をまわすと暑くなります」
なんですと。

気温が五十度以上ですから、五十度以上の熱風が部屋をかき回すだけなんですって。
ちょうと熱いお風呂でお湯を動かさないようにそーっと入ったあと、お湯をかき回したら耐えられなくなるみたいなものと一緒らしいです。

石油王国では扇風機は不要のものの用ですね。

こども科学電話相談

  • 2004.07.24 Saturday
  • 14:45
今年もやってまいりました。とってもステキな番組の季節。そう、NHKのブッちぎりラジオ番組、夏休みこども科学電話相談です。さっそくやってくれました。

「あのね。カミナリは落ちた時にどうして被害がそこにしかないんでちゅか?」
先生方は、カミナリについてイロイロと語ってくださいました。
アナウンサーはいつものとうり強引に終わらせます。
「わかったかなー」
「・・・・・・・・はい」
「ところであなたはカミナリがコワイかなー?」
「・・・・・・うーん・・・ママのカミナリがコワイよ」
大爆笑。
小学校2年のオネーチャン。あんたうますぎる。

夏休みコドモ科学電話相談

  • 2001.08.31 Friday
  • 00:38
もう夏休みも終わりです。
この番組の面白さをもう一つ。

「はい次の方、お名前と住んでいる所を教えてね」

「沖縄のXXでちゅ。」

「どんな質問かな?」

「カメを拾ったんでちゅ。飼い方を教えてくだちゃい。」

「どんなカメかな?」

「あのね、首が引っ込むと、フタが閉まるの」

・・・・・・・

「それって、リュウキュウセマルハコガメって、天然記念物で、絶滅危惧種だから、捕まえたところですぐに放してね」

・・・・・ガチャン・ツー・ツー・ツー

夏休みコドモ科学電話相談

  • 2001.08.24 Friday
  • 00:32
ミナサン知ってます?夏休みの前後だけ、NHKラシオ第一の午前中にやっている番組です。

今日の最後の質問が
「人間は魚から出来たと聞きまちたが、魚は誰がつくったのでちゅか?」

アナウンサーが先生方に、指名しても答えません。

しばらくして、一人の先生が
「海のなぎさの潮溜まりから、生き物の素が生まれたんだよ」
と答えました。

すると、他の先生が、
「いや、今の学説では、火山の熱水からと言う事になっているらしいですよ」

そしたら、宇宙担当の先生が、
「隕石がその素を運んできたのですよ」

あと、イロイロな学説が飛び交いました。

アナウンサー曰く
「生き物って、どこから来たんだろうね。XXちゃん、分かったー?」

小学生低学年にワカルカー

あの番組はおもしろすぎます。

archives

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM