プロレス八百長?????

  • 2003.01.09 Thursday
  • 13:56
プロレス八百長というのは長いテーマですよね。
ただそのことを論議するときに「お客さん」ってものを放棄している人が多いですよね。お客さんが喜ぶ試合ってのは型が決まったダンスではないですよね。プロレスのすごさは相手の技を受け続けて、耐えて勝つ。プロレスは結果より流れの方が重要ですからね。この技を受けるという行為が理解できなければ見ない方がいいですよね。町のケンカでは感動できません。
技を受けながらの真剣勝負。もしくはショーとして徹底した試合。オチャラケとお笑いを重視した大会。血と血を争う電流爆破チェーン有刺鉄線時限爆弾デスマッチ。もしくは相手の技を受けない10秒もかからない真剣勝負。好きなものが選べるのがプロレスなのですよ。
馬場の足に外国人レスラーが吸い込まれるのに感動するもよし。高山が三沢に眼球陥没させられるのにおののくのもよし。金メダリストが史上最強選手に圧倒的勝利するのに感激するもよし。食いしん坊仮面がえべっさんにスペーストルネードを仕掛けるのに歓喜するもよし。評論するのではなく、楽しむのがプロレスなのです。
あと作られた感動が気に入らないって言うのなら、「ローマの休日」や「ET」「戦場にかける橋」なんかも全部八百長ですわね。ニュースだけしかみとめないのなら感動も感じられないでしょうね。まあ、最近のニュースも八百長みたいに演出されたのも多いですけどね。

まあ、アマチアならお客さんなんか関係ないですものね。自己満足で全てが解決。興行ならばお客さんが喜ぶことが重要ですよね。
K−1も、人気の無い世界チャンピオンが500人もいるようなシューティングの世界を、お客さん本位で興行化して大成功した大会です。その演出ベースはプロレスなんですけどね。ボブサップに負けたホーストが優勝しちゃうアバウトさも、お客さんに不戦勝なんて面白くないものを与えてはならないという考えなんですけどね。

ところで八百長ってなんなんざんしょ。

・・・・・・・いかん。こういうテーマは熱くなってしまう。

ハンセン、ブロディ ぶろでぃ、はんせん

  • 2002.03.24 Sunday
  • 11:51
全日本プロレスのダブルエースですね。
ハンセン、ブロディはどちらも外国人エースであり、甲乙つけがたい優秀なレスラーでした。
ブロディ、ハンセンの立場は全日本も十分に気を使っていたみたいですね。
一試合ごとに、ハンセン、ブロディのコールの順番を変えていましたね。
今日がブロディが先ならば、明日はハンセンが先といった感じでした。
ハンセンは現PWF会長として全日本の後押しをしてますね。

ブロディの言葉でとっても大好きなものがあります。それは、
「プロになって金を取ったら楽しいという感覚は消える。あるのはストレスだけだ。そして、そのプレッシャーに打ち勝った者だけが真の成功者となる。」
というものです。

ヒールになりきれないヒールだったように思えます。
命日にはレッド・ツェッペリンの「移民の歌」を聞きながら、袖なしチャンチャンコをはおり、ルーズソックスをはき、黒の毛糸で付け髭と長髪のカールのカツラをつけ、そのへんのチェーンを振り回し、フエルトりコの空に叫びましょう。
「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」
祥月命日は7月16日です。

なお、このカキコも偉大な2人のレスラーに敬意を表して、コールの順番を意識して書きました。

超悪人

  • 2002.03.22 Friday
  • 11:50
故ジャイアント馬場の宿敵といえば、デストロイヤーやブルーノサンマルチノなどが有名ですが(だれも知らんぞ)、
あたいはザ、シークがナンバーワンだと思います。
ブッチャーと組んで、ファンクスにフォークを突き刺したことで有名です(だから誰も知らんちゅうんだ)

馬場が死んだときに、イロイロな対戦したレスラーがコメントをしてました。
「いい人だった」「こころの友だ」「すてきなヤツだった」
こんなコメントの中で、シークのコメントは光ってました。
「馬場の野郎、くたばっちめいやがったか。俺が殺してやりたかったぜ。どうせ地獄行きだろう。まってな。俺が死んだら地獄まで追っかけて、もう一度殺してやるからな」
そこまで言って、カメラマンに
「うれしくて仕方がないぜ。おまえら出て行けー」
と言って部屋から蹴り出しました。でも、大泣きしてる声が部屋の外まで聞こえてるんですね。

悪役は必要です。それでこそ考え方が広がるんですね。
でも、いい人を演じるより、悪役の方がかなりつらい作業ですね。
世論や常識に左右されない意見を発せられる人って、悪役にされやすいんですね。なんどひどい目にあったことか。

でも、ほんとうの悪役は、相手や世論のせいにしませんね。

「立て立て」オヤジと「座れスワレ」オヤジ

  • 2001.06.21 Thursday
  • 00:09
わたしはプロレスが大好きです。
会場にもよく行きます。大都市ではイロンナ団体が大きな会場で大イベントを行ってますが、田舎ではインディがチョコチョコくるだけです。
それでも、まれにタイトルマッチが行われます。そんなときのお決まりが国旗掲揚と君が代斉唱です。
「君が代斉唱です。会場のお客様、ご起立ください」
パラパラと数えるほどの人が立ち上がります。
そんなときに立て立てオヤジがあらわれます。
「オラ、お前ら国歌が流れてるのに立たんかい」と言いながら、そのへんの自分より弱そうな兄ちゃんを引っ張りまわしています。
そのあとスワレ座れオヤジが出現します。
「バカヤロウ、こんなもん止めろ。みんな座れ座れ」
オヤジたちの大声のなかで、国歌斉唱は終了します。とても厳粛な雰囲気です。

そういえば今年来たバトラーツのタイトルマッチでは君が代は流しませんでしたね。プロレスを楽しむ立場としては懸命な処置だったと思います。

立て立てオヤジも座れ座れオヤジも会場に来るな!

archives

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM