内閣総理大臣5000年の歴史?

  • 2014.03.16 Sunday
  • 14:03
JUGEMテーマ:歴史
中国の歴史は黄帝から始まったとされています。(神話ですけどね)
どうもその次の皇帝は黄帝の血脈とは関係ないみたいです。しばらく実力主義で皇帝が選ばれ、後に文命という人が夏王朝を作り、そこから血脈相続が始まったらしいのですが、実力主義の相続よりも血脈相続の方が優れていると言う解釈の様らしいのです。

愚鈍な平民の集合体や、代表者よりも、実力者のサラブレッドに任せたほうが弊害が少ないといった考え方みたいですね。かりにバカな独裁者が生まれたとしても、サラブレッドの血を引いた子孫によって修正されるから被害は大きくならない。被害が大きかったら、クーデターを起こせばいい。これが古代中国の政治の考え方らしいです。

皇帝は民衆の人気なんか気にしなくてもいいし、民衆が苦しんでも政治は成立したのですが、クーデターを起こす人は民衆の支持が必要でしたし、民衆の苦しい生活の改善を公約にしなければ成功しませんでした。ついでに、クーデターが成功する人はその姿に紫雲が広がっていたそうです。
実際は紫雲じゃなく、生活もままならない動乱の時代に、食べさせてくれる力を持っていた人のところに多くの人が集まっていったんですけどね。
 
こうやって見ると、いままでの内閣総理大臣は古代中国の血脈相続に近いものでしたね。支持率が低かろうが、国民の生活が苦しかろうが、成立しましたものね。
長くなればなるほど、現実よりシガラミのほうがつよくなるんでしょうか。
シガラミは変化を求めません。
儲けさせてくれる人のところに集まったってことではないでしょう・・・タブン。
 

でも、その支持不支持を今の時代は、マスコミが作れるんですよね。
んでも、会社や団体の有利性や思想に都合の悪い政治家を攻撃することを言論の自由って言っているマスコミも存在しますわね。
自分たちが発言する言葉狩りは言論の自由。敵対思想の方が発言すれば差別発言って言って攻撃しているコウモリ星人みたいなやつらのことですわ。
マスコミと言う特権階級がコントロールしてしまう可能性を打ち破るにはマスコミ同士の監視が一番良いのですが、それも期待できません。TBSテロ集団のお手伝い事件の時でも、他のマスコミは、政治批判ほどの一斉攻撃はしませんでしたものね。
国がマスコミを監視したらタイヘンなことになるし、やっぱり一人一人がニュースに突っ込みを入れて見なきゃいけないみたいですね。
「なんでやねん!」

寝たら変わるかな?

祝、ネズミーランド30周年

  • 2013.04.15 Monday
  • 19:14
JUGEMテーマ:東京ディズニーランド (TDL) 

今年は、浦安の超有名アトラクションテーマパークがオープンして30年目だそうですがな。

昔々、オープンしてしばらくたった時のことでした。

わたくし、某スタジオで、世界的有名なネズミの誕生日のCMの仕事に参加してましたのですわ。
巨大なケーキの前で、ネズミーランドのキャラクターみんなが、世界的超有名ネズミを胴上げするといった撮影だったのです。

そのころは夢の国もオープンしたばかりで、そんなに興味もなかったので写真も撮らなかったのですが、なぜかしらテストで撮ったポラロイド写真が残っていたのです。

ポラロイドですから写真の痛み方もハンパない。

もちろん着ぐるみを着たキャラクターがネズミーマウスを胴上げするなどという離れ業ができるわけがない。

ネズミーマウスをワイヤーで釣り上げて上下に振るという虐待をやったのです。

みなさんはネズミーマウスの地声を聞いたことがありますか?
私は聞きました。はっきりと

「くっ、くるしい」
とおっしゃっていました。


この撮影から四半世紀以上たってしまいました。
そりゃ、ほっておいたポラロイド写真も痛むはずだ。

しまうらのろーたー

  • 2009.06.01 Monday
  • 22:00
かーむし、かーむし、あるところに、しまうらのろーたーがいました。
ろーたーはみーうで助けたメーカーの・・・
こんな業界用語を使ってるやつにはあったことはないぞ。

部屋の掃除をしていたら、どえらい懐かしい写真が出てきましたのですだ。
ワテが「ちゃん」つけで呼ばれて仕事をしていたころの写真なのですだ。


山下真司
これは山下真司さんと仕事をした、ガソリンのCMですだ。

スクールメイツ
スクールメイツ。なんのCMだったかは覚えてませんわ。

巨匠
鈴木清順
鈴木清順監督なのですだ。

宮崎美子さん。
宮崎美子
こんなんいただきました。
宮崎美子
とってもやさしくていいひと。


でっかい人でした。
島田陽子
島田陽子さん。
島田陽子
メチャメチャ美しい人なのですだ。

松本伊代さんですだ。
松本伊代
すでに16歳以上です。


木梨憲武さんの奥さん。
安田成美
安田成美さんなのですだ。
んでもって、
とんねるず
だんなの相方ですわ。とってもお疲れのようでした。


びっくりするほどきれいな人でした。
刀根麻理子
刀根麻理子さん。
刀根麻理子

竹下景子さんも
竹下景子
やさしい人でしたわ。

この世界は寝る暇がないのです。撮影が朝までかかるなんてザラなのです。
寝るのが嫌いなのかと思うほどですわ。

とくにこの方が来られた時には、朝日を見るのが確定でしたわ。
この当時はスーパースターの
小泉今日子
小泉今日子さん。
なんせ忙しすぎて、スタジオ入りが夜中の一時なのです。
そっから次の仕事の時間までに撮影を終わらせるって強行スケジュールなのですだ。
この人こそ、いつ寝てるのかわからん仕事振りでしたわ。
んでも、
小泉今日子
お願いしたら書いてくださいました。

この世界の最低条件はあいさつですわ。
んでも、なんで、夜中でも
「おはようございます」
なんでしょうか?
「こんばんわ」
って言ったら、
「新人さん?おはようって言わないとだめよ」
って、やさしく注意されましたわ

この業界、生き残るのはタイヘンなことなんですけど、生き残ってる人を見ますと、すごくいい人が多いですわ。

ベストでもワーストでもおんなじなんですね。
カメラの前では悪態をつきまくってた芸人さんが、撮影が済んだあとにスタッフ全員にお礼を言っている姿を見ましたし、その逆で、すごいいい人を演じていた演歌歌手が、カメラが止まった途端にお弟子さんにあたり散らして、スタッフを無視して出て行ったのも見ました。
芸人さんは今でもテレビでよく見る姿ですし、その演歌歌手はずいぶん長く見たことがないですわ。


監督やスポンサーだけではなく、ワテら下っ端にもすごく優しかった人は、今でもテレビの中で見ることができますけど、そうでなかった人はあんまり見れませんね。

全部が全部じゃないんですけど、才能がある人が残る率は高いですわ。でも才能だけでは消えてしまってる人も多いんですね。
嫌味な人や、人のせいにする人は消えてしまってるような気がしますわ。

ワテにとってはとっても面白い世界でしたわ。
CM
非現実を作り出すんですもの。
CM
でも、寝る暇がないほど忙しい世界なのですだ。

その忙しさのなかで、普段は話もできない人ともお話しできることもあるのですだ。
ジミー・コナーズ
テニスの当時の世界チャンピオン、ジミー・コナーズさんですわ。

もちろん
ジミー・コナーズ
ちゃっかりといただいてるのですだ。






スピンドクター

  • 2008.07.17 Thursday
  • 16:42
報道を見るときには、おもしろい突っ込みどごろがあるのですだ。

スピンって考え方です。
国や団体にとって致命傷になるような重要なニュースを、別のニュースを取り上げて目立たなくしまうってテクニックです。
このテクニックのプロフェッショナルがスピン・ドクターと呼ばれるのです。
どうでもいいようなニュースを大々的に取り上げて政治的事件を隠したり、事件そのものをないことにしてしまうなんてことは北朝鮮のよくやる手段ですね。
政治の中枢に優秀なスピン・ドクターの広報担当がいるんだと思います。

たとえばってことでフィクションのお話です。

韓国の米国産牛肉輸入問題なんてのはイ・ミョンバク大統領にとっては致命傷の問題なんですね。
実際に支持率ダダ落ちですものね。

日本ならば国土交通省の公用車談合事件ですね。
これなんかはこの間の国会で民主党議員が
「国交省OBの天下り会社がほどんど受注してるやんけー」って追及してるんですね。
それにたいして国交相が
「厳選なる審査をした結果がそうなっただけやんけー」
って答弁してるんですね。
これがひっくり返ったんですから、責任問題まで出そうな話なんですね。

ついでに原油の異常な高騰による経済停滞ってのは両国に共通する大問題なんですね。

この日本の国会が閉幕しているこの時期。
しかも日本の招待でイ・ミョンバク大統領がサミットに出れたすぐ後の話なんですね。

そして今回の竹島騒動。
このタイミングは何なんだと思うのは・・・・考えすぎですね。


北にとって都合の悪いイ・ミョンバク大統領。
アメリカと韓国が友好的なのも都合が悪いことですね。
アメリカ牛輸入制限解除ってのは、北にとって大チャンスです。
本来ならばアメリカ牛不買運動ぐらいで十分なのに、アメリカと現政権を大攻撃する大々的なデモ行進。
アメリカよりのイ・ミョンバク政権にとって大打撃でしたね。
アメリカ批判と、イ・ミョンバクの支持率ダウンってのは北にとって非常に都合のいい流れです。

韓国の世論は北に都合いいように動き回ってますものね。
北からの世論コントロールの工作員が入ってるのでしょうね。

韓国で政権支持率か下がったときに効果的なのは反日祭りですね。
これで多くの政権が助かっています。
でも祭りを始めるには理由が必要です。
韓国大統領が日本の招待で出席したサミットが終わったすぐ後に竹島問題。
タイミングはバツグンですね。

反日祭りがなかったら、現政権は致命傷だったでしょうね。

それをジャマするかのように北での旅行者射殺事件。
これもタイミングはバツグンです。
北の核問題のニュースは後回しにされそうですし韓国政権のイメージダウンにもつながります。
反日祭りで射殺事件そのものもウヤムヤになりそうですしね。

三国にまたがってスピン・ドクターのにおいがプンプンしますわね。

ブッシュみたいに、致命的な事件が起こったときや支持率が下がったときに戦争おこしてウヤムヤにするよりはましなのかな。

ゴルゴ13の読みすぎって突っ込みを入れられそうなお話です。
フィクションですよー。

ニュースの順番や、とりあげる時間の長さ、コメンテーターのニュースに対する意見や解説、バックに流れる音楽なんかで演出するようなスピンは日本のテレビ局も使ってますね。
それ以上過激なスピンは・・・うーん、どうでしょう?

今年も泥水にハスの花が咲きました。
ハスの花
見えない泥水の底がどうなっているかを調べるのは、かなり難しいですね。

メディア・リテラシー

  • 2007.05.26 Saturday
  • 21:09
メディア・リテラシー」って大切ですね。
意味は、マスメディアが伝える情報をそのまま信じるのではなく、その情報を自分で評価、選別をする能力のことですだ。

これを完全否定して、メディアを改ざん利用したのがナチスであり、日本の大本営なんですね。暴走国家が作られた要因のひとつなんですね。
まあ、この時代ならばメディア・リテラシーなんてやったら監獄行きだったんでしょうけどね。

現在のマスコミはナチスや大本営みたいなことは無いんでしょうけど(タブン)、ニュースが完全な事実を伝えているかって言ったら難しいですものね。

何年か前のオウムテロ事件のあと、破壊活動防止法ってのを成立させようとしたことがありましたよね。
暴力主義的破壊活動を行った団体に対する罰則なんですね。
テレビ局二局がキャンペーンまでして大反対しました。
T●Sとテレビ●日ですね。
ところがこのときには世論調査で、破防法賛成が8割を超えちゃってたんですね。
テレビ朝●にいたっては、その世論調査を報道した後に
「国民がこんなにバカになったとは思いませんでした」
って言葉を放送しちゃったんですね。
それだけでなく、
「オウムはもう安全です」
ってまで言ってましたね。
でもこのテレビ局も、オウムだけに破防法を適用した「オウム新法」には反対しませんでした・・・おい、破防法をつぶしたかっただけで安全と思ってなかっただろう。
つまり、この二局は「国民の声を伝える」って機能は放棄したんですね。
そのわりに
「国民は怒ってます」
って発言が多いぞな。

破防法自体は問題が多い法律ですけど、実際に現在でも暴走団体や詐欺団体、危険物販売団体なんかが現れても
「個人が勝手にやったことであり、団体は関与していない」
ってことで個人に責任を丸投げして、団体は一切責任が問われないって事が多々ありますものね。

事実の報道の仕方だってコントロールが入ってますしね
でも、このころからマスコミが支持率をコントロールするって機能は少なくなったような気がします。

つうか、情報を流す役目がテレビ局独占にならなくなってきたんですね。
テレビが作ってきた価値観や正義が崩壊しだしたんですね。
いまはイロンナ方法で情報が手に入る時代になりました。でも、どこまで行っても情報だけなんですね。
その膨大な量の情報から、正しいものを選び取るって機能がますます必要な時代になったんですね。その機能がメディア・リテラシーなんですね。

あくまで自分のメディア・リテラシーの基準ですが、

疑ったら疑いきれるものは排除したいですね。疑って疑って、それでも疑いきれないものを選び取りたいですね。

「信じることが大切なんです。信じないとタイヘンなことが・・」
なんて脅しが入って、疑うことを許さないような情報はさっさと排除します。

「反対することに意義があり、内容なんか聞く気も無い」
ってのも聞いてられませんね。

この情報こそが正しく、それを否定する情報はすべて悪であるなんて基準で作っているニュースも排除の対象です。

主語が「国民の声」とか「一般」みたいに自分以外になったものは、発言者の責任をぼかすのに役立ちますね。ぼかすどころか、自分をその中に入れないで発言してたら楽ですよね。自分がそこにいない代弁者の発言ほど、聞いてられないものはありませんね。そんな発言、説得力なんてありゃしない。そんな報道って暴走しやすいですよね。

まあ、こんな発言はメディアだけじゃなく、個人の発言でも聞いてられませんけどね。


マスコミがやって信用がなくなることは、個人がやってもおんなじなんですよね。


この写真も改ざんがありますのです。

凶悪事件の報道

  • 2007.05.18 Friday
  • 13:02
犯罪は犯人が起こしたものですけど、背景はマスコミが作ってますね。
たとえば
「犯人の部屋から殺人に関する本が見つかった」
って報道があれば、その本がどんな本ってのはあんまり聞こえてこないんです、ね。
映画でも、推理小説でも、漫画でも、人が死なないやつを探すほうがタイヘンですね。つまり、小説やDVD、漫画が部屋にあっただけで
「本の影響が・・・」
報道は成立しちゃうんですね。

たとえば記者が、犯人の生活を知っている人に
「犯人はバージニア工科大学銃乱射事件のニュース見てた?」
って聞いたら、そんなものテレビでガンガン流されているんですから、見てたって答えるに決まっているんですね。それで
「犯人はバージニア工科大学銃乱射事件に興味を持っていた」
って裏づけがとれた?報道が成立しちゃうんですね。
裏づけがとれなくったって、想像の報道でも、犯罪心理学とかの先生とか、凶悪犯罪にかかわった元警察官とか弁護士なんかにうなづかせる演出が出来れば、説得力なんて作れちゃうんですけどね。

バージニア工科大学銃乱射事件のときもそう思いましたけど、犯行声明や殺人の瞬間をテレビで流す必要性があるのか。しかも流されている画像が殺されている人が命が亡くなる重大性を伝えてるとは思えない。
「こんなすごい画を手に入れたから見てね」
ってことしか伝わらないんです。しかもスクープですから画が軽いんですね。結果は殺人なんて日常茶飯事のカンタンなことよって、間違った感覚が伝えられちゃうような画なんですよ。

映画や小説、漫画はすぐにヒステリックな規制って話になるんですけど、残虐性を作るニュースは規制されません。それどころか映画や小説、漫画の規制の手伝いをするんですね。
そんなニュースが規制されるようなことがあれば言論の独裁者が
「言論の自由を害する、民主主義に反する、反社会的犯罪だ。報道倫理はマスコミの自主性で十分だ」
なんて言い出すんですね。間接的に映画や小説、漫画の規制を手伝うのはカンケーないんですね。ちなみにこれらも自主性の倫理委員会があるんですね。

事実というものにオブラートされたニュースほど影響は大だと思います。作り物じゃない作り物ってタチがわるいです。小説やDVD、漫画っていう作り物の影響なんてかなわないと思います。

じっさいにずいぶん前にあった大量殺人事件で、B級ホラーが規制されましたけど、あれはマスコミが作った規制ですね。
「犯人の部屋を見てください。こんなに異常なビデオがいっぱいある部屋なんです」
って報道がガンガンながれたんですね。
あたいは、その家の子供に自由を認めない、異常な独裁制家庭って方が問題だとおもったんですですけどね。そんな報道は、異常な部屋を演出する報道の一部となっていました。現実を捨て、夢想の世界に走って行ってかせた独裁家庭のほうが問題なんですけど、夢想の道具を排除すればいいって話になっちゃったんですね。


その事件の後、映画の規制をした人は映画とはまったく関係ない教育ナントカの肩書きをもったオバチャン数人が、映画を最後まで見ないで、タイトルだけで規制したんですものね。
言論の自由」ってのは報道を規制させないタメのもののようですね。

第二のゴールデンタイム

  • 2002.05.22 Wednesday
  • 12:51
夜8時9時代をゴールデンタイムっていいますよね。

いまは夜11時を第二のゴールデンタイムっていうそうです。

夜が退屈しないような時代ですよね。
有名チャットに行けば、夜中でも動いてますしね。

時代が夜型に向かっているような気がします。
あとは個人個人の考え方だけだと思いますね。

情報の公開のしかたも問題

  • 2002.04.12 Friday
  • 12:38
情報と一緒におどろおどろしい音楽なんか流したり、さわやかな音楽流したり・・・・
ムチャクチャな反論を正論にしてしまう演出が得意なニュース番組がイッパイ。
公開したって、情報コントロールはカンタンです。

演出という名前のコントロールを見抜く目が必要ですね。こいつは難しいぞ。

・・・だから公開する必要がないって話じゃないからね。

作られた感動

  • 2002.04.09 Tuesday
  • 12:35
一時期「ヤラセ」と言う言葉が流行りましたね。
「八百長」と同じような意味で使われていたように思います。
公共性、もしくは信憑性が必要なものは、やってはいけないものだと思います。

でも作られた感動ってのはOKだと思います。

ローマの休日をみてお姫様になったり、スタウォーズを観て宇宙に夢を託したり。ステキでっしゃろ?

作られない感動に出会うのは、作られた感動の方に出会うより難しいです。

動物園でビデオをまわしてきたものと、NHKの自然番組を見比べれば、作られた感動が感じられると思います。

まあ、ニュースなんかで犯人や、局と思想が違う人の意見なんかを映すときに、悪そうな音楽と、背景の色などで演出してるのは許されちゃうんですから、スゴイ国なんですけどね。これはヤラセとは呼ばないようです(北某国とかわらんヤンケー)
まあ、占いやマジナイなんかもニュースで流しちゃって、カルト教団のお手伝いしちゃうんですから、なんでもありなんでしょうね。
まあ、金にモノを言わせて、親会社のテレビ局と合体して、強さを演出している某球団が許されちゃうんですから、そんなものなんでしょう(そこまでしても弱かったっていうオチをつける気かな?)

馬場が足をあげたら、巨漢悪役レスラーが顔をぶつけていく姿に感動するのもいいじゃないかー!

なれたかな

  • 2002.04.05 Friday
  • 12:34
狂牛病も、雪印も、JAも、三菱も、めっきり報道がなくなりました。

秘書給与カッパライ国会議員狩りは、もしかして官僚の報復かもね。

プリオンも隠れちゃったね。報道がなくなれば、なれちゃうのが世論ってものなのかなー?

archives

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM