一乗谷朝倉遺跡

  • 2019.03.17 Sunday
  • 18:49

特別史跡

特別名勝

んでもって重要文化財の

 

スナップショット 3 (2019-02-26 20-23).png

 

一乗谷朝倉遺跡

 

1551152979729.jpg

 

高校生の頃にわりと行きましたけど、その頃に比べると

 

1551153007295.jpg

 

別世界

 

1551153010703.jpg

 

戦国の町並みが復元されてますがな

1551153012312.jpg

 

見たことないはずです。

平成七年にオープンしたそうですがな

 

1551152986593.jpg

 

ここは北陸の越前

 

DSC_0278.jpg

 

北陸の戦国時代は、一向一揆の勢力がものすごかったところ

 

DSC_0279.jpg

 

民衆の抵抗戦争が激しかった時代に

 

DSC_0280.jpg

 

衣食住、ついでにトイレも整った大都市がここにあったんですね。

 

DSC_0281.jpg

 

石川と富山は一向宗の自治国家となりました

 

DSC_0282.jpg

 

でも、越前の地は百姓の持ちたる国にはなりませんでした

 

DSC_0284.jpg

 

強力な戦国大名、朝倉一族が民衆の安定と生活を守り

 

DSC_0285.jpg

 

一揆をねじ伏せる戦力を持ってたんですね。

 

DSC_0288.jpg

 

復元された城下町を見ていても

 

DSC_0289.jpg

 

生活の安定が感じられます

 

DSC_0290.jpg

 

トイレが一軒一軒ついてるなんて、この時代の世界と比べてもめっちゃゴージャス

 

DSC_0291.jpg

 

コンビニですね

 

DSC_0292.jpg

 

お母さんをちら見してます。

 

1551152981253.jpg

 

平日ですからあんまり人がいませぬ

 

DSC_0294.jpg

 

なんか舞台があります。

イベント用ですね

 

DSC_0296.jpg

 

戦国の名家、朝倉

 

DSC_0298.jpg

 

その一族が治めた大国が、

 

DSC_0303.jpg

 

この山の谷

 

1551152968435.jpg

 

にあったのです

 

1551152965396.jpg

 

最盛期には一万人が住んでいたそうです

1551152955959.jpg

 

川の向こうはお館様のお屋敷

 

DSC_0309.jpg

 

城はありませぬ

 

DSC_0310.jpg

 

人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり

 

DSC_0313.jpg

 

この言葉は信玄でしたわね

 

DSC_0318.jpg

 

土地も守りやすい地形ですし

 

DSC_0322.jpg

 

高台から谷の入口にも目が行きますから

 

DSC_0327.jpg

 

城は必要なかったんでしょうね

 

DSC_0328.jpg

 

信長さえ来なければ

 

DSC_0331.jpg

 

朝倉義景の墓です

朝倉家最後の当主です。

 

スナップショット 5 (2019-02-26 20-24).png

 

信長軍は柴田勝家が一乗谷に攻め込み、

 

DSC_0333.jpg

 

居館や神社仏閣などを放火してしまいました。

 

DSC_0335.jpg

 

この放火は三日三晩続いたそうです。

ここは滅びの国なのです

 

スナップショット 2 (2019-02-26 20-06).png

 

 

この門も朝倉家を弔うために江戸時代に作られたということらしいです。

 

 

DSC_0271.jpg

 

谷の一番奥には滝があります。

 

DSC_0270.jpg

 

ここも滅びの逸話が

スナップショット 1 (2019-02-26 20-26).png

 

この滝で佐々木小次郎が秘剣、ツバメ返しをマスターしたという伝説があります

 

DSC_0273.jpg

 

 

JUGEMテーマ:福井ネタ

 

宮本武蔵に巌流島で敗れた剣豪です

冬の白川郷ぶらりあるき

  • 2019.03.10 Sunday
  • 12:21

 

冬の晴れ間

 

秘境、

 

IMG_0322.JPG

 

世界遺産の白川郷

 

IMG_0323.JPG

 

屋根には雪も少なくなってきています

 

IMG_0324.JPG

 

今年は行きも少なかったようで

 

IMG_0326.JPG

 

でも、お山は真っ白

 

IMG_0329.JPG

 

池の鯉も水底で動きませぬ

 

IMG_0331.JPG

 

ここは合掌造りの山里

 

スナップショット 2 (2019-02-22 23-09).png

 

屋根が急勾配なのは雪を落とすため

 

スナップショット 3 (2019-02-22 23-10).png

 

水は雪を溶かしてくれます

 

IMG_0332.JPG

 

家の窓は

 

IMG_0334.JPG

 

雪から守るための、雪囲いが残ってます

 

IMG_0335.JPG

 

ここは日本でも有数の観光地となりました

 

IMG_0341.JPG

 

平日でも、外国人の方でいっぱいです

 

IMG_0342.JPG

 

街の中の小川に、大型魚が

スナップショット 1 (2019-02-22 23-08).png

 

水は凍りつくような冷たさです

 

IMG_0347.JPG

 

田畑は雪に覆われてます

 

IMG_0348.JPG

 

除雪のための重機も

 

IMG_0349.JPG

 

ここに黄砂が降って

 

IMG_0350.JPG

 

雪が汚れて黒くなれば、

 

 

太陽の熱で

 

IMG_0351.JPG

 

一気に溶け出します

 

IMG_0352.JPG

 

白い雪はなかなか溶けてくれないのです

 

IMG_0353.JPG

 

それでも、下界よりも春の訪れは

 

IMG_0354.JPG

 

遅くなります

 

IMG_0358.JPG

 

日が暮れてくると、寒さも帰ってきます

 

IMG_0359.JPG

 

茅葺きの家は火事に弱い。

街のいたるところに放水銃が設置されています

 

 

 

 

IMG_0362.JPG

 

なんか聞いたことのある名前のお寺が

 

IMG_0363.JPG

 

ここは標高500m近くの里

 

IMG_0364.JPG

 

春はまだ遠いのです

 

IMG_0367.JPG

 

荻町城祉展望台から望めば、観光客だらけ

 

 

ちなみに近ごろは東南アジアの方々が目立つようになりました。

 

 

 

JUGEMテーマ:世界遺産(国内)

 

志摩マリンランド

  • 2019.03.03 Sunday
  • 00:02

いったい三重県には水族館がいくつあるのでしょうか

 

IMG_0215.JPG

 

しらなかった

 

IMG_0217.JPG

 

志摩マリンランドとな

 

 

入り口に

 

 

ペンギンさんが

 

IMG_0219.JPG

 

はいりますと

 

IMG_0220.JPG

 

なんでしょうか

 

IMG_0222.JPG

 

古代魚コーナー

 

IMG_0224.JPG

 

肺魚ですね

 

IMG_0225.JPG

 

化石、コレニアですって

 

IMG_0227.JPG

 

古代生物といえば

 

IMG_0228.JPG

 

やっぱりカブトガニ

 

IMG_0229.JPG

 

じっくり見出したら、キリがない量です

 

IMG_0230.JPG

 

ワクワクしますがな

 

IMG_0231.JPG

 

オーストラリアン肺魚。

肺魚の中でも、生粋の古代野郎です

 

IMG_0232.JPG

 

ホールを抜けると

 

IMG_0235.JPG

 

おおお、ワヌケヤッコ

 

IMG_0237.JPG

 

さすが志摩

 

IMG_0239.JPG

 

ナポレオンフイッシュがステキ。

 

 

南の島のお魚はきれいですわね

 

IMG_0240.JPG

 

ウツボさんはうねうね

 

IMG_0241.JPG

 

コバンザメは

 

 

サメではありませぬ

 

IMG_0244.JPG

 

シマウシノシタ。

舌ではありませぬ。

 

IMG_0246.JPG

 

ゴンズイです

 

IMG_0247.JPG

 

イトヒキアジ

 

IMG_0250.JPG

 

フグは河豚と書きます。

海の魚です。

 

IMG_0252.JPG

 

岩場のお魚

 

IMG_0255.JPG

 

エビスダイ。

きれいな赤

 

IMG_0257.JPG

 

底物の美味しい奴らです。

 

IMG_0259.JPG

 

オオクチイシナギ。

 

 

怪物です。

 

IMG_0262.JPG

 

クラゲと

 

IMG_0266.JPG

 

イソギンチャクは近似種です。

 

IMG_0268.JPG

 

イガグリガニ

ここまでトゲトゲにならなくても

 

IMG_0269.JPG

 

伊勢の名物。

イセエビですね。

 

IMG_0271.JPG

 

オオホモラとニチリンヒトデ

 

IMG_0278.JPG

 

クラゲさんは

 

IMG_0279.JPG

 

フワフワして

 

 

いいですね

 

IMG_0280.JPG

 

ヒレシャコガイ

 

IMG_0281.JPG

 

ハナギンチャク

 

IMG_0285.JPG

 

ヒカリマツカサ。

ひかります

 

IMG_0286.JPG

 

プテラポゴンカウデルニー

 

 

昔はアクアテラリウムの憧れの魚でした。

 

IMG_0287.JPG

 

志摩といえばアコヤガイ

 

IMG_0289.JPG

 

真珠の産地です。

 

IMG_0290.JPG

 

タツノオトシゴはオスから

 

IMG_0292.JPG

 

子供が生まれます。

 

 

メスから卵を預かってるんですけどね。

 

IMG_0294.JPG

 

二階のホールは

 

 

回遊プール

 

DSC_1739.jpg

 

優雅に

 

 

泳いでます

 

DSC_1740.jpg

 

スギ。

隠れた高級魚

 

DSC_1741.jpg

 

あまちゃんの

 

DSC_1742.jpg

 

餌付けショー

 

 

何がなんだかわかりませぬ

 

DSC_1744.jpg

 

移動して初めて姿が見えまする

 

IMG_0295.JPG

 

狭いけれどステキなプールです。

 

IMG_0299.JPG

 

タッチコーナーはアカエイって、

 

 

トゲは抜いてあるようです

 

IMG_0300.JPG

 

これはさわれるんでしょうか。

めっちゃ痛そうな

 

IMG_0302.JPG

 

ドクターフイッシュ

 

 

ガラ・ルファです。

 

IMG_0304.JPG

 

ここはマンボウがいる

 

 

水族館。

 

IMG_0306.JPG

 

一匹だけかい。

 

IMG_0307.JPG

 

アマゾンの怪魚を見て

 

IMG_0308.JPG

 

マラウイ湖のお魚

 

 

アフリカの湖なのです

 

IMG_0310.JPG

 

なんか水草っぽい水槽を見て

 

IMG_0314.JPG

 

冬というのにケヅメリクガメ

 

IMG_0313.JPG

 

部屋でくつろいでました

 

IMG_03161.jpg

 

マンボウは少なかったですけど、志摩っぽい水族館でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:水族館

フクロウの足革が限界を超えました

  • 2019.02.17 Sunday
  • 17:31

切れてしまいました。

アンクレットと言われる革製の足輪。

つけ直さないといけないのです。

でも、自分でつけると次の日に外れてしまうことも多々。

 

ということでここはプロに頼むのです。

鷹匠の吉田君

 

めっちゃ太ってますが、昔はスリムだったのです。

 

スナップショット 1 (2019-02-10 0-26).png

 

プロの手でメンフクロウもおとなしいものです

 

 

スナップショット 6 (2019-02-10 0-30).png

目隠しと羽抑え。

 

スナップショット 7 (2019-02-10 0-30).png

 

鳥も人も安全になります。

 

スナップショット 3 (2019-02-10 0-27).png

 

まずは爪切。

 

スナップショット 8 (2019-02-10 0-30).png

 

深爪すると血が止まらなくなります。

そうなると血止め薬か、火で焼かないといけなくなるから要注意。

 

DSC_0141.jpg

 

さすがプロ。

クチバシをヤスリで綺麗にするんですね。

わたくし、恐ろしくてできませぬ。

 

スナップショット 5 (2019-02-10 0-28).png

 

革にポンチで穴を開けて

 

DSC_0139.jpg

 

おお、ハトメの取り付ける道具がプロっぽい

 

スナップショット 9 (2019-02-10 0-31).png

 

で、足につけたら

 

 

完成です。

 

 

つぎはアビニシアンワシミミズク

 

1549806025067.jpg

 

こやつは凶暴なのです。

 

1549806026771.jpg

 

スキあらば爪で襲う気バンバンです。

 

DSC_0143.jpg

 

プロはたやすくつけてしまうのです。

 

DSC_0142.jpg

 

こやつも快適に

 

 

逃げられなくなったのです。

 

 

 

1549806021193.jpg

 

ユーラシアワシミミズクは爪切とクチバシ磨きで完成です。

 

吉田君ありがとう。

 

 

1549806030442.jpg

 

ちなみにこいつは噛み付いてくるので、手も足も出ませぬ。

クチバシ伸び放題。

 

 

こいつは迫力ものですが、デカイだけで優しいやつなのです

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM