わくわくはまZOO NIGHT ZOO 2018

0

     

    狙ったわけではないのですが

     

    IMG_2872.JPG

     

    行った日がナイトZOOの日。

     

    IMG_2873.JPG

     

    浜松市動物園の真夏のイベントの日でした。

     

    IMG_2875.JPG

     

    カンガルーさんも

     

     

    実に涼しげ

     

    IMG_2879.JPG

     

    ラマです。

     

     

    夜ですとよく動いてくれます

     

     

    IMG_2881.JPG

     

    お猿さんも

     

     

    夜は活発なんですね

     

    IMG_2884.JPG

     

    ネコ科の頭蓋骨を触らせてくれてます。

    デカイし

     

    IMG_2887.JPG

     

    この仲間の頭みたいです

     

    IMG_2889.JPG

     

    ここで生まれ育った子供みたいです

     

    IMG_2890.JPG

     

    大きくなったんだね

     

    IMG_2892.JPG

     

    アムールトラはデカイですから、

     

     

    ゴロゴロされたら引きますね。

     

     

    IMG_2893.JPG

     

    ライオンもめっちゃ動いてます

     

     

    動きはすごいですけど、暗いのが見にくいですね。

    Nightzooですからあたりまえ

     

     

    IMG_2900.JPG

     

    ユキヒョウは夜でもこの暑さはタマランみたいです

     

    IMG_2913.JPG

     

    暗闇にクロヒョウ。

     

     

    なんと無茶なスチエーション

     

     

    子供が可愛いですわ

     

    IMG_2914.JPG

     

    夜のぞうさんも

     

     

    なんか野生の王国っぽいです。

     

    IMG_2918.JPG

     

    南米のカピパラも

     

     

    夜行性ですから動きまくりですね。

     

     

    IMG_2921.JPG

     

    ヤマアラシは動いてくれませぬ

     

    IMG_2923.JPG

     

    ミーアキャットは夜でもだれてます

     

     

    暑いそうです

     

    IMG_2927.JPG

     

    コツメカワウソかわいいし

     

    IMG_2931.JPG

     

    ナイトズーも終わりの時間に近づいてきたようですけど

     

    IMG_2935.JPG

     

    写真が撮れん

    暗いし、檻が邪魔だし

     

    IMG_2936.JPG

     

    でもこのゴールデンライオンタマリンは日本ではここにしかいないんです

     

     

    蛍の光が流れてきた

     

     

    残念、ここまでか

     

     

    ちなみにこの場所、この動物園の一番奥なんです。

    急がないと出られなくなってしまう

     

     

    IMG_2940.JPG

     

    急ぎたいけど、

     

     

    バイソンがせっかくだから見ていけってそそのかします

     

    IMG_2942.JPG

     

    蛍の光が背中を押すけど

     

    IMG_2943.JPG

     

    ブーちゃんが後ろ髪を引っ張るし

     

     

    でも、無情に動物園内のライトが消えていくのです

     

    IMG_2874.JPG

     

    浜名湖の夜も更けていくのです。

     

     

    JUGEMテーマ:動物園


    ビーチクラブポテトヘッド

    0

       

      あさです。バリ最終日です。

       

       

      最終日って言っても三日目なんですけどね

      正午には空港に行かないといけないので時間がありませぬ。

      タラちゃんタイムリミットまで頼むぞ。

       

      DSCN0312.JPG

       

      なんか昨日、つないであった船が燃えたらしいですわ。

       

      DSCN0313.JPG

       

      まだくすぶってます。

      まるで赤壁の戦い。

       

       

      まずはショッピング

       

      DSCN0406.JPG

       

      お土産屋やモールなどというところには用事はありませぬ

       

       

      なんだあの丼のマークは

       

       

      地元のスーパーが素敵やん。

      今回は時間がなかったので市場にはいけませなんだ。

       

      DSCN0316.JPG

       

      買い物を済ましたら、つぎは南の島をギリギリまで堪能しましょう

       

      DSCN0318.JPG

       

      ビーチクラブ

      なんか響きが素敵やん。

      で、ビーチクラブってなんやねん

       

      DSCN0319.JPG

       

      ここはビーチクラブポテトヘッド

      フロントでチェックインして、席を決めるんですって。

      もちろんタラちゃんが全部してくれました。

       

      DSCN0321.JPG

       

      なんかすごい色の建物

       

      DSCN0323.JPG

       

      南の島ですから日陰を作ってくれてるのね。

       

      DSCN0329.JPG

       

      あら、サイケな色はビーチサンダル

       

      DSCN0331.JPG

       

      サイケな壁は窓でしたのね。

       

      DSCN0332.JPG

       

      おねーさんがお出迎え。

      これはもしかして

       

      DSCN0333.JPG

       

      やっぱりそうだ。

      これはわたしが一番に合わない世界観。

       

      DSCN0341.JPG

       

      この世界は欧米人や若いおねーちゃんたちが戯れる場所

       

      DSCN0344.JPG

      これ知ってる

      インフィニティプールっていうやつだな。

      オサレすぎます

      すみません、すぐ帰りますからしばらくだけ

       

      DSCN0345.JPG

       

      プールに浸からせてください。

       

       

      オーストラリアのお客さんが

       

      DSCN0360.JPG

       

      八割ぐらいかな

       

       

      めっちゃおしゃれなバーカウンター

       

       

      恐ろしくて近づけませぬ

      そうそう、こんなカップルが座ってこそビーチクラブ

       

      DSCN0373.JPG

       

      眼の前に広がるはインド洋

       

       

      タイムリミットは近づいてまいりました

      早いお昼を食べて、夢の世界からおさらばしますか

       

      DSCN0385.JPG

       

      もちろんビーチクラブにふさわしいオーダーを

       

      DSCN0391.JPG

       

      シクシクこれしか思いつきませぬ

       

      DSCN0396.JPG

       

      天候にも恵まれて

       

       

      日本よりも涼しい夏を満喫して

       

       

      最後には

       

       

      私だけなら近づくこともなかったであろう、ビーチクラブなどという摩訶不思議な場所まで連れて行ってくれたタラちゃん

       

       

      バリ滞在時間、なんと46時間

      時間を有効に使えたのはタラちゃんのおかげなのです

      ありがとう

       

      DSCN0410.JPG

       

      クアラルンプール空港経由で帰りましょう

      直行便は、なんで高い!

       

       


      バリに来たならバリ舞踊

      0

         

        バリの朝

         

        IMG_2742.JPG

         

        わたくし、さっさとダイビングに行ってしまったので

         

        IMG_2743.JPG

         

        残った方々は、タラちゃんにバリダンスを見に連れて行ってもらったのです。

         

        IMG_2736.JPG

         

        朝に行きたいところを伝えたので、タラちゃんいわく、

        「昨日言ってくれたら予約できたんだけど」

        とのこと。

         

        IMG_2730.JPG

         

        でも、なんとかしてくれるのがタラちゃん。

         

        IMG_2668.JPG

         

        しかも、席に座るところまで面倒見てくれるのです。

        バリ初めてどころか、旅行はじめての方をおまかせしても安心タラちゃんなのです。

         

        IMG_2667.JPG

         

        バロンダンスが始まりました。

         

        IMG_2695.JPG

         

        観光用のダンスは

         

        IMG_2697.JPG

         

        コミカルで面白いのです。

         

        IMG_2703.JPG

         

        って今回は、私見てませんけどね。

         

        IMG_2716.JPG

         

        前回は夜しかやってない王宮ダンスを見ましたのです。

         

        IMG_2715.JPG

         

        なんせ日にちがないので、

         

         

        昼間に見ないともうひとつの有名なやつが見れないのです。

         

        IMG_2710.JPG

         

        これこそバリカラーの

         

        IMG_2721.JPG

         

        美しさですね

         

        IMG_2726.JPG

         

        で、このあとタラちゃん、ツレを買い物に連れて行ってくれて、

        ダイビングショップで合流

         

        IMG_2742.JPG

         

        ステキな

         

        IMG_2743.JPG

         

        ジャングルの見える

         

        IMG_2746.jpg

         

        テラスで

         

        IMG_2754.jpg

         

        早い晩御飯をいただき

         

        IMG_2767.JPG

         

        ウルワツ寺院に向かうのです

         

        IMG_2772.jpg

         

        断崖絶壁

         

        IMG_2774.JPG

         

        ここの広場で

         

         

        夕方にケチャックが行われるのです

         

        IMG_2763.jpg

         

        この腰巻きをつけないと入場できません

         

        IMG_2781.jpg

         

        めっちゃすごい人

         

        IMG_2776.JPG

         

        これでもかって感じでお客さんを押し込みます

         

        IMG_2778.JPG

         

        踊る場所が小さくなってきます

         

        IMG_2782.JPG

         

        火を使うのに狭すぎんか?

         

         

        IMG_2795.JPG

         

        始まりました

         

         

        IMG_2801.JPG

         

        ヒンドゥの聖典の

         

         

        IMG_2809.JPG

         

        ラーマーヤナを表現した踊りなのです

         

        IMG_2814.JPG

         

        ガルーダです

         

        IMG_2822.JPG

         

        おどりも盛り上がってきましたら

         

        IMG_2836.JPG

         

        お猿さんの客いじり

         

        IMG_2838.JPG

         

        日本語でもいじってくれました

         

        IMG_2849.JPG

         

        近いのにやっぱり火を使うんだ

         

         

        最後にドイツの方をいじりたおして、楽しく終わるのです。

         

         

        おもろかったー。

         

         


        バリ高速ドリフトダイビング

        0

           

          つれの海外旅行ド素人を、タラちゃんに丸投げして、

           

          DSCN0162.JPG

           

          久しぶりにやって来ましたスランガンマリンサービス

           

           

          DSCN0163.JPG

           

          猫はいるけど、シクシク、ひろこねーさんがいません。

           

          DSCN0161.JPG

           

          オーナーのひろこねーさん、日本にいらっしゃるのです。

          しくしく、今回はすれ違いでした。

           

          DSCN0164.JPG

           

          ねーさんに会えないという悲しみを抱えながら、

           

          DSCN0167.JPG

           

          船着き場に、

           

          DSCN0170.JPG

           

          ポイントに向かって出向するのです

           

          DSCN0171.JPG

           

          いつもなら日傘をさした岸壁の母がお見送りしてくれる出港。

           

           

          いません。

          涙で霞んで何も見えませぬ。

           

          DSCN0173.JPG

           

          ということでポイントに向かってレッツラゴー

          冬にしか来たことがなかったので、この季節は新鮮です。

           

          DSCN0175.JPG

           

          なにが新鮮かといいますと、日本より涼しいってどういうことやねん!

           

          DSCN0180.JPG

           

          ということで、ペニダ島まで一時間まではかかりませなんだ。

          一本目はマンタポイント。

           

          DSCN0182.JPG

           

          なんでしょうか、贅沢なものです。

          初めてあったとき、あんなに感動したマンタが

           

          DSCN0183.JPG

           

          めっちゃ冷静に見れている

           

          DSCN0184.JPG

           

          自分が嫌いです。

           

          DSCN0188.JPG

           

          前回ほどの枚数はいませんが

           

          DSCN0189.JPG

           

          ここに初めて潜ったときに、一枚だけ見れたことに大興奮した自分はどこに行ってしまったのでしょうか。

           

          DSCN0194.JPG

           

          それにつけても、

           

           

          ここはマンタがいついてるんですね。

           

          DSCN0197.JPG

           

          世界中から

           

          DSCN0198.JPG

           

          ダイバーが

           

           

          集まってくる場所なのです。

           

          DSCN0201.JPG

           

          二本目はマンボウが見れるポイント

           

          DSCN0221.JPG

           

          ただし、マンボウの季節にはちと早すぎなのです。

           

          DSCN0222.JPG

           

          あそこにいるのは

          天敵、ゴマモンガラ

           

           

          DSCN0224.JPG

           

          英名トリガーフイッシュ

          銃のトリガーが名前に入った凶暴なヤバイ魚なのです。

          攻撃される前に、さっさと離れましょう。

           

          DSCN0228.JPG

           

          ひろこねーさんから、マンボウシーズンにはちょっと早すぎますが、うまく行けば会えるかもしれないという優しい言葉をいただきましたが。

           

          DSCN0230.JPG

           

          ホトンド見れると言われるものでも見れないのが私。

           

          DSCN0231.JPG

           

          可能性が50%以下なら、私にとっては0%と同じです。

           

          DSCN0234.JPG

           

          またバリに宿題を残してしまいました。

           

          DSCN0235.JPG

           

          マンボウは

           

          DSCN0237.JPG

           

          こころの目で

           

          DSCN0238.JPG

           

          見ることにして

           

           

          DSCN0240.JPG

           

          バリの海を

           

          DSCN0244.JPG

           

          堪能して

           

          DSCN0247.JPG

           

          目に焼き付けておきましょう

           

          DSCN0248.JPG

           

          おおお、

           

          DSCN0249.JPG

           

          ウミガメさんだあ

           

          DSCN0253.JPG

           

          魚の量は

           

          DSCN0255.JPG

           

          半端ないです

           

          DSCN0256.JPG

           

          マンボウよりも

           

          DSCN0257.JPG

           

          かなり小さいですが

           

          DSCN0259.JPG

           

          美しさは半端ない。

           

           

          ということで

           

          DSCN0263.JPG

           

          お昼は船の上でサンドイッチ。

          他の方は残しておられましたが、もったいないお化けが出てきては大変です。

          私ぐらいは完食しておきましょう。

           

          DSCN0265.JPG

           

          三本目はインストラクターの言うことにゃ、

          「ドリフトダイビングOK?」

          流れに乗ってのダイビングですね。

          そんなの何回もしたことあるから問題なしなのです。

           

          DSCN0267.JPG

           

          で、海入りますと

           

          DSCN0269.JPG

           

          なんじゃ、この流れ!

           

          DSCN0270.JPG

           

          風景が勝手に流れる

           

          DSCN0271.JPG

           

          魚も逆に流される流れって、

           

          DSCN0276.JPG

           

          申し訳ない

           

          DSCN0279.JPG

           

          いままでやっていた

           

          DSCN0280.JPG

           

          ドリフトダイビングなんて

           

          DSCN0282.JPG

           

          ドリフトではありませんでした。

           

          DSCN0283.JPG

           

          ときには泳ぐ魚を追い越し

           

          DSCN0285.JPG

           

          インストラクタが止まって

           

          DSCN0287.JPG

           

          バラクーダを指さしますが

           

          DSCN0289.JPG

           

          止まるほうが必死です

           

          DSCN0292.JPG

           

          デカいフグもなんか傷だらけ

           

          DSCN0294.JPG

           

          ということで三本目も終わりましたが、なんにもエアーが減ってません。

          流されるだけで、ほとんど動いてなかったんですわ。

           

          DSCN0296.JPG

           

          ラストダイビングはダイビングというよりも、

           

           

          絶叫マシーンに近い感覚でしたわ。

           

          DSCN0298.JPG

           

          マンボウが見れなかったことなど、どっかに飛んでいってしまいましたがな

           

          DSCN0300.JPG

           

          ということで

           

          DSCN0302.JPG

           

          船はスランガンマリンサービスに戻ってきました

           

          DSCN0303.JPG

           

          めっちゃ引き潮

           

          DSCN0304.JPG

           

          冬とは違い、この季節は港の風景も変わるんですね。

           

          DSCN0306.JPG

           

          ログブックもいい加減に書いて、サインをもらい、

           

          DSCN0307.JPG

           

          タラちゃんに迎えに来てもらい

           

          DSCN0309.JPG

           

          次の観光に向かうのです。

          ひろこねーさんが留守の間お世話をしてくれた、サリンにーさんとお別れするのです。

           

          にーさんありかとう

           

           

          バリ最高なのです

           

          JUGEMテーマ:ダイビング


          | 1/278PAGES | >>

          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << August 2018 >>

          archives

          recent trackback

          profile

          search this site.

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM